聖典
使徒行伝22
戻る 次へ

第22章

1 兄弟きょうだいたち、ちちたちよ、いまもうげるわたしの弁明べんめいいていただきたい」。

2 パウロが、ヘブルでこうかたりかけるのをいて、人々ひとびとはますます静粛せいしゅくになった。

3 そこでかれ言葉ことばをついでった、「わたしはキリキヤのタルソでうまれたユダヤじんであるが、このみやこそだてられ、ガマリエルのひざもとで先祖せんぞ伝来でんらい律法りっぽうについて、きびしい薫陶くんとうけ、今日きょうみなさんとおなじくかみたいして熱心ねっしんものであった。

4 そして、このみち迫害はくがいし、おとこであれおんなであれ、しばりあげてごくとうじ、かれらをいたらせた。

5 このことは、大祭司だいさいし長老ちょうろうたち一同いちどうも、証明しょうめいするところである。さらにわたしは、このひとたちからダマスコの同志どうしたちへあてた手紙てがみをもらって、そのにいるものたちをしばりあげ、エルサレムにひっぱってきて、処罰しょばつするため、かけてった。

6 たびをつづけてダマスコのちかくにきたときに、真昼まひるごろ、突然とつぜん、つよいひかりてんからわたしをめぐりてらした。

7 わたしはたおれた。そして、『サウロ、サウロ、なぜわたしを迫害はくがいするのか』と、びかけるこえいた。

8 これにたいしてわたしは、『しゅよ、あなたはどなたですか』とった。すると、そのこえが、『わたしは、あなたが迫害はくがいしているナザレびとイエスである』とこたえた。

9 わたしと一緒いっしょにいたものたちは、そのひかりたが、わたしにかたりかけたかたのこえかなかった。

10 わたしが『しゅよ、わたしはなにをしたらよいでしょうか』とたずねたところ、しゅわれた、『きあがってダマスコにきなさい。そうすれば、あなたがするようにめてあることが、すべてそこでげられるであろう』。

11 わたしは、ひかりかがやきでがくらみ、なにえなくなっていたので、れのものたちにかれながら、ダマスコにった。

12 すると、律法りっぽう忠実ちゅうじつで、ダマスコ在住ざいじゅうのユダヤじん全体ぜんたい評判ひょうばんのよいアナニヤというひとが、

13 わたしのところにきて、そばにち、『兄弟きょうだいサウロよ、えるようになりなさい』とった。するとその瞬間しゅんかんに、わたしのひらいて、かれ姿すがたえた。

14 かれった、『わたしたちの先祖せんぞかみが、あなたをえらんでみむねらせ、かの義人ぎじんさせ、そのくちからこえをおかせになった。

15 それはあなたが、その見聞みききしたことにつき、すべてのひとたいして、かれ証人しょうにんになるためである。

16 そこでいま、なんのためらうことがあろうか。すぐって、みをとなえてバプテスマをけ、あなたのつみあらおとしなさい』。

17 それからわたしは、エルサレムにかえってみやいのっているうちに、ゆめうつつになり、

18 しゅにまみえたが、しゅわれた、『いそいで、すぐにエルサレムをきなさい。わたしについてのあなたのあかしを、人々ひとびとけいれないから』。

19 そこで、わたしがった、『しゅよ、かれらは、わたしがいたるところの会堂かいどうで、あなたをしんじる人々ひとびとごくとうじたり、むちったりしていたことを、っています。

20 また、あなたの証人しょうにんステパノのながされたときも、わたしはっていてそれに賛成さんせいし、またかれころしたひとたちの上着うわぎばんをしていたのです』。

21 すると、しゅがわたしにわれた、『きなさい。わたしが、あなたをとお異邦いほうたみへつかわすのだ』」。

22 かれ言葉ことばをここまでいていた人々ひとびとは、このとき、こえりあげてった、「こんなおとこ地上ちじょうからのぞいてしまえ。かしおくべきではない」。

23 人々ひとびとがこうわめきてて、空中くうちゅう上着うわぎげ、ちりをまきらす始末しまつであったので、

24 千卒長せんそつちょうはパウロを兵営へいえいれるようにめいじ、どういうわけで、かれたいしてこんなにわめきてているのかをたしかめるため、かれをむちの拷問ごうもんにかけて、調しらべるようにいわたした。

25 かれらがむちをてるため、かれしばりつけていたとき、パウロはそばにっている百卒長ひゃくそつちょうった、「ローマの市民しみんたるものを、裁判さいばんにかけもしないで、むちってよいのか」。

26 百卒長ひゃくそつちょうはこれをき、千卒長せんそつちょうのところにって報告ほうこくし、そしてった、「どうなさいますか。あのひとはローマの市民しみんなのです」。

27 そこで、千卒長せんそつちょうがパウロのところにきてった、「わたしにってくれ。あなたはローマの市民しみんなのか」。パウロは「そうです」とった。

28 これにたいして千卒長せんそつちょうった、「わたしはこの市民しみんけんを、多額たがくかねったのだ」。するとパウロはった、「わたしはうまれながらの市民しみんです」。

29 そこで、パウロを調しらべようとしていたひとたちは、ただちにかれからいた。千卒長せんそつちょうも、パウロがローマの市民しみんであること、また、そういうひとしばっていたことがわかって、おそれた。

30 翌日よくじつかれは、ユダヤじんがなぜパウロをうったたのか、その真相しんそうろうとおもってかれいてやり、同時どうじ祭司長さいしちょうたちとぜん議会ぎかいとを召集しょうしゅうさせ、そこにかれして、かれらのまえたせた。