使徒行伝二〇
    脚注

    第二〇章

    さわぎがやんだのち、パウロは弟子でしたちをあつめて激励げきれいあたえたうえわかれのあいさつをべ、マケドニヤへかって出発しゅっぱつした。

    そして、その地方ちほうをとおり、おおくの言葉ことば人々ひとびとはげましたのち、ギリシヤにきた。

    かれはそこで三かげつごした。それからシリヤへかって、船出ふなでしようとしていた矢先やさきかれたいするユダヤじん陰謀いんぼうおこったので、マケドニヤを経由けいゆしてかえることにけっした。

    プロのであるエペソびとソパテロ、テサロニケびとアリスタルコとセクンド、デルベびとガイオ、それからテモテ、またアジヤびとテキコとトロピモがパウロの同行者どうこうしゃであった。

    このひとたちはせんぱつして、トロアスでわたしたちをっていた。

    わたしたちは、除酵祭じょこうさいおわったのちに、ピリピから出帆しゅっぱんし、五かかってトロアスに到着とうちゃくして、かれらとい、そこに七日間なぬかかん滞在たいざいした。

    しゅうはじめのに、わたしたちがパンをさくためにあつまったとき、パウロは翌日よくじつ出発しゅっぱつすることにしていたので、しきりに人々ひとびとかたい、夜中よなかまでかたりつづけた。

    わたしたちがあつまっていた屋上おくじょうには、あかりがたくさんともしてあった。

    ユテコという若者わかものまどこしをかけていたところ、パウロのはなしがながながとつづくので、ひどくねむけがさしてきて、とうとうぐっすり寝入ねいってしまい、三かいからしたちた。いだおこしてみたら、もうんでいた。

    一〇 そこでパウロはりてきて、若者わかものうえをかがめ、かれいだきあげて、「さわぐことはない。まだいのちがある」とった。

    一一 そして、またがってって、パンをさいてべてから、けがたまでながいあいだ人々ひとびとかたって、ついに出発しゅっぱつした。

    一二 人々ひとびときかえった若者わかものれかえり、ひとかたならずなぐさめられた。

    一三 さて、わたしたちはさきふねみ、アソスへかって出帆しゅっぱんした。そこからパウロをふねせてくことにしていた。かれだけは陸路りくろをとることにめていたからである。

    一四 パウロがアソスで、わたしたちとったとき、わたしたちはかれふねせてミテレネにった。

    一五 そこから出帆しゅっぱんして、翌日よくじつキヨスの沖合おきあいにいたり、つぎにサモスにり、その翌日よくじつミレトにいた。

    一六 それは、パウロがアジヤで時間じかんをとられないため、エペソにはらないでぞっこうすることにめていたからである。かれは、できればペンテコステのには、エルサレムにいていたかったので、たびいそいだわけである。

    一七 そこでパウロは、ミレトからエペソに使つかいをやって、教会きょうかい長老ちょうろうたちをせた。

    一八 そして、かれのところにあつまってきたときかれらにった。「わたしが、アジヤのあしれた最初さいしょ以来いらい、いつもあなたがたとどんなふうにごしてきたか、よくごぞんじである。

    一九 すなわち、謙遜けんそんかぎりをつくし、なみだながし、ユダヤじん陰謀いんぼうによってわたしのおよんだ数々かずかず試練しれんなかにあって、しゅつかえてきた。

    二〇 また、あなたがたのえきになることは、公衆こうしゅうまえでも、また家々いえいえでも、すべてあますところなくはなしてかせ、またおしえ、

    二一 ユダヤじんにもギリシヤじんにも、かみたいする悔改くいあらためと、わたしたちのしゅイエスにたいする信仰しんこうとを、つよすすめてきたのである。

    二二 いまや、わたしは御霊みたませまられてエルサレムへく。あのみやこで、どんなことがわたしのにふりかかってるか、わたしにはわからない。

    二三 ただ、聖霊せいれいいたるところの町々まちまちで、わたしにはっきりげているのは、投獄とうごく患難かんなんとが、わたしをちうけているということだ。

    二四 しかし、わたしは自分じぶん行程こうていはしえ、しゅイエスからたまわった、かみのめぐみの福音ふくいんをあかしする任務にんむはたさえしたら、このいのちは自分じぶんにとって、すこしもしいとはおもわない。

    二五 わたしはいましんじている、あなたがたのあいだあるまわって御国みくにつたえたこのわたしのかおを、みんなが今後こんごることはあるまい。

    二六 だから、きょう、このにあなたがたに断言だんげんしておく。わたしは、すべてのひとについて、なんら責任せきにんがない。

    二七 かみのみむねみなあますところなく、あなたがたにつたえておいたからである。

    二八 どうか、あなたがた自身じしんをつけ、また、すべてのれにをくばっていただきたい。聖霊せいれいは、かみ御子みこであがないられたかみ教会きょうかいぼくさせるために、あなたがたをそのれの監督者かんとくしゃにおてになったのである。

    二九 わたしがったのち狂暴きょうぼうなおおかみが、あなたがたのなかにはいりんできて、容赦ようしゃなくれをあらすようになることを、わたしはっている。

    三〇 また、あなたがた自身じしんなかからも、いろいろまがったことをって、弟子でしたちを自分じぶんほうに、ひっぱりもうとするものらがおこるであろう。

    三一 だから、をさましていなさい。そして、わたしが三ねんあいだよるひるなみだをもって、あなたがたひとりびとりをえずさとしてきたことを、わすれないでほしい。

    三二 いまわたしは、しゅとそのめぐみのことばとに、あなたがたをゆだねる。御言みことばには、あなたがたのとくをたて、せいべつされたすべての人々ひとびとともに、御国みくにをつがせるちからがある。

    三三 わたしは、ひときんぎん衣服いふくをほしがったことはない。

    三四 あなたがた自身じしんっているとおり、わたしのこの両手りょうては、自分じぶん生活せいかつのためにも、また一緒いっしょにいたひとたちのためにも、はたらいてきたのだ。

    三五 わたしは、あなたがたもこのようにはたらいて、よわものたすけなければならないこと、また『けるよりはあたえるほうが、さいわいである』とわれたしゅイエスの言葉ことば記憶きおくしているべきことを、万事ばんじについておししめしたのである」。

    三六 こうって、パウロは一同いちどうともにひざまずいていのった。

    三七 みんなのものは、はげしくかなしみ、パウロのくびいだいて、幾度いくど接吻せっぷんし、

    三八 もう二自分じぶんかおることはあるまいとかれったので、とくこころいためた。それからかれふねまで見送みおくった。