聖典
使徒行伝25
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第25章

1 さて、フェストは、任地にんちいてから三のち、カイザリヤからエルサレムにのぼったところ、

2 祭司長さいしちょうたちやユダヤじん重立おもだったものたちが、パウロをうったて、

3 かれをエルサレムにすようはからっていただきたいと、しきりにねがった。かれらは途中とちゅうせして、かれころかんがえであった。

4 ところがフェストは、パウロがカイザリヤに監禁かんきんしてあり、自分じぶんもすぐそこへかえることになっているとこたえ、

5 そしてった、「では、もしあのおとこなに不都合ふつごうなことがあるなら、おまえたちのうちの有力ゆうりょくしゃらが、わたしと一緒いっしょくだってって、うったえるがよかろう」。

6 フェストは、かれらのあいだに八か十ほど滞在たいざいしたのち、カイザリヤにくだってき、その翌日よくじつ裁判さいばんせきについて、パウロをすようにめいじた。

7 パウロが姿すがたをあらわすと、エルサレムからくだってきたユダヤじんたちが、かれりかこみ、かれたいしてさまざまのおも罪状ざいじょうもうてたが、いずれもその証拠しょうこをあげることはできなかった。

8 パウロは「わたしは、ユダヤじん律法りっぽうたいしても、みやたいしても、またカイザルにたいしても、なんらつみおかしたことはない」と弁明べんめいした。

9 ところが、フェストはユダヤじん歓心かんしんおうとおもって、パウロにむかってった、「おまえはエルサレムにのぼり、この事件じけんかんし、わたしからそこで裁判さいばんけることを承知しょうちするか」。

10 パウロはった、「わたしはいま、カイザルの法廷ほうていっています。わたしはこの法廷ほうてい裁判さいばんされるべきです。よくご承知しょうちのとおり、わたしはユダヤじんたちに、なにわるいことをしてはいません。

11 もしわたしがわるいことをし、あたるようなことをしているのなら、まぬかれようとはしません。しかし、もしかれらのうったえることに、なんの根拠こんきょもないとすれば、だれもわたしをかれらにわた権利けんりはありません。わたしはカイザルに上訴じょうそします」。

12 そこでフェストは、陪席ばいせきものたちと協議きょうぎしたうえこたえた、「おまえはカイザルに上訴じょうそもうた。カイザルのところにくがよい」。

13 数日すうじつたったのち、アグリッパおうとベルニケとが、フェストに敬意けいいひょうするため、カイザリヤにきた。

14 ふたりは、そこになに日間にちかん滞在たいざいしていたので、フェストは、パウロのことをおうはなしてった、「ここに、ペリクスが囚人しゅうじんとしてのこしてったひとりのおとこがいる。

15 わたしがエルサレムにったとき、このおとこのことを、祭司長さいしちょうたちやユダヤじん長老ちょうろうたちが、わたしに報告ほうこくし、かれつみさだめるようにと要求ようきゅうした。

16 そこでわたしは、かれらにこたえた、『うったえられたものが、うったえたものまえって、告訴こくそたい弁明べんめいする機会きかいあたえられないまえに、そのひと見放みはなしてしまうのは、ローマじん慣例かんれいにはないことである』。

17 それで、かれらがここにあつまってきたとき、わたしはときをうつさず、つぎ裁判さいばんせきについて、そのおとこさせた。

18 うったえたものたちはがったが、わたしが推測すいそくしていたような悪事あくじは、かれについて何一なにひともうてはしなかった。

19 ただ、かれあらそっているのは、かれ自身じしん宗教しゅうきょうかんし、また、んでしまったのにきているとパウロが主張しゅちょうしているイエスなるものかんする問題もんだいぎない。

20 これらの問題もんだいを、どうあつかってよいかわからなかったので、わたしはかれに、『エルサレムにって、これらの問題もんだいについて、そこでさばいてもらいたくはないか』とたずねてみた。

21 ところがパウロは、皇帝こうてい判決はんけつけるときまで、このまま自分じぶんをとどめておいてほしいとうので、カイザルにかれおくりとどけるときまでとどめておくようにと、めいじておいた」。

22 そこで、アグリッパがフェストに「わたしも、そのひとぶんいてたい」とったので、フェストは、「では、あすかれからきとるようにしてあげよう」とこたえた。

23 翌日よくじつ、アグリッパとベルニケとは、おおいに威儀いぎをととのえて、千卒長せんそつちょうたちや重立おもだったひとたちとともに、引見所いんけんじょにはいってきた。すると、フェストのめいによって、パウロがそこにされた。

24 そこで、フェストがった、「アグリッパおう、ならびにご臨席りんせき諸君しょくん。ごらんになっているこの人物じんぶつは、ユダヤじんたちがこぞって、エルサレムにおいても、また、このにおいても、これ以上いじょうかしておくべきでないとさけんで、わたしにうったているものである。

25 しかし、かれあたることはなにもしていないと、わたしはているのだが、かれ自身じしん皇帝こうてい上訴じょうそするとしたので、かれをそちらへおくることにめた。

26 ところが、かれについて、主君しゅくんきおくるたしかなものがなにもないので、わたしは、かれ諸君しょくんまえに、とくに、アグリッパおうよ、あなたのまえして、取調とりしらべをしたのち、上書じょうしょすべき材料ざいりょうようとおもう。

27 囚人しゅうじんおくるのに、その告訴こくそ理由りゆうしめさないということは、不合理ふごうりだとおもえるからである」。