使徒行伝12
    脚注
    Theme

    第12章

    1 そのころ、ヘロデおう教会きょうかいのあるものたちに圧迫あっぱくをのばし、

    2 ヨハネの兄弟きょうだいヤコブをつるぎでころした。

    3 そして、それがユダヤじんたちのにかなったのをて、さらにペテロをもとらえにかかった。それは除酵祭じょこうさいときのことであった。

    4 ヘロデはペテロをとらえてごくとうじ、四にんくみ兵卒へいそつくみわたして、見張みはりをさせておいた。過越すぎこしまつりのあとで、かれ民衆みんしゅうまえすつもりであったのである。

    5 こうして、ペテロはごくれられていた。教会きょうかいでは、かれのために熱心ねっしんいのりかみにささげられた。

    6 ヘロデがかれそうとしていたそのよる、ペテロは二重にじゅうくさりにつながれ、ふたりの兵卒へいそつあいだかれてねむっていた。番兵ばんぺいたちは戸口とぐちごく見張みはっていた。

    7 すると、突然とつぜんしゅ使つかいがそばにち、ひかり獄内ごくないてらした。そして御使みつかいはペテロのわきばらをつついておこし、「はやきあがりなさい」とった。するとくさりかれ両手りょうてから、はずれちた。

    8 御使みつかいが「おびをしめ、くつをはきなさい」とったので、かれはそのとおりにした。それから「上着うわぎて、ついてきなさい」とわれたので、

    9 ペテロはついてった。かれには御使みつかいのしわざが現実げんじつのこととはかんがえられず、ただまぼろしているようにおもわれた。

    10 かれらはだい一、だい二の衛所えいしょとおりすぎて、まちけるてつもんのところにると、それがひとりでにひらいたので、そこをて一つの通路つうろすすんだとたんに、御使みつかいかれはなった。

    11 そのときペテロはわれにかえってった、「いまはじめて、ほんとうのことがわかった。しゅ御使みつかいをつかわして、ヘロデのから、またユダヤじんたちのちもうけていたあらゆるわざわいから、わたしをすくしてくださったのだ」。

    12 ペテロはこうとわかってから、マルコとばれているヨハネのははマリヤのいえった。そのいえにはおおぜいのひとあつまっていのっていた。

    13 かれもんをたたいたところ、ロダという女中じょちゅう取次とりつぎにてきたが、

    14 ペテロのこえだとわかると、よろこびのあまり、もんをあけもしないでいえみ、ペテロが門口かどぐちっていると報告ほうこくした。

    15 人々ひとびとは「あなたはくるっている」とったが、彼女かのじょ自分じぶんうことに間違まちがいはないと、った。そこでかれらは「それでは、ペテロの御使みつかいだろう」とった。

    16 しかし、ペテロがもんをたたきつづけるので、かれらがあけると、そこにペテロがいたのをおどろいた。

    17 ペテロはってかれらをしずめ、しゅごくからかれしてくださった次第しだい説明せつめいし、「このことを、ヤコブやほかの兄弟きょうだいたちにつたえてください」とのこして、どこかほかのところった。

    18 けると、兵卒へいそつたちのあいだに、ペテロはいったいどうなったのだろうと、たいへんなさわぎがおこった。

    19 ヘロデはペテロをさがしてもつからないので、番兵ばんぺいたちを調しらべたうえ、かれらを死刑しけいしょするようにめいじ、そして、ユダヤからカイザリヤにくだってって、そこに滞在たいざいした。

    20 さて、ツロとシドンとの人々ひとびとは、ヘロデのいかりにふれていたので、一同いちどううちそろっておうをおとずれ、おう侍従じじゅうかんブラストにりいって、和解わかいかたを依頼いらいした。かれらの地方ちほうが、おうくにから食糧しょくりょうていたからである。

    21 さだめられたに、ヘロデはおうふくをまとって王座おうざにすわり、かれらにむかって演説えんぜつをした。

    22 あつまった人々ひとびとは、「これはかみこえだ、人間にんげんこえではない」とさけびつづけた。

    23 するとたちまち、しゅ使つかいかれった。かみ栄光えいこうすることをしなかったからである。かれむしにかまれていきえてしまった。

    24 こうして、しゅことばはますますさかんにひろまってった。

    25 バルナバとサウロとは、その任務にんむはたしたのち、マルコとばれていたヨハネをれて、エルサレムからかえってきた。