聖典
使徒行伝6
戻る 次へ

第6章

1 そのころ、弟子でしかずがふえてくるにつれて、ギリシヤ使つかうユダヤじんたちから、ヘブル使つかうユダヤじんたちにたいして、自分じぶんたちのやもめらが、日々ひび配給はいきゅうで、おろそかにされがちだと、苦情くじょうもうてた。

2 そこで、十二使徒しと弟子でし全体ぜんたいあつめてった、「わたしたちがかみことばをさしおいて、食卓しょくたくのことにたずさわるのはおもしろくない。

3 そこで、兄弟きょうだいたちよ、あなたがたのなかから、御霊みたま知恵ちえとにちた、評判ひょうばんのよいひとたち七にんさがしてほしい。そのひとたちにこの仕事しごとをまかせ、

4 わたしたちは、もっぱらいのり御言みことばのごようあたることにしよう」。

5 この提案ていあん会衆かいしゅう一同いちどう賛成さんせいするところとなった。そして信仰しんこう聖霊せいれいとにちたひとステパノ、それからピリポ、プロコロ、ニカノル、テモン、パルメナ、およびアンテオケの改宗者かいしゅうしゃニコラオをえらして、

6 使徒しとたちのまえたせた。すると、使徒しとたちはいのってかれらのうえにおいた。

7 こうしてかみことばは、ますますひろまり、エルサレムにおける弟子でしかずが、非常ひじょうにふえていき、祭司さいしたちも多数たすう信仰しんこうけいれるようになった。

8 さて、ステパノはめぐみとちからとにちて、民衆みんしゅうなかで、めざましい奇跡きせきとしるしとをおこなっていた。

9 すると、いわゆる「リベルテン」の会堂かいどうぞくする人々ひとびと、クレネびと、アレキサンドリヤびと、キリキヤやアジヤからきた人々ひとびとなどがって、ステパノと議論ぎろんしたが、

10 かれ知恵ちえ御霊みたまとでかたっていたので、それに対抗たいこうできなかった。

11 そこで、かれらは人々ひとびとをそそのかして、「わたしたちは、かれがモーセとかみとをけが言葉ことばくのをいた」とわせた。

12 そのうえ民衆みんしゅう長老ちょうろうたちや律法りっぽう学者がくしゃたちを煽動せんどうし、かれおそってとらえさせ、議会ぎかいにひっぱってこさせた。

13 それから、いつわりの証人しょうにんたちをててわせた、「このひとは、この聖所せいじょ律法りっぽうとにさからう言葉ことばいて、どうしても、やめようとはしません。

14 『あのナザレびとイエスは、この聖所せいじょちこわし、モーセがわたしたちにつたえた慣例かんれいえてしまうだろう』などと、かれうのを、わたしたちはきました」。

15 議会ぎかいせきについていたひとたちはみな、ステパノにそそいだが、かれかおは、ちょうど天使てんしかおのようにえた。