使徒行伝24
    脚注
    Theme

    第24章

    1 のち大祭司だいさいしアナニヤは、長老ちょうろう数名すうめいと、テルトロという弁護人べんごにんとをれてくだり、総督そうとくにパウロをうったた。

    2 パウロがされたので、テルトロは論告ろんこくはじめた。「ペリクス閣下かっか、わたしたちが、閣下かっかのおかげでじゅうぶんに平和へいわたのしみ、またこのくにが、ご配慮はいりょによって、

    3 あらゆる方面ほうめんに、またいたるところで改善かいぜんされていることは、わたしたちの感謝かんしゃしてやまないところであります。

    4 しかし、ご迷惑めいわくをかけないように、くどくどとべずに、手短てみじかかにもうげますから、どうぞ、しのんでおりのほど、おねがいいたします。

    5 さて、このおとこは、疫病えきびょうのような人間にんげんで、世界中せかいじゅうのすべてのユダヤじんなかさわぎをおこしているものであり、また、ナザレびとらの異端いたんのかしらであります。

    6 このものみやまでもけがそうとしていたので、わたしたちはかれ捕縛ほばくしたのです。〔そして、律法りっぽうにしたがって、さばこうとしていたところ、

    7 千卒長せんそつちょうルシヤが干渉かんしょうして、かれ無理むりにわたしたちのからはなしてしまい、

    8 かれうったえたひとたちには、閣下かっかのところにるようにとめいじました。〕それで、閣下かっか自身じしんでお調しらべになれば、わたしたちがかれうった理由りゆうが、全部ぜんぶおわかりになるでしょう」。

    9 ユダヤじんたちも、このうったえに同調どうちょうして、まったくそのとおりだとった。

    10 そこで、総督そうとく合図あいずをして発言はつげんうながしたので、パウロは答弁とうべんしてった。「閣下かっかが、多年たねんにわたり、この国民こくみん裁判さいばんをつかさどっておられることを、よく承知しょうちしていますので、わたしはよろこんで、自分じぶんのことを弁明べんめいいたします。

    11 調しらべになればわかるはずですが、わたしが礼拝れいはいをしにエルサレムにのぼってから、まだ十二にちそこそこにしかなりません。

    12 そして、みやうちでも、会堂かいどううちでも、あるいは市内しないでも、わたしがだれかと争論そうろんしたり、群衆ぐんしゅう煽動せんどうしたりするのをたものはありませんし、

    13 いまわたしをうったていることについて、閣下かっかまえに、その証拠しょうこをあげうるものはありません。

    14 ただ、わたしはこのことみとめます。わたしは、かれらが異端いたんだとしているみちにしたがって、わたしたちの先祖せんぞかみつかえ、律法りっぽうおしえるところ、また預言者よげんしゃしょいてあることを、ことごとくしんじ、

    15 また、ただしいものただしくないものも、やがてよみがえるとの希望きぼうを、かみあおいでいだいているものです。この希望きぼうは、かれ自身じしんっているのです。

    16 わたしはまた、かみたいしまたひとたいして、良心りょうしんめられることのないように、つねつとめています。

    17 さてわたしは、幾年いくねんぶりかにかえってきて、同胞どうほうほどこしをし、また、そなものをしていました。

    18 そのとき、かれらはわたしがみやできよめをおこなっているのをただけであって、群衆ぐんしゅうもいず、騒動そうどうもなかったのです。

    19 ところが、アジヤからきた数人すうにんのユダヤじんが——かれらが、わたしにたいして、なにかとがめてをすることがあったなら、よろしく閣下かっかまえにきて、うったえるべきでした。

    20 あるいは、なにかわたしに不正ふせいなことがあったなら、わたしが議会ぎかいまえっていたときかれらみずから、それを指摘してきすべきでした。

    21 ただ、わたしは、かれらのなかって、『わたしは、死人しにんのよみがえりのことで、きょう、あなたがたのまえでさばきをけているのだ』とさけんだだけのことです」。

    22 ここでペリクスは、このみちのことを相当そうとうわきまえていたので、「千卒長せんそつちょうルシヤがくだってるのをって、おまえたちの事件じけん判決はんけつすることにする」とって、裁判さいばん延期えんきした。

    23 そして百卒長ひゃくそつちょうに、パウロを監禁かんきんするように、しかしかれ寛大かんだいあつかい、友人ゆうじんらが世話せわをするのをめないようにと、めいじた。

    24 数日すうじつたってから、ペリクスは、ユダヤじんであるつまドルシラと一緒いっしょにきて、パウロをし、キリスト・イエスにたいする信仰しんこうのことを、かれからいた。

    25 そこで、パウロが、正義せいぎ節制せっせい未来みらい審判しんぱんなどについてろんじていると、ペリクスは不安ふあんかんじてきて、った、「きょうはこれでかえるがよい。また、よい機会きかいたら、すことにする」。

    26 かれは、それと同時どうじに、パウロからかねをもらいたいしたごころがあったので、たびたびパウロをしてはかたった。

    27 さて、二かねんたったとき、ポルキオ・フェストが、ペリクスと交代こうたいしてにんについた。ペリクスは、ユダヤじん歓心かんしんおうとおもって、パウロを監禁かんきんしたままにしておいた。