使徒行伝13
    脚注
    Theme

    第13章

    1 さて、アンテオケにある教会きょうかいには、バルナバ、ニゲルとばれるシメオン、クレネびとルキオ、領主りょうしゅヘロデの乳兄弟ちきょうだいマナエン、およびサウロなどの預言者よげんしゃ教師きょうしがいた。

    2 一同いちどうしゅ礼拝れいはいをささげ、断食だんじきをしていると、聖霊せいれいが「さあ、バルナバとサウロとを、わたしのためにせいべつして、かれらにさづけておいた仕事しごとあたらせなさい」とげた。

    3 そこで一同いちどうは、断食だんじきいのりとをして、をふたりのうえにおいたのち出発しゅっぱつさせた。

    4 ふたりは聖霊せいれいおくされて、セルキヤにくだり、そこからふねでクプロにわたった。

    5 そしてサラミスにくと、ユダヤじんしょ会堂かいどうかみことばべはじめた。かれらはヨハネをたすとしてれていた。

    6 しま全体ぜんたい巡回じゅんかいして、パポスまでったところ、そこでユダヤじん魔術まじゅつ、バルイエスというにせ預言者よげんしゃ出会であった。

    7 かれ地方ちほう総督そうとくセルギオ・パウロのところに出入でいりをしていた。この総督そうとく賢明けんめいひとであって、バルナバとサウロとをまねいて、かみことばこうとした。

    8 ところが魔術まじゅつエルマ(かれは「魔術まじゅつ」との)は、総督そうとく信仰しんこうからそらそうとして、しきりにふたりの邪魔じゃまをした。

    9 サウロ、またのはパウロ、は聖霊せいれいたされ、かれをにらみつけて

    10 った、「ああ、あらゆるいつわりと邪悪じゃあくとでかたまっている悪魔あくまよ、すべてただしいもののてきよ。しゅのまっすぐなみちげることをめないのか。

    11 よ、しゅのみがおまえのうえおよんでいる。おまえはめくらになって、当分とうぶんひかりえなくなるのだ」。たちまち、かすみとやみとがかれにかかったため、かれさぐりしながら、いてくれるひとさがしまわった。

    12 総督そうとくはこの出来事できごとて、しゅおしえにすっかりおどろき、そしてしんじた。

    13 パウロとその一行いっこうは、パポスから船出ふなでして、パンフリヤのペルガにわたった。ここでヨハネは一行いっこうからいて、エルサレムにかえってしまった。

    14 しかしふたりは、ペルガからさらにすすんで、ピシデヤのアンテオケにき、安息日あんそくにち会堂かいどうにはいってせきいた。

    15 律法りっぽう預言よげんしょ朗読ろうどくがあったのち、会堂司かいどうづかさたちがかれらのところにひとをつかわして、「兄弟きょうだいたちよ、もしあなたがたのうち、どなたか、この人々ひとびとなに奨励しょうれい言葉ことばがありましたら、どうぞおはなください」とわせた。

    16 そこでパウロがちあがり、りながらった。「イスラエルのひとたち、ならびにかみうやまうかたがたよ、おください。

    17 このたみイスラエルのかみは、わたしたちの先祖せんぞえらび、エジプトの滞在たいざいちゅう、このたみおおいなるものとし、みうでたかくさしげて、かれらをそのからみちびされた。

    18 そしてやく四十ねんにわたって、荒野あらのかれらをはぐくみ、

    19 カナンのでは七つの民族みんぞくほろぼし、そのかれらにゆずあたえられた。

    20 それらのことがやく四百五十ねん年月ねんげつにわたった。そののちかみはさばきひとたちをおつかわしになり、預言者よげんしゃサムエルのときおよんだ。

    21 そのとき人々ひとびとおう要求ようきゅうしたので、かみはベニヤミンぞくひと、キスのサウロを四十年間ねんかんかれらにおつかわしになった。

    22 それからかみはサウロを退しりぞけ、ダビデをてておうとされたが、かれについてあかしをして、『わたしはエッサイのダビデをつけた。かれはわたしのこころにかなったひとで、わたしのおもうところを、ことごとく実行じっこうしてくれるであろう』とわれた。

    23 かみ約束やくそくにしたがって、このダビデの子孫しそんなかから救主すくいぬしイエスをイスラエルにおくられたが、

    24 そのこられるまえに、ヨハネがイスラエルのすべてのたみ悔改くいあらためのバプテスマを、あらかじめつたえていた。

    25 ヨハネはその一生いっしょう行程こうていおわろうとするにあたってった、『わたしは、あなたがたがかんがえているようなものではない。しかし、わたしのあとからるかたがいる。わたしはそのくつをがせてあげるうちもない』。

    26 兄弟きょうだいたち、アブラハムの子孫しそんのかたがた、ならびにみなさんのなかかみうやまひとたちよ。このすくい言葉ことばはわたしたちにおくられたのである。

    27 エルサレムに人々ひとびとやその指導者しどうしゃたちは、イエスをみとめずにけいしょし、それによって、安息日あんそくにちごとに預言者よげんしゃ言葉ことば成就じょうじゅした。

    28 また、なんらあた理由りゆういだせなかったのに、ピラトに強要きょうようしてイエスをころしてしまった。

    29 そして、イエスについていてあることを、みななしげてから、人々ひとびとはイエスをからりおろしてはかほうむった。

    30 しかし、かみはイエスを死人しにんなかから、よみがえらせたのである。

    31 イエスは、ガリラヤからエルサレムへ一緒いっしょのぼったひとたちに、幾日いくにちものあいだあらわれ、そして、かれらはいまや、人々ひとびとたいしてイエスの証人しょうにんとなっている。

    32 わたしたちは、かみ先祖せんぞたちにたいしてなされた約束やくそくを、ここにつたえているのである。

    33 かみは、イエスをよみがえらせて、わたしたち子孫しそんにこの約束やくそくを、おはたしになった。それは詩篇しへんだいへんにも、『あなたこそは、わたしの。きょう、わたしはあなたをんだ』といてあるとおりである。

    34 また、かみがイエスを死人しにんなかからよみがえらせて、いつまでもてることのないものとされたことについては、『わたしは、ダビデに約束やくそくしたたしかなせいなる祝福しゅくふくを、あなたがたにさづけよう』とわれた。

    35 だから、ほかの箇所かしょでもこうっておられる、『あなたの聖者せいじゃてるようなことは、おゆるしにならないであろう』。

    36 事実じじつ、ダビデは、その時代じだい人々ひとびとかみのみむねにしたがってつかえたが、やがてねむりにつき、先祖せんぞたちのなかくわえられて、ついにててしまった。

    37 しかし、かみがよみがえらせたかたは、てることがなかったのである。

    38 だから、兄弟きょうだいたちよ、このこと承知しょうちしておくがよい。すなわち、このイエスによるつみのゆるしの福音ふくいんが、いまやあなたがたにつたえられている。そして、モーセの律法りっぽうではとされることができなかったすべてのことについても、

    39 しんじるものはもれなく、イエスによってとされるのである。

    40 だから預言者よげんしゃたちのしょにかいてあるつぎのようなことが、あなたがたのおこらないようにをつけなさい。

    41 よ、あなどものたちよ。おどろけ、そしてほろれ。わたしは、あなたがたの時代じだいに一つのことをする。それは、ひとがどんなに説明せつめいしてかせても、あなたがたのとうていしんじないようなことなのである』」。

    42 ふたりが会堂かいどうとき人々ひとびとつぎ安息日あんそくにちにも、これとおなはなしをしてくれるようにと、しきりにねがった。

    43 そして集会しゅうかいおわってからも、おおぜいのユダヤじん信心しんじんぶか改宗者かいしゅうしゃたちが、パウロとバルナバとについてきたので、ふたりは、かれらがきつづきかみのめぐみにとどまっているようにと、きすすめた。

    44 つぎ安息日あんそくにちには、ほとんど全市ぜんしをあげて、かみことばきにあつまってきた。

    45 するとユダヤじんたちは、その群衆ぐんしゅうてねたましくおもい、パウロのかたることにくちぎたなく反対はんたいした。

    46 パウロとバルナバとは大胆だいたんかたった、「かみことばは、まず、あなたがたにかたつたえられなければならなかった。しかし、あなたがたはそれを退しりぞけ、自分じぶん自身じしん永遠えいえんいのちにふさわしからぬものにしてしまったから、さあ、わたしたちはこれから方向ほうこうをかえて、異邦人いほうじんたちのほうくのだ。

    47 しゅはわたしたちに、こうめいじておられる、『わたしは、あなたをてて異邦人いほうじんひかりとした。あなたがはてまでもすくいをもたらすためである』」。

    48 異邦人いほうじんたちはこれをいてよろこび、しゅ御言みことばをほめたたえてやまなかった。そして、永遠えいえんいのちにあずかるようにさだめられていたものは、みなしんじた。

    49 こうして、しゅ御言みことばはこの地方ちほう全体ぜんたいにひろまってった。

    50 ところが、ユダヤじんたちは、信心しんじんぶか貴婦人きふじんたちやまち有力ゆうりょくしゃたちを煽動せんどうして、パウロとバルナバを迫害はくがいさせ、ふたりをその地方ちほうからさせた。

    51 ふたりは、かれらにけてあしのちりをはらおとして、イコニオムへった。

    52 弟子でしたちは、ますますよろこびと聖霊せいれいとにたされていた。