聖典
使徒行伝15
戻る 次へ

第15章

1 さて、あるひとたちがユダヤからくだってきて、兄弟きょうだいたちに「あなたがたも、モーセの慣例かんれいにしたがって割礼かつれいけなければ、すくわれない」と、いていた。

2 そこで、パウロやバルナバとかれらとのあいだに、すくなからぬ紛糾ふんきゅう争論そうろんとがしょうじたので、パウロ、バルナバそのほか数人すうにんものがエルサレムにのぼり、使徒しとたちや長老ちょうろうたちと、この問題もんだいについて協議きょうぎすることになった。

3 かれらは教会きょうかい人々ひとびと見送みおくられ、ピニケ、サマリヤをとおって、みちすがら、異邦人いほうじんたちの改宗かいしゅう模様もようをくわしく説明せつめいし、すべての兄弟きょうだいたちをおおいによろこばせた。

4 エルサレムにくと、かれらは教会きょうかい使徒しとたち、長老ちょうろうたちにむかえられて、かみかれらとともにいてなされたことを、ことごとく報告ほうこくした。

5 ところが、パリサイから信仰しんこうにはいってきたひとたちがって、「異邦人いほうじんにも割礼かつれいほどこし、またモーセの律法りっぽうまもらせるべきである」と主張しゅちょうした。

6 そこで、使徒しとたちや長老ちょうろうたちが、この問題もんだいについて審議しんぎするためにあつまった。

7 はげしい争論そうろんがあったのち、ペテロがってった、「兄弟きょうだいたちよ、ご承知しょうちのとおり、異邦人いほうじんがわたしのくちから福音ふくいん言葉ことばいてしんじるようにと、かみはじめのころに、諸君しょくんなかからわたしをおえらびになったのである。

8 そして、ひとこころをごぞんじであるかみは、聖霊せいれいをわれわれにたまわったと同様どうようかれらにもたまわって、かれらにたいしてあかしをなし、

9 また、その信仰しんこうによってかれらのこころをきよめ、われわれとかれらとのあいだに、なんのけへだてもなさらなかった。

10 しかるに、諸君しょくんはなぜ、いまわれわれの先祖せんぞもわれわれ自身じしんも、いきれなかったくびきをあの弟子でしたちのくびにかけて、かみこころみるのか。

11 たしかに、しゅイエスのめぐみによって、われわれはすくわれるのだとしんじるが、かれらとても同様どうようである」。

12 すると、ぜん会衆かいしゅうだまってしまった。それから、バルナバとパウロとが、かれらをとおして異邦人いほうじんあいだかみおこなわれた数々かずかずのしるしと奇跡きせきのことを、説明せつめいするのをいた。

13 ふたりがかたえたのち、ヤコブはそれにおうじてべた、「兄弟きょうだいたちよ、わたしの意見いけんいていただきたい。

14 かみはじめに異邦人いほうじんたちをかえりみて、そのなかから御名みなたみえらされた次第しだいは、シメオンがすでに説明せつめいした。

15 預言者よげんしゃたちの言葉ことばも、それと一致いっちしている。すなわち、こういてある、

16 『そののち、わたしはかえってきて、たおれたダビデの幕屋まくやてかえ、くずれた箇所かしょ修理しゅうりし、それをなおそう。

17 のこっている人々ひとびとも、わたしのとなえているすべての異邦人いほうじんも、しゅたずもとめるようになるためである。

18 はじめからこれらのことらせておられるしゅが、こうおおせになった』。

19 そこで、わたしの意見いけんでは、異邦人いほうじんなかからかみ帰依きえしているひとたちに、わずらいをかけてはいけない。

20 ただ、偶像ぐうぞうそなえてけがれたものと、不品行ふひんこうと、ころしたものと、とを、けるようにと、かれらにおくることにしたい。

21 ふる時代じだいから、どのまちにもモーセの律法りっぽうつたえるものがいて、安息日あんそくにちごとにそれをしょ会堂かいどう朗読ろうどくするならわしであるから」。

22 そこで、使徒しとたちや長老ちょうろうたちは、ぜん教会きょうかい協議きょうぎしたすえ、おたがいなかから人々ひとびとえらんで、パウロやバルナバとともに、アンテオケに派遣はけんすることにめた。えらばれたのは、バルサバというユダとシラスとであったが、いずれも兄弟きょうだいたちのあいだおもんじられていたひとたちであった。

23 このひとたちにたくされた書面しょめんはこうである。「あなたがたの兄弟きょうだいである使徒しとおよび長老ちょうろうたちから、アンテオケ、シリヤ、キリキヤにいる異邦人いほうじん兄弟きょうだいがたに、あいさつをおくる。

24 こちらからったあるものたちが、わたしたちからの指示しじもないのに、いろいろなことをって、あなたがたをさわがせ、あなたがたのこころみだしたとつたいた。

25 そこで、わたしたちは人々ひとびとえらんで、あいするバルナバおよびパウロとともに、あなたがたのもとに派遣はけんすることに、衆議しゅうぎ一決いっけつした。

26 このふたりは、われらのしゅイエス・キリストののために、そのいのちした人々ひとびとであるが、

27 かれらとともに、ユダとシラスとを派遣はけんする次第しだいである。このひとたちは、あなたがたに、おな趣旨しゅしのことを、口頭こうとうでもつたえるであろう。

28 すなわち、聖霊せいれいとわたしたちとは、つぎ必要ひつよう事項じこうのほかは、どんな負担ふたんをも、あなたがたにわせないことにめた。

29 それは、偶像ぐうぞうそなえたものと、と、ころしたものと、不品行ふひんこうとを、けるということである。これらのものからとおざかっておれば、それでよろしい。以上いじょう」。

30 さて、一行いっこう人々ひとびと見送みおくられて、アンテオケにくだってき、会衆かいしゅうあつめて、その書面しょめん手渡てわたした。

31 人々ひとびとはそれをんで、そのすすめの言葉ことばをよろこんだ。

32 ユダとシラスとはとも預言者よげんしゃであったので、おおくの言葉ことばをもって兄弟きょうだいたちをはげまし、またちからづけた。

33 ふたりは、しばらくのときを、そこでごしたのち兄弟きょうだいたちから、たび平安へいあんいのられて、見送みおくりをけ、自分じぶんらを派遣はけんした人々ひとびとのところにかえってった。

34 しかし、シラスだけは、きつづきとどまることにした。〕

35 パウロとバルナバとはアンテオケに滞在たいざいをつづけて、ほかのおおくのひとたちとともに、しゅ言葉ことばおしえかつつたえた。

36 幾日いくにちかののち、パウロはバルナバにった、「さあ、まえしゅ言葉ことばつたえたすべての町々まちまちにいる兄弟きょうだいたちを、また訪問ほうもんして、みんながどうしているかをてこようではないか」。

37 そこで、バルナバはマルコというヨハネも一緒いっしょれてくつもりでいた。

38 しかし、パウロは、まえにパンフリヤで一行いっこうからはなれて、はたらきをともにしなかったようなものは、れてかないがよいとかんがえた。

39 こうして激論げきろんおこり、その結果けっかふたりはたがいわかわかれになり、バルナバはマルコをれてクプロにわたってき、

40 パウロはシラスをえらび、兄弟きょうだいたちからしゅめぐみにゆだねられて、はっした。

41 そしてパウロは、シリヤ、キリキヤの地方ちほうをとおって、しょ教会きょうかいちからづけた。