聖典
使徒行伝16
戻る 次へ

第16章

1 それから、かれはデルベにき、つぎにルステラにった。そこにテモテという弟子でしがいた。信者しんじゃのユダヤ婦人ふじんははとし、ギリシヤじんちちとしており、

2 ルステラとイコニオムの兄弟きょうだいたちのあいだで、評判ひょうばんのよい人物じんぶつであった。

3 パウロはこのテモテをれてきたかったので、その地方ちほうにいるユダヤじん手前てまえ、まずかれ割礼かつれいけさせた。かれちちがギリシヤじんであることは、みんなっていたからである。

4 それからかれらはとお町々まちまちで、エルサレムの使徒しとたちや長老ちょうろうたちのめた事項じこうまもるようにと、人々ひとびとにそれをわたした。

5 こうして、しょ教会きょうかいはその信仰しんこうつよめられ、ごとにかずしていった。

6 それからかれらは、アジヤで御言みことばかたることを聖霊せいれいきんじられたので、フルギヤ・ガラテヤ地方ちほうをとおってった。

7 そして、ムシヤのあたりにきてから、ビテニヤにすすんでこうとしたところ、イエスの御霊みたまがこれをゆるさなかった。

8 それで、ムシヤを通過つうかして、トロアスにくだってった。

9 ここでよる、パウロは一つのまぼろした。ひとりのマケドニヤびとって、「マケドニヤにわたってきて、わたしたちをたすけてください」と、かれ懇願こんがんするのであった。

10 パウロがこのまぼろしとき、これはかれらに福音ふくいんつたえるために、かみがわたしたちをおまねきになったのだと確信かくしんして、わたしたちは、ただちにマケドニヤにわたってくことにした。

11 そこで、わたしたちはトロアスから船出ふなでして、サモトラケに直航ちょっこうし、翌日よくじつネアポリスにいた。

12 そこからピリピへった。これはマケドニヤのこの地方ちほうだい一のまちで、植民しょくみん都市としであった。わたしたちは、このまち数日間すうじつかん滞在たいざいした。

13 ある安息日あんそくにちに、わたしたちはまちもんて、いのがあるとおもって、かわのほとりにった。そして、そこにすわり、あつまってきた婦人ふじんたちにはなしをした。

14 ところが、テアテラむらさきぬの商人しょうにんで、かみうやまうルデヤという婦人ふじんいていた。しゅ彼女かのじょこころひらいて、パウロのかたることにみみかたむけさせた。

15 そして、この婦人ふじんもその家族かぞくも、ともにバプテスマをけたが、そのとき彼女かのじょは「もし、わたしをしゅしんじるものとおおもいでしたら、どうぞ、わたしのいえにきてまってください」と懇望こんもうし、しいてわたしたちをつれてった。

16 あるとき、わたしたちが、いの途中とちゅううらないのれいにつかれたおんな奴隷どれい出会であった。彼女かのじょうらないをして、その主人しゅじんたちにおおくの利益りえきさせていたものである。

17 このおんなが、パウロやわたしたちのあとをってきては、「このひとたちは、いとたかかみしもべたちで、あなたがたにすくいみちつたえるかただ」と、さけすのであった。

18 そして、そんなことをいく日間にちかんもつづけていた。パウロはこまりはてて、そのれいにむかい「イエス・キリストのによってめいじる。そのおんなからけ」とった。すると、その瞬間しゅんかんれいおんなからった。

19 彼女かのじょ主人しゅじんたちは、自分じぶんらの利益りえきのぞみがえたのをて、パウロとシラスとをとらえ、役人やくにんわたすため広場ひろばきずってった。

20 それから、ふたりを長官ちょうかんたちのまえしてうったえた、「このひとたちはユダヤじんでありまして、わたしたちのまちをかきみだし、

21 わたしたちローマじんが、採用さいよう実行じっこうもしてはならない風習ふうしゅう宣伝せんでんしているのです」。

22 群衆ぐんしゅうもいっせいにって、ふたりをめたてたので、長官ちょうかんたちはふたりの上着うわぎをはぎり、むちでつことをめいじた。

23 それで、ふたりになにもむちをくわえさせたのち、ごくれ、獄吏ごくりにしっかりばんをするようにとめいじた。

24 獄吏ごくりはこの厳命げんめいけたので、ふたりをおく獄屋ごくやれ、そのあしあしかせをしっかとかけておいた。

25 真夜中まよなかごろ、パウロとシラスとは、かみいのり、さんびをうたいつづけたが、囚人しゅうじんたちはみみをすましてきいっていた。

26 ところが突然とつぜんおお地震じしんおこって、ごく土台どだいうごき、全部ぜんぶたちまちひらいて、みんなのものくさりけてしまった。

27 獄吏ごくりをさまし、ごくひらいてしまっているのをて、囚人しゅうじんたちがしたものとおもい、つるぎをいて自殺じさつしかけた。

28 そこでパウロは大声おおごえをあげてった、「自害じがいしてはいけない。われわれはみなひとりのこらず、ここにいる」。

29 すると、獄吏ごくりは、あかりをれたうえごくんできて、おののきながらパウロとシラスのまえにひれした。

30 それから、ふたりをそとしてった、「先生せんせいがた、わたしはすくわれるために、なにをすべきでしょうか」。

31 ふたりがった、「しゅイエスをしんじなさい。そうしたら、あなたもあなたの家族かぞくすくわれます」。

32 それから、かれとその家族かぞく一同いちどうとに、かみことばかたってかせた。

33 かれ真夜中まよなかにもかかわらず、ふたりをって、そのきずあらってやった。そして、その自分じぶん家族かぞくも、ひとりのこらずバプテスマをけ、

34 さらに、ふたりを自分じぶんいえ案内あんないして食事しょくじのもてなしをし、かみしんじるものとなったことを、ぜん家族かぞくともこころからよろこんだ。

35 けると、長官ちょうかんたちはけいらをつかわして、「あのひとたちを釈放しゃくほうせよ」とわせた。

36 そこで、獄吏ごくりはこの言葉ことばをパウロにつたえてった、「長官ちょうかんたちが、あなたがたを釈放しゃくほうさせるようにと、使つかいをよこしました。さあ、てきて、無事ぶじにおかえりなさい」。

37 ところが、パウロはけいらにった、「かれらは、ローマじんであるわれわれを、裁判さいばんにかけもせずに、公衆こうしゅうまえでむちったあげく、ごくれてしまった。しかるにいまになって、ひそかに、われわれをそうとするのか。それは、いけない。かれ自身じしんがここにきて、われわれをすべきである」。

38 けいらはこの言葉ことば長官ちょうかんたちに報告ほうこくした。すると長官ちょうかんたちは、ふたりがローマじんだといておそれ、

39 自分じぶんでやってきてわびたうえ、ふたりをごくからし、まちからるようにとたのんだ。

40 ふたりはごくて、ルデヤのいえった。そして、兄弟きょうだいたちにってすすめをなし、それからかけた。