使徒行伝28
    脚注
    Theme

    第28章

    1 わたしたちが、こうしてすくわれてからわかったが、これはマルタとばれるしまであった。

    2 土地とち人々ひとびとは、わたしたちに並々なみなみならぬ親切しんせつをあらわしてくれた。すなわち、りしきるあめさむさをしのぐために、をたいてわたしたち一同いちどうをねぎらってくれたのである。

    3 そのとき、パウロはひとかかえのしばをたばねてにくべたところ、熱気ねっきのためにまむしがてきて、かれにかみついた。

    4 土地とち人々ひとびとは、このきものがパウロのからぶらがっているのをて、たがいった、「このひとは、きっと人殺ひとごろしにちがいない。うみからはのがれたが、ディケーの神様かみさまかれかしてはおかないのだ」。

    5 ところがパウロは、まむしをなかおとして、なんのがいこうむらなかった。

    6 かれらは、かれもなくはれがるか、あるいは、たちまちたおれてぬだろうと、様子ようすをうかがっていた。しかし、ながあいだうかがっていても、かれになんのかわったこともおこらないのをて、かれらはかんがえをえて、「このひと神様かみさまだ」とした。

    7 さて、その場所ばしょちかくに、しま首長しゅちょう、ポプリオというひと所有しょゆうがあった。かれは、そこにわたしたちを招待しょうたいして、三のあいだ親切しんせつにもてなしてくれた。

    8 たまたま、ポプリオのちち赤痢せきりをわずらい、高熱こうねつとこについていた。そこでパウロは、そのひとのところにはいってっていのり、かれうえにおいていやしてやった。

    9 このことがあってから、ほかに病気びょうきをしているしまひとたちが、ぞくぞくとやってきて、みないやされた。

    10 かれらはわたしたちを非常ひじょう尊敬そんけいし、出帆しゅっぱんときには、必要ひつよう品々しなじなってきてくれた。

    11 三かげつたったのち、わたしたちは、このしまふゆごもりをしていたデオスクリのふねかざりのあるアレキサンドリヤのふねで、出帆しゅっぱんした。

    12 そして、シラクサに寄港きこうして三のあいだ停泊ていはくし、

    13 そこからすすんでレギオンにった。それから一にちおいて、南風なんぷういてきたのにじょうじ、ふつかにポテオリにいた。

    14 そこで兄弟きょうだいたちにい、すすめられるまま、かれらのところに七日間なぬかかん滞在たいざいした。それからわたしたちは、ついにローマに到着とうちゃくした。

    15 ところが、兄弟きょうだいたちは、わたしたちのことをいて、アピオ・ポロおよびトレス・タベルネまで出迎でむかえてくれた。パウロはかれらにって、かみ感謝かんしゃいさった。

    16 わたしたちがローマにいたのち、パウロは、ひとりの番兵ばんぺいをつけられ、ひとりでむことをゆるされた。

    17 たってから、パウロは、重立おもだったユダヤじんたちをまねいた。みんなのものあつまったとき、かれらにった、「兄弟きょうだいたちよ、わたしは、わが国民こくみんたいしても、あるいは先祖せんぞ伝来でんらい慣例かんれいたいしても、何一なにひとつそむく行為こういがなかったのに、エルサレムで囚人しゅうじんとしてローマじんたちのわたされた。

    18 かれらはわたしを調しらべた結果けっか、なんらあた罪状ざいじょうもないので、わたしを釈放しゃくほうしようとおもったのであるが、

    19 ユダヤじんたちがこれに反対はんたいしたため、わたしはやむをず、カイザルに上訴じょうそするにいたったのである。しかしわたしは、わが同胞どうほううったえようなどとしているのではない。

    20 こういうわけで、あなたがたにってかたいたいとねがっていた。事実じじつ、わたしは、イスラエルのいだいている希望きぼうのゆえに、このくさりにつながれているのである」。

    21 そこでかれらは、パウロにった、「わたしたちは、ユダヤじんたちから、あなたについて、なんの文書ぶんしょっていないし、また、兄弟きょうだいたちのなかからここにきて、あなたについて不利ふり報告ほうこくをしたり、悪口あっこうったりしたものもなかった。

    22 わたしたちは、あなたのかんがえていることを、直接ちょくせつあなたからくのが、ただしいことだとおもっている。じつは、この宗派しゅうはについては、いたるところで反対はんたいのあることが、わたしたちのみみにもはいっている」。

    23 そこで、さだめて、おおぜいのひとが、パウロの宿やどにつめかけてきたので、あさからばんまで、パウロはかたつづけ、かみくにのことをあかしし、またモーセの律法りっぽう預言者よげんしゃしょいて、イエスについてかれらの説得せっとくにつとめた。

    24 あるものはパウロのうことをけいれ、あるものしんじようともしなかった。

    25 たがい意見いけんわなくて、みんなのものかえろうとしていたとき、パウロはひとことべてった、「聖霊せいれいはよくも預言者よげんしゃイザヤによって、あなたがたの先祖せんぞかたったものである。

    26 『このたみってえ、あなたがたはくにはくが、けっしてさとらない。るにはるが、けっしてみとめない。

    27 このたみこころにぶくなり、そのみみきこえにくく、そのじている。それは、かれらがず、みみかず、こころさとらず、あらためていやされることがないためである』。

    28 そこで、あなたがたはっておくがよい。かみのこのすくい言葉ことばは、異邦人いほうじんおくられたのだ。かれらは、これにきしたがうであろう」。

    29 パウロがこれらのことをおわると、ユダヤじんらは、たがいろんいながらかえってった。〕

    30 パウロは、自分じぶんりたいえまんねんのあいだんで、たずねて人々ひとびとをみなむかれ、

    31 はばからず、またさまたげられることもなく、かみくにつたえ、しゅイエス・キリストのことをおしえつづけた。