使徒行伝5
    脚注
    Theme

    第5章

    1 ところが、アナニヤというひととそのつまサッピラとはとも資産しさんったが、

    2 共謀きょうぼうして、その代金だいきんをごまかし、一部いちぶだけをってきて、使徒しとたちのあしもとにいた。

    3 そこで、ペテロがった、「アナニヤよ、どうしてあなたは、自分じぶんこころをサタンにうばわれて、聖霊せいれいあざむき、地所じしょ代金だいきんをごまかしたのか。

    4 らずにのこしておけば、あなたのものであり、ってしまっても、あなたの自由じゆうになったはずではないか。どうして、こんなことをするになったのか。あなたはひとあざむいたのではなくて、かみあざむいたのだ」。

    5 アナニヤはこの言葉ことばいているうちに、たおれていきえた。このことをつたいた人々ひとびとは、みな非常ひじょうなおそれをかんじた。

    6 それから、若者わかものたちがって、その死体したいつつみ、はこしてほうむった。

    7 時間じかんばかりたってから、たまたまかれつまが、この出来事できごとらずに、はいってきた。

    8 そこで、ペテロが彼女かのじょにむかってった、「あの地所じしょは、これこれの値段ねだんったのか。そのとおりか」。彼女かのじょは「そうです、その値段ねだんです」とこたえた。

    9 ペテロはった、「あなたがたふたりが、こころわせてしゅ御霊みたまこころみるとは、何事なにごとであるか。よ、あなたのおっとほうむったひとたちのあしが、そこの門口かどぐちにきている。あなたもはこされるであろう」。

    10 するとおんなは、たちまちかれあしもとにたおれて、いきえた。そこに若者わかものたちがはいってきて、おんなんでしまっているのを、それをはこしてそのおっとのそばにほうむった。

    11 教会きょうかい全体ぜんたいならびにこれをつたいたひとたちは、みな非常ひじょうなおそれをかんじた。

    12 そのころ、おおくのしるしと奇跡きせきとが、次々つぎつぎ使徒しとたちのにより人々ひとびとなかおこなわれた。そして、一同いちどうこころを一つにして、ソロモンのろうあつまっていた。

    13 ほかのものたちは、だれひとり、そのまじわりにろうとはしなかったが、民衆みんしゅうかれらを尊敬そんけいしていた。

    14 しかし、しゅしんじて仲間なかまくわわるものが、男女だんじょとも、ますますおおくなってきた。

    15 ついには、病人びょうにん大通おおどおりにはこし、寝台しんだい寝床ねどこうえいて、ペテロがとおるとき、かれかげなりと、そのうちのだれかにかかるようにしたほどであった。

    16 またエルサレム附近ふきん町々まちまちからも、おおぜいのひとが、病人びょうにんけがれたれいくるしめられているひとたちをれて、あつまってきたが、その全部ぜんぶものが、ひとりのこらずいやされた。

    17 そこで、大祭司だいさいしとその仲間なかまもの、すなわち、サドカイひとたちが、みな嫉妬しっとねんたされてちあがり、

    18 使徒しとたちにをかけてとらえ、公共こうきょう留置場りゅうちじょうれた。

    19 ところがよるしゅ使つかいごくひらき、かれらをしてった、

    20 「さあきなさい。そして、みやにわち、このいのち言葉ことばれなく、人々ひとびとかたりなさい」。

    21 かれらはこれをき、夜明よあけごろみやにはいっておしえはじめた。一方いっぽうでは、大祭司だいさいしとその仲間なかまものとが、あつまってきて、議会ぎかいとイスラエルびと長老ちょうろう一同いちどうとを召集しょうしゅうし、使徒しとたちをしてこさせるために、ひとごくにつかわした。

    22 そこで、下役したやくどもがってると、使徒しとたちがごくにいないので、かえして報告ほうこくした、

    23 ごくには、しっかりとじょうがかけてあり、戸口とぐちには、番人ばんにんっていました。ところが、あけてたら、なかにはだれもいませんでした」。

    24 宮守みやもりがしらと祭司長さいしちょうたちとは、この報告ほうこくいて、これは、いったい、どんなことになるのだろうと、あわてまどっていた。

    25 そこへ、あるひとがきてらせた、「ってごらんなさい。あなたがたがごくれたあのひとたちが、みやにわって、民衆みんしゅうおしえています」。

    26 そこで宮守みやもりがしらが、下役したやくどもと一緒いっしょかけてって、使徒しとたちをれてきた。しかし、人々ひとびといしころされるのをおそれて、手荒てあらなことはせず、

    27 かれらをれてきて、議会ぎかいなかたせた。すると、大祭司だいさいしうて

    28 った、「あの使つかっておしえてはならないと、きびしくめいじておいたではないか。それだのに、なんということだ。エルサレムなかにあなたがたのおしえを、はんらんさせている。あなたがたはたしかに、あのひと責任せきにんをわたしたちにわせようと、たくらんでいるのだ」。

    29 これにたいして、ペテロをはじめ使徒しとたちはった、「人間にんげんしたがうよりは、かみしたがうべきである。

    30 わたしたちの先祖せんぞかみは、あなたがたがにかけてころしたイエスをよみがえらせ、

    31 そして、イスラエルをあらためさせてこれにつみのゆるしをあたえるために、このイエスをみちびとし救主すくいぬしとして、ご自身じしんみぎげられたのである。

    32 わたしたちはこれらのこと証人しょうにんである。かみがご自身じしんしたがものたまわった聖霊せいれいもまた、その証人しょうにんである」。

    33 これをいたものたちは、はげしいいかりのあまり、使徒しとたちをころそうとおもった。

    34 ところが、国民こくみん全体ぜんたい尊敬そんけいされていた律法りっぽう学者がくしゃガマリエルというパリサイびとが、議会ぎかいって、使徒しとたちをしばらくのあいだそとすように要求ようきゅうしてから、

    35 一同いちどうにむかってった、「イスラエルの諸君しょくん、あのひとたちをどうあつかうか、よくをつけるがよい。

    36 さきごろ、チゥダがおこって、自分じぶんなにえらもののようにいふらしたため、かれしたがったおとこかずが、四百にんほどもあったが、結局けっきょくかれころされてしまい、したがったものもみな四散しさんして、まったあとほうもなくなっている。

    37 そののち、人口じんこう調査ちょうさときに、ガリラヤひとユダが民衆みんしゅうひきいて反乱はんらんおこしたが、このひとほろび、したがったものもみならされてしまった。

    38 そこで、このさい諸君しょくんもうげる。あのひとたちからいて、そのなすままにしておきなさい。そのくわだてや、しわざが、人間にんげんからたものなら、自滅じめつするだろう。

    39 しかし、もしかみからたものなら、あのひとたちをほろぼすことはできまい。まかりちがえば、諸君しょくんかみてきにまわすことになるかもれない」。そこでかれらはその勧告かんこくにしたがい、

    40 使徒しとたちをれて、むちったのち、今後こんごイエスのによってかたることは相成あいならぬといわたして、ゆるしてやった。

    41 使徒しとたちは、御名みなのためにはじくわえられるにものとされたことをよろこびながら、議会ぎかいからてきた。

    42 そして、毎日まいにちみやいえで、イエスがキリストであることを、きつづきおしえたりつたえたりした。