聖典
使徒行伝1
戻る 次へ

使徒しと行伝ぎょうでん

第1章

1 テオピロよ、わたしはさきだいかんあらわして、イエスがおこない、またおしえはじめてから、

2 えらびになった使徒しとたちに、聖霊せいれいによってめいじたのち、てんげられたまでのことを、ことごとくしるした。

3 イエスは苦難くなんけたのち、自分じぶんきていることを数々かずかずたしかな証拠しょうこによってしめし、四十にちにわたってたびたびかれらにあらわれて、かみくにのことをかたられた。

4 そして食事しょくじともにしているとき、かれらにおめいじになった、「エルサレムからはなれないで、かねてわたしからいていたちち約束やくそくっているがよい。

5 すなわち、ヨハネはみづでバプテスマをさずけたが、あなたがたはもなく聖霊せいれいによって、バプテスマをさづけられるであろう」。

6 さて、弟子でしたちが一緒いっしょあつまったとき、イエスにうてった、「しゅよ、イスラエルのためにくに復興ふっこうなさるのは、このときなのですか」。

7 かれらにわれた、「時期じき場合ばあいは、ちちがご自分じぶん権威けんいによってさだめておられるのであって、あなたがたのかぎりではない。

8 ただ、聖霊せいれいがあなたがたにくだるとき、あなたがたはちからけて、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土ぜんど、さらにのはてまで、わたしの証人しょうにんとなるであろう」。

9 こうおわると、イエスはかれらのているまえてんげられ、くもむかえられて、その姿すがたえなくなった。

10 イエスののぼってかれるとき、かれらがてんつめていると、よ、しろころもたふたりのひとが、かれらのそばにっていて

11 った、「ガリラヤのひとたちよ、なぜてんあおいでっているのか。あなたがたをはなれててんげられたこのイエスは、てんのぼってかれるのをあなたがたがたのとおな有様ありさまで、またおいでになるであろう」。

12 それからかれらは、オリブというやまくだってエルサレムにかえった。このやまはエルサレムにちかく、安息日あんそくにちゆるされている距離きょりのところにある。

13 かれらは、市内しないって、そのまっていた屋上おくじょうにあがった。そのひとたちは、ペテロ、ヨハネ、ヤコブ、アンデレ、ピリポとトマス、バルトロマイとマタイ、アルパヨのヤコブと熱心ねっしんとうのシモンとヤコブのユダとであった。

14 かれらはみな、婦人ふじんたち、とくにイエスのははマリヤ、およびイエスの兄弟きょうだいたちとともに、こころわせて、ひたすらいのりをしていた。

15 そのころ、百二十めいばかりの人々ひとびとが、一団いちだんとなってあつまっていたが、ペテロはこれらの兄弟きょうだいたちのなかってった、

16 兄弟きょうだいたちよ、イエスをとらえたものたちのびきになったユダについては、聖霊せいれいがダビデのくちをとおして預言よげんしたその言葉ことばは、成就じょうじゅしなければならなかった。

17 かれはわたしたちの仲間なかまくわえられ、このつとめさずかっていたものであった。(

18 かれ不義ふぎ報酬ほうしゅうで、ある地所じしょれたが、そこへまっさかさまにちて、はらがまんなかからけ、はらわたがみなながてしまった。

19 そして、このことはエルサレムのぜん住民じゅうみんれわたり、そこで、この地所じしょかれらの国語こくごでアケルダマとばれるようになった。「地所じしょ」とのである。)

20 詩篇しへんに、『その屋敷やしきてよ、そこにはひとりもものがいなくなれ』といてあり、また『そのしょくは、ほかのものらせよ』とあるとおりである。

21 そういうわけで、しゅイエスがわたしたちのあいだにゆききされた期間中きかんちゅう

22 すなわち、ヨハネのバプテスマのときからはじまって、わたしたちをはなれててんげられたいたるまで、始終しじゅうわたしたちと行動こうどうともにしたひとたちのうち、だれかひとりが、わたしたちにくわわってしゅ復活ふっかつ証人しょうにんにならねばならない」。

23 そこで一同いちどうは、バルサバとばれ、またのをユストというヨセフと、マッテヤとのふたりをて、

24 いのってった、「すべてのひとこころをごぞんじであるしゅよ。このふたりのうちのどちらをえらんで、

25 ユダがこの使徒しと職務しょくむからちて、自分じぶんくべきところへったそのあとをがせなさいますか、おしめください」。

26 それから、ふたりのためにくじをいたところ、マッテヤにあたったので、このひとが十一にん使徒しとたちにくわえられることになった。