聖典
使徒行伝11
戻る 次へ

第11章

1 さて、異邦人いほうじんたちもかみことばけいれたということが、使徒しとたちやユダヤにいる兄弟きょうだいたちにきこえてきた。

2 そこでペテロがエルサレムにのぼったとき、割礼かつれいおもんじるものたちがかれをとがめてった、

3 「あなたは、割礼かつれいのないひとたちのところにって、食事しょくじともにしたということだが」。

4 そこでペテロはくちひらいて、順序じゅんじょただしく説明せつめいしてった、

5 「わたしがヨッパのまちいのっていると、夢心地ゆめごこちになってまぼろした。おおきなぬののようなものが、すみをつるされて、てんからりてきて、わたしのところにとどいた。

6 注意ちゅういしてつめていると、地上ちじょうの四つあしけものうもの、そらとりなどが、はいっていた。

7 それからこえがして、『ペテロよ、って、それらをほふってべなさい』と、わたしにうのがきこえた。

8 わたしはった、『しゅよ、それはできません。わたしはいままでに、きよくないものやけがれたものをくちれたことが一度いちどもございません』。

9 すると、二度目どめてんからこえがかかってきた、『かみがきよめたものを、きよくないなどとってはならない』。

10 こんなことが三もあってから、全部ぜんぶのものがまたてんげられてしまった。

11 ちょうどそのとき、カイザリヤからつかわされてきた三にんひとが、わたしたちのまっていたいえいた。

12 御霊みたまがわたしに、ためらわずにかれらとともけとったので、ここにいる六にん兄弟きょうだいたちも、わたしと一緒いっしょかけてき、一同いちどうがそのひといえにはいった。

13 するとかれはわたしたちに、御使みつかいかれいえあらわれて、『ヨッパにひとをやって、ペテロとばれるシモンをまねきなさい。

14 このひとは、あなたとあなたのぜん家族かぞくとがすくわれる言葉ことばかたってくださるであろう』とげた次第しだいを、はなしてくれた。

15 そこでわたしがかたしたところ、聖霊せいれいが、ちょうど最初さいしょわたしたちのうえにくだったとおなじように、かれらのうえにくだった。

16 そのときわたしは、しゅが『ヨハネはみずでバプテスマをさづけたが、あなたがたは聖霊せいれいによってバプテスマをけるであろう』とおおせになった言葉ことばおもした。

17 このように、わたしたちがしゅイエス・キリストをしんじたときくださったのとおな賜物たまものを、かみかれらにもおあたえになったとすれば、わたしのようなものが、どうしてかみさまたげることができようか」。

18 人々ひとびとはこれをいてだまってしまった。それからかみをさんびして、「それではかみは、異邦人いほうじんにもいのちにいたる悔改くいあらためをおあたえになったのだ」とった。

19 さて、ステパノのことでおこった迫害はくがいのためにらされた人々ひとびとは、ピニケ、クプロ、アンテオケまでもすすんでったが、ユダヤじん以外いがいものには、だれにも御言みことばかたっていなかった。

20 ところが、そのなか数人すうにんのクプロびととクレネびとがいて、アンテオケにってからギリシヤじんにもびかけ、しゅイエスをつたえていた。

21 そして、しゅのみかれらとともにあったため、しんじてしゅ帰依きえするもののかずおおかった。

22 このうわさがエルサレムにある教会きょうかいつたわってきたので、教会きょうかいはバルナバをアンテオケにつかわした。

23 かれは、そこにいて、かみのめぐみをてよろこび、しゅたいする信仰しんこうるがないこころちつづけるようにと、みんなのものはげました。

24 かれ聖霊せいれい信仰しんこうとにちた立派りっぱひとであったからである。こうしてしゅくわわる人々ひとびとが、おおぜいになった。

25 そこでバルナバはサウロをさがしにタルソへかけてき、

26 かれつけたうえ、アンテオケにれてかえった。ふたりは、まる一ねん、ともどもに教会きょうかいあつまりをし、おおぜいの人々ひとびとおしえた。このアンテオケではじめて、弟子でしたちがクリスチャンとばれるようになった。

27 そのころ、預言者よげんしゃたちがエルサレムからアンテオケにくだってきた。

28 そのなかのひとりであるアガボというものって、世界中せかいじゅうだいききんがおこるだろうと、御霊みたまによって預言よげんしたところ、はたしてそれがクラウデオていときおこった。

29 そこで弟子でしたちは、それぞれのちからおうじて、ユダヤにんでいる兄弟きょうだいたちに援助えんじょおくることにめた。

30 そして、それをバルナバとサウロとのたくして、長老ちょうろうたちにおくりとどけた。