使徒行伝7
    脚注
    Theme

    第7章

    1 大祭司だいさいしは「そのとおりか」とたずねた。

    2 そこで、ステパノがった、「兄弟きょうだいたち、ちちたちよ、おください。わたしたちの父祖ふそアブラハムが、カランにまえ、まだメソポタミヤにいたとき、栄光えいこうかみかれあらわれて

    3 おおせになった、『あなたの土地とち親族しんぞくからはなれて、あなたにさししめきなさい』。

    4 そこで、アブラハムはカルデヤびとて、カランにんだ。そして、かれちちんだのち、かみかれをそこから、いまあなたがたのんでいるこの移住いじゅうさせたが、

    5 そこでは、遺産いさんとなるものはなに一つ、一歩いっぽはば土地とちすらも、あたえられなかった。ただ、その所領しょりょうとしてさづけようとの約束やくそくを、かれと、そしてかれにはまだがなかったのに、その子孫しそんとにあたえられたのである。

    6 かみはこうおおせになった、『かれ子孫しそん他国たこくせるであろう。そして、そこで四百ねんのあいだ、奴隷どれいにされて虐待ぎゃくたいけるであろう』。

    7 それから、さらにおおせになった、『かれらを奴隷どれいにする国民こくみんを、わたしはさばくであろう。そののちかれらはそこからのがれて、この場所ばしょでわたしを礼拝れいはいするであろう』。

    8 そして、かみはアブラハムに、割礼かつれい契約けいやくをおあたえになった。こうして、かれはイサクのちちとなり、これに八日目かめ割礼かつれいほどこし、それから、イサクはヤコブのちちとなり、ヤコブは十二にん族長ぞくちょうたちのちちとなった。

    9 族長ぞくちょうたちは、ヨセフをねたんで、エジプトにりとばした。しかし、かみかれともにいまして、

    10 あらゆる苦難くなんからかれすくし、エジプトおうパロのまえめぐみをあたえ、知恵ちえをあらわさせた。そこで、パロはかれ宰相さいしょうにんにつかせ、エジプトならびに王家おうけ全体ぜんたい支配しはいあたらせた。

    11 ときに、エジプトとカナンとの全土ぜんどにわたって、ききんがおこり、おおきな苦難くなんおそってきて、わたしたちの先祖せんぞたちは、食物しょくもつられなくなった。

    12 ヤコブは、エジプトには食糧しょくりょうがあるといて、はじめに先祖せんぞたちをつかわしたが、

    13 かいときに、ヨセフが兄弟きょうだいたちに、自分じぶんうえけたので、かれ親族しんぞく関係かんけいがパロにれてきた。

    14 ヨセフは使つかいをやって、ちちヤコブと七十五にんにのぼる親族しんぞく一同いちどうとをまねいた。

    15 こうして、ヤコブはエジプトにくだり、かれ自身じしん先祖せんぞたちもそこでに、

    16 それからかれらは、シケムにうつされて、かねてアブラハムがいくらかのかねしてこののハモルのらからっておいたはかに、ほうむられた。

    17 かみがアブラハムにたいしててられた約束やくそく時期じきちかづくにつれ、たみはふえてエジプト全土ぜんどにひろがった。

    18 やがて、ヨセフのことをらないべつおうが、エジプトにおこった。

    19 このおうは、わたしたちの同族どうぞくたい策略さくりゃくをめぐらして、先祖せんぞたちを虐待ぎゃくたいし、そのおさらをかしておかないようにてさせた。

    20 モーセがうまれたのは、ちょうどこのころのことである。かれはまれにうつくしいであった。三かげつあいだは、ちちいえそだてられたが、

    21 そののちてられたのを、パロのむすめひろいあげて、自分じぶんとしてそだてた。

    22 モーセはエジプトじんのあらゆる学問がくもんおしまれ、言葉ことばにもわざにも、ちからがあった。

    23 四十さいになったとき、モーセは自分じぶん兄弟きょうだいであるイスラエルびとたちのためにつくすことを、おもった。

    24 ところが、そのひとりがいじめられているのをて、これをかばい、虐待ぎゃくたいされているそのひとのために、相手あいてのエジプトじんって仕返しかえしをした。

    25 かれは、自分じぶんによってかみ兄弟きょうだいたちをすくってくださることを、みんながさとるものとおもっていたが、実際じっさいはそれをさとらなかったのである。

    26 翌日よくじつモーセは、かれらがあらそっているところにあらわれ、仲裁ちゅうさいしようとしてった、『まて、きみたちは兄弟きょうだい同志どうしではないか。どうしてたがいきずつけっているのか』。

    27 すると、仲間なかまをいじめていたものが、モーセをばしてった、『だれが、きみをわれわれの支配者しはいしゃ裁判人さいばんにんにしたのか。

    28 きみは、きのう、エジプトじんころしたように、わたしもころそうとおもっているのか』。

    29 モーセは、この言葉ことばいてげ、ミデアンのせ、そこでおとこふたりをもうけた。

    30 四十ねんたったとき、シナイざん荒野あらのにおいて、御使みつかいしばえるほのおなかでモーセにあらわれた。

    31 かれはこの光景こうけい不思議ふしぎおもい、それをきわめるために近寄ちかよったところ、しゅこえきこえてきた、

    32 『わたしは、あなたの先祖せんぞたちのかみ、アブラハム、イサク、ヤコブのかみである』。モーセはおそれおののいて、もうそれを勇気ゆうきもなくなった。

    33 すると、しゅかれわれた、『あなたのあしから、くつをぎなさい。あなたのっているこの場所ばしょは、せいなるである。

    34 わたしは、エジプトにいるわたしのたみ虐待ぎゃくたいされている有様ありさまたしかにとどけ、その苦悩くのうのうめきごえいたので、かれらをすくすためにくだってきたのである。さあ、いまあなたをエジプトにつかわそう』。

    35 こうして、『だれが、きみ支配者しはいしゃ裁判人さいばんにんにしたのか』とって排斥はいせきされたこのモーセを、かみは、しばなかかれあらわれた御使みつかいによって、支配者しはいしゃ解放者かいほうしゃとして、おつかわしになったのである。

    36 このひとが、人々ひとびとみちびして、エジプトのにおいても、紅海こうかいにおいても、また四十ねんのあいだ荒野あらのにおいても、奇跡きせきとしるしとをおこなったのである。

    37 このひとが、イスラエルひとたちに、『かみはわたしをおてになったように、あなたがたの兄弟きょうだいたちのなかから、ひとりの預言者よげんしゃをおてになるであろう』とったモーセである。

    38 このひとが、シナイざんで、かれかたりかけた御使みつかい先祖せんぞたちとともに、荒野あらのにおける集会しゅうかいにいて、ける御言葉みことばさずかり、それをあなたがたにつたえたのである。

    39 ところが、先祖せんぞたちはかれしたがおうとはせず、かえってかれ退しりぞけ、こころなかでエジプトにあこがれて、

    40 『わたしたちをみちびいてくれる神々かみがみつくってください。わたしたちをエジプトのからみちびいてきたあのモーセがどうなったのか、わかりませんから』とアロンにった。

    41 そのころ、かれらはうしぞうつくり、その偶像ぐうぞうそなものをささげ、自分じぶんたちのつくったものをまつってうち興じていた。

    42 そこで、かみかおをそむけ、かれらをてんほしおがむままにまかせられた。預言者よげんしゃしょにこういてあるとおりである、『イスラエルのいえよ、四十ねんのあいだ荒野あらのにいたときに、いけにえとそなものとを、わたしにささげたことがあったか。

    43 あなたがたは、モロクの幕屋まくややロンパのほしかみを、かつぎまわった。それらは、おがむために自分じぶんつくった偶像ぐうぞうぎぬ。だからわたしは、あなたがたをバビロンのかなたへ、うつしてしまうであろう』。

    44 わたしたちの先祖せんぞには、荒野あらのにあかしの幕屋まくやがあった。それは、たままのかたにしたがってつくるようにと、モーセにかたったかたのご命令めいれいどおりにつくったものである。

    45 この幕屋まくやは、わたしたちの先祖せんぞが、ヨシュアにひきいられ、かみによってしょ民族みんぞくかれらのまえからはらい、その所領しょりょうをのりったときに、そこにまれ、次々つぎつぎがれて、ダビデの時代じだいおよんだものである。

    46 ダビデは、かみめぐみをこうむり、そして、ヤコブのかみのためにみや造営ぞうえいしたいとねがった。

    47 けれども、じっさいにそのみやてたのは、ソロモンであった。

    48 しかし、いとたかものは、つくったいえうちにはおみにならない。預言者よげんしゃっているとおりである、

    49 しゅおおせられる、どんないえをわたしのためにてるのか。わたしのいこいの場所ばしょは、どれか。てんはわたしの王座おうざはわたしのあしだいである。

    50 これはみなわたしのつくったものではないか』。

    51 ああ、強情ごうじょうで、こころにもみみにも割礼かつれいのないひとたちよ。あなたがたは、いつも聖霊せいれいさからっている。それは、あなたがたの先祖せんぞたちとおなじである。

    52 いったい、あなたがたの先祖せんぞ迫害はくがいしなかった預言者よげんしゃが、ひとりでもいたか。かれらはただしいかたのることを予告よこくしたひとたちをころし、いまやあなたがたは、そのただしいかたを裏切うらぎもの、またころものとなった。

    53 あなたがたは、御使みつかいたちによってつたえられた律法りっぽうけたのに、それをまもることをしなかった」。

    54 人々ひとびとはこれをいて、こころそこからはげしくいかり、ステパノにむかって、ぎしりをした。

    55 しかし、かれ聖霊せいれいたされて、てんつめていると、かみ栄光えいこうあらわれ、イエスがかみみぎっておられるのがえた。

    56 そこで、かれは「ああ、てんひらけて、ひとかみみぎっておいでになるのがえる」とった。

    57 人々ひとびと大声おおごえさけびながら、みみをおおい、ステパノをがけて、いっせいに殺到さっとうし、

    58 かれ市外しがいして、いしった。これにったひとたちは、自分じぶん上着うわぎいで、サウロという若者わかものあしもとにいた。

    59 こうして、かれらがステパノにいしげつけているあいだ、ステパノはいのりつづけてった、「しゅイエスよ、わたしのれいをおください」。

    60 そして、ひざまずいて、大声おおごえさけんだ、「しゅよ、どうぞ、このつみかれらにわせないでください」。こうって、かれねむりについた。