聖典
使徒行伝14
戻る 次へ

第14章

1 ふたりは、イコニオムでもおなじようにユダヤじん会堂かいどうにはいってかたった結果けっか、ユダヤじんやギリシヤじんおおぜいしんじた。

2 ところが、しんじなかったユダヤじんたちは異邦人いほうじんたちをそそのかして、兄弟きょうだいたちにたいして悪意あくいをいだかせた。

3 それにもかかわらず、ふたりはなが期間きかんをそこでごして、大胆だいたんしゅのことをかたった。しゅは、かれらのによってしるしと奇跡きせきとをおこなわせ、そのめぐみの言葉ことばをあかしされた。

4 そこでまち人々ひとびとが二わかれ、あるひとたちはユダヤじんがわにつき、あるひとたちは使徒しとがわについた。

5 そのとき異邦人いほうじんやユダヤじん役人やくにんたちと一緒いっしょになって反対はんたい運動うんどうおこし、使徒しとたちをはずかしめ、いしとうとしたので、

6 ふたりはそれとづいて、ルカオニヤの町々まちまち、ルステラ、デルベおよびその附近ふきんへのがれ、

7 そこできつづき福音ふくいんつたえた。

8 ところが、ルステラにあしのきかないひとが、すわっていた。かれうまれながらのあしなえで、あるいた経験けいけんまったくなかった。

9 このひとがパウロのかたるのをいていたが、パウロはかれをじっとて、いやされるほどの信仰しんこうかれにあるのをみとめ、

10 大声おおごえで「自分じぶんあしで、まっすぐにちなさい」とった。するとかれおどがってあるした。

11 群衆ぐんしゅうはパウロのしたことをて、こえりあげ、ルカオニヤの地方ちほうで、「神々かみがみ人間にんげん姿すがたをとって、わたしたちのところにおくだりになったのだ」とさけんだ。

12 かれらはバルナバをゼウスとび、パウロはおもにかたひとなので、かれをヘルメスとんだ。

13 そして、郊外こうがいにあるゼウス神殿しんでん祭司さいしが、群衆ぐんしゅうともに、ふたりに犠牲ぎせいをささげようとおもって、うし数頭すうとう花輪はなわとを門前もんぜんってきた。

14 ふたりの使徒しとバルナバとパウロとは、これをいて自分じぶん上着うわぎき、群衆ぐんしゅうなかんでき、さけんで

15 った、「みなさん、なぜこんなことをするのか。わたしたちとても、あなたがたとおなじような人間にんげんである。そして、あなたがたがこのようなにもつかぬものをてて、てんうみと、そのなかのすべてのものをおつくりになったけるかみかえるようにと、福音ふくいんいているものである。

16 かみった時代じだいには、すべての国々くにぐにひとが、それぞれのみちくままにしておかれたが、

17 それでも、ご自分じぶんのことをあかししないでおられたわけではない。すなわち、あなたがたのためにてんからあめらせ、みのりの季節きせつあたえ、食物しょくもつよろこびとで、あなたがたのこころたすなど、いろいろのめぐみをおあたえになっているのである」。

18 こうって、ふたりは、やっとのことで、群衆ぐんしゅう自分じぶんたちに犠牲ぎせいをささげるのを、おもとどまらせた。

19 ところが、あるユダヤじんたちはアンテオケやイコニオムからしかけてきて、群衆ぐんしゅう仲間なかまれたうえ、パウロをいしち、んでしまったとおもって、かれまちそときずりした。

20 しかし、弟子でしたちがパウロをかこんでいるあいだに、かれきあがってまちにはいってった。そして翌日よくじつには、バルナバと一緒いっしょにデルベにむかってかけた。

21 そのまち福音ふくいんつたえて、おおぜいのひと弟子でしとしたのち、ルステラ、イコニオム、アンテオケの町々まちまちかえってき、

22 弟子でしたちをちからづけ、信仰しんこうちつづけるようにと奨励しょうれいし、「わたしたちがかみくににはいるのには、おおくの苦難くなんなければならない」とかたった。

23 また教会きょうかいごとにかれらのために長老ちょうろうたちを任命にんめいし、断食だんじきをしていのり、かれらをそのしんじているしゅにゆだねた。

24 それから、ふたりはピシデヤを通過つうかしてパンフリヤにきたが、

25 ペルガで御言みことばかたったのち、アタリヤにくだり、

26 そこからふねでアンテオケにかえった。かれらがいまなしおわったはたらきのために、かみ祝福しゅくふくけておくされたのは、このアンテオケからであった。

27 かれらは到着とうちゃく早々そうそう教会きょうかい人々ひとびとあつめて、かみかれらとともにいてしてくださった数々かずかずのこと、また信仰しんこうもん異邦人いほうじんひらいてくださったことなどを、報告ほうこくした。

28 そして、ふたりはしばらくのあいだ弟子でしたちと一緒いっしょごした。