聖典
使徒行伝23
戻る 次へ

第23章

1 パウロは議会ぎかいつめてった、「兄弟きょうだいたちよ、わたしは今日きょうまで、かみまえに、ひたすらあきらかな良心りょうしんにしたがって行動こうどうしてきた」。

2 すると、大祭司だいさいしアナニヤが、パウロのそばにっているものたちに、かれくちてとめいじた。

3 そのとき、パウロはアナニヤにむかってった、「しろられたかべよ、かみがあなたをつであろう。あなたは、律法りっぽうにしたがって、わたしをさばくためにについているのに、律法りっぽうにそむいて、わたしをつことをめいじるのか」。

4 すると、そばにっているものたちがった、「かみ大祭司だいさいしたいして無礼ぶれいなことをうのか」。

5 パウロはった、「兄弟きょうだいたちよ、かれ大祭司だいさいしだとはらなかった。聖書せいしょに『たみのかしらをわるってはいけない』と、いてあるのだった」。

6 パウロは、議員ぎいん一部いちぶがサドカイびとであり、一部いちぶはパリサイびとであるのをて、議会ぎかいなかこえたかめてった、「兄弟きょうだいたちよ、わたしはパリサイびとであり、パリサイびとである。わたしは、死人しにん復活ふっかつのぞみをいだいていることで、裁判さいばんけているのである」。

7 かれがこうったところ、パリサイびととサドカイびととのあいだ争論そうろんしょうじ、会衆かいしゅうあいわかれた。

8 元来がんらい、サドカイびとは、復活ふっかつとか天使てんしとかれいとかは、いっさい存在そんざいしないとい、パリサイびとは、それらは、みな存在そんざいすると主張しゅちょうしている。

9 そこで、大騒おおさわぎとなった。パリサイのある律法りっぽう学者がくしゃたちがって、つよ主張しゅちょうしてった、「われわれは、このひとにはなにわるいことがないとおもう。あるいは、れい天使てんしかが、かれげたのかもれない」。

10 こうして、争論そうろんはげしくなったので、千卒長せんそつちょうは、パウロがかれらにかれるのをづかって、兵卒へいそつどもに、りてってパウロをかれらのなかからちからづくでし、兵営へいえいれてるように、めいじた。

11 そのしゅがパウロにのぞんでわれた、「しっかりせよ。あなたは、エルサレムでわたしのことをあかししたように、ローマでもあかしをしなくてはならない」。

12 けると、ユダヤじんらはもうわせをして、パウロをころすまでは飲食いんしょくをいっさいつと、ちかった。

13 この陰謀いんぼうくわわったものは、四十にんあまりであった。

14 かれらは、祭司長さいしちょうたちや長老ちょうろうたちのところにって、こうった。「われわれは、パウロをころすまではなにべないと、かたちかいました。

15 ついては、あなたがたは議会ぎかいんで、かれのことでなおくわしく取調とりしらべをするようにせかけ、パウロをあなたがたのところにすように、千卒長せんそつちょうたのんでください。われわれとしては、パウロがそこにこないうちにころしてしまうはずをしています」。

16 ところが、パウロの姉妹しまいが、この待伏まちぶせのことをみみにし、兵営へいえいにはいってって、パウロにそれをらせた。

17 そこでパウロは、百卒長ひゃくそつちょうのひとりをんでった、「この若者わかもの千卒長せんそつちょうのところにれてってください。なに報告ほうこくすることがあるようですから」。

18 この百卒長ひゃくそつちょう若者わかものれてき、千卒長せんそつちょうきあわせてった、「囚人しゅうじんのパウロが、この若者わかものがあなたにはなしたいことがあるので、あなたのところにれてってくれるようにと、わたしをんでたのみました」。

19 そこで千卒長せんそつちょうは、若者わかものり、ひとのいないところへれてってたずねた、「わたしにはなしたいことというのは、なにか」。

20 若者わかものった、「ユダヤじんたちが、パウロのことをもっとくわしく取調とりしらべをするとせかけて、あす議会ぎかいかれすように、あなたにたのむことにめています。

21 どうぞ、かれらのたのみをげないでください。四十にんあまりのものが、パウロを待伏まちぶせしているのです。かれらは、パウロをころすまでは飲食いんしょくをいっさいつと、かたちかっています。そして、いまはずをととのえて、あなたの許可きょかっているところなのです」。

22 そこで千卒長せんそつちょうは、「このことをわたしにらせたことは、だれにも口外こうがいするな」とめいじて、若者わかものかえした。

23 それからかれは、百卒長ひゃくそつちょうふたりをんでった、「歩兵ほへい二百めい騎兵きへい七十めいそうへい二百めいを、カイザリヤに出発しゅっぱつできるように、今夜こんやまでに用意よういせよ。

24 また、パウロをせるためにうま用意よういして、かれ総督そうとくペリクスのもとへ無事ぶじれてけ」。

25 さらにかれは、つぎのような文面ぶんめん手紙てがみいた。

26 「クラウデオ・ルシヤ、つつしんで総督そうとくペリクス閣下かっか平安へいあんいのります。

27 本人ほんにんのパウロが、ユダヤじんらにとらえられ、まさにころされようとしていたのを、かれのローマ市民しみんであることをったので、わたしは兵卒へいそつたちをひきいてって、かれすくしました。

28 それから、かれうったえられた理由りゆうろうとおもい、かれ議会ぎかいれてきました。

29 ところが、かれはユダヤじん律法りっぽう問題もんだいうったえられたものであり、なんら死刑しけいまたは投獄とうごくあたつみのないことがわかりました。

30 しかし、このひとたいして陰謀いんぼうがめぐらされているとの報告ほうこくがありましたので、わたしはりあえず、かれ閣下かっかのもとにおおくりすることにし、うったえるものたちには、閣下かっかまえで、かれたいするもうしてをするようにと、めいじておきました」。

31 そこで歩兵ほへいたちは、めいじられたとおりパウロをって、よるあいだにアンテパトリスまでれてき、

32 翌日よくじつは、騎兵きへいたちにパウロを護送ごそうさせることにして、兵営へいえいかえってった。

33 騎兵きへいたちは、カイザリヤにくと、手紙てがみ総督そうとく手渡てわたし、さらにパウロをかれきあわせた。

34 総督そうとく手紙てがみんでから、パウロに、どのしゅうものかとたずね、キリキヤのだとって、

35 うったひとたちがきたときに、おまえを調しらべることにする」とった。そして、ヘロデの官邸かんていかれまもっておくようにめいじた。