使徒行伝3
    脚注
    Theme

    第3章

    1 さて、ペテロとヨハネとが、午後ごごいのりのときにみやのぼろうとしていると、

    2 うまれながらあしのきかないおとこが、かかえられてきた。このおとこは、みやもうでに人々ひとびとほどこしをこうため、毎日まいにち、「うつくしのもん」とばれるみやもんのところに、かれていたものである。

    3 かれは、ペテロとヨハネとが、みやにはいってこうとしているのをて、ほどこしをこうた。

    4 ペテロとヨハネとはかれをじっとて、「わたしたちをなさい」とった。

    5 かれなにかもらえるのだろうと期待きたいして、ふたりに注目ちゅうもくしていると、

    6 ペテロがった、「金銀きんぎんはわたしにはい。しかし、わたしにあるものをあげよう。ナザレびとイエス・キリストのによってあるきなさい」。

    7 こうってかれ右手みぎてっておこしてやると、あしと、くるぶしとが、ちどころにつよくなって、

    8 おどりあがってち、あるした。そして、あるまわったりおどったりしてかみをさんびしながら、かれらとともみやにはいってった。

    9 民衆みんしゅうはみな、かれあるまわり、またかみをさんびしているのを

    10 これがみやの「うつくしのもん」のそばにすわって、ほどこしをこうていたものであるとり、かれおこったことについて、おどろあやしんだ。

    11 かれがなおもペテロとヨハネとにつきまとっているとき、人々ひとびとみなひどくおどろいて、「ソロモンのろう」とばれる柱廊ちゅうろうにいたかれらのところにあつまってきた。

    12 ペテロはこれをて、人々ひとびとにむかってった、「イスラエルのひとたちよ、なぜこのこと不思議ふしぎおもうのか。また、わたしたちが自分じぶんちから信心しんじんで、あのひとあるかせたかのように、なぜわたしたちをつめているのか。

    13 アブラハム、イサク、ヤコブのかみ、わたしたちの先祖せんぞかみは、そのしもべイエスに栄光えいこうたまわったのであるが、あなたがたは、このイエスをわたし、ピラトがゆるすことにめていたのに、それをかれ面前めんぜんこばんだ。

    14 あなたがたは、このせいなるただしいかたをこばんで、人殺ひとごろしのおとこをゆるすように要求ようきゅうし、

    15 いのちのきみころしてしまった。しかし、かみはこのイエスを死人しにんなかから、よみがえらせた。わたしたちは、そのこと証人しょうにんである。

    16 そして、イエスのが、それをしんじる信仰しんこうのゆえに、あなたがたのいまっているこのひとを、つよくしたのであり、イエスによる信仰しんこうが、かれをあなたがた一同いちどうまえで、このとおり完全かんぜんにいやしたのである。

    17 さて、兄弟きょうだいたちよ、あなたがたはらずにあのようなことをしたのであり、あなたがたの指導者しどうしゃたちとても同様どうようであったことは、わたしにわかっている。

    18 かみはあらゆる預言者よげんしゃくちをとおして、キリストの受難じゅなん予告よこくしておられたが、それをこのように成就じょうじゅなさったのである。

    19 だから、自分じぶんつみをぬぐいっていただくために、あらためて本心ほんしんちかえりなさい。

    20 それは、しゅのみまえからなぐさめのときがきて、あなたがたのためにあらかじめさだめてあったキリストなるイエスを、かみがつかわしてくださるためである。

    21 このイエスは、かみせいなる預言者よげんしゃたちのくちをとおして、むかしから預言よげんしておられた万物ばんぶつ更新こうしんときまで、てんにとどめておかれねばならなかった。

    22 モーセはった、『しゅなるかみは、わたしをおてになったように、あなたがたの兄弟きょうだいなかから、ひとりの預言者よげんしゃをおてになるであろう。その預言者よげんしゃがあなたがたにかたることには、ことごとくきしたがいなさい。

    23 かれきしたがわないものは、みなたみなかからほろぼしられるであろう』。

    24 サムエルをはじめ、そののちつづいてかたったほどの預言者よげんしゃはみな、このときのことを予告よこくした。

    25 あなたがたは預言者よげんしゃであり、かみがあなたがたの先祖せんぞたちとむすばれた契約けいやくである。かみはアブラハムにたいして、『地上ちじょうしょ民族みんぞくは、あなたの子孫しそんによって祝福しゅくふくけるであろう』とおおせられた。

    26 かみがまずあなたがたのために、そのしもべてて、おつかわしになったのは、あなたがたひとりびとりを、あくからちかえらせて、祝福しゅくふくにあずからせるためなのである」。