使徒行伝2
    脚注

    第2章

    1 五旬節ごじゅんせつがきて、みんなのもの一緒いっしょあつまっていると、

    2 突然とつぜんはげしいかぜいてきたようなおとてんからおこってきて、一同いちどうがすわっていたいえいっぱいにひびきわたった。

    3 また、したのようなものが、ほのおのようにわかれてあらわれ、ひとりびとりのうえにとどまった。

    4 すると、一同いちどう聖霊せいれいたされ、御霊みたまかたらせるままに、いろいろの他国たこく言葉ことばかたした。

    5 さて、エルサレムには、天下てんかのあらゆる国々くにぐにから、信仰しんこうぶかいユダヤじんたちがきてんでいたが、

    6 この物音ものおとおおぜいのひとあつまってきて、かれらのうま故郷こきょう国語こくごで、使徒しとたちがはなしているのを、だれもかれもいてあっけにられた。

    7 そしておどろあやしんでった、「よ、いまはなしているこのひとたちは、みなガリラヤびとではないか。

    8 それだのに、わたしたちがそれぞれ、うま故郷こきょう国語こくごかれらからかされるとは、いったい、どうしたことか。

    9 わたしたちのなかには、パルテヤびと、メジヤびと、エラムびともおれば、メソポタミヤ、ユダヤ、カパドキヤ、ポントとアジヤ、

    10 フルギヤとパンフリヤ、エジプトとクレネにちかいリビヤ地方ちほうなどにものもいるし、またローマじんたびにきているもの

    11 ユダヤじん改宗者かいしゅうしゃ、クレテびととアラビヤじんもいるのだが、あの人々ひとびとがわたしたちの国語こくごで、かみおおきなはたらきをべるのをくとは、どうしたことか」。

    12 みんなのものおどろまどって、たがいった、「これは、いったい、どういうわけなのだろう」。

    13 しかし、ほかのひとたちはあざわらって、「あのひとたちはあたらしいさけっているのだ」とった。

    14 そこで、ペテロが十一にんものともちあがり、こえをあげて人々ひとびとかたりかけた。「ユダヤのひとたち、ならびにエルサレムにむすべてのかたがた、どうか、このことっていただきたい。わたしのうことにみみかたむけていただきたい。

    15 いまあさの九であるから、このひとたちは、あなたがたがおもっているように、さけっているのではない。

    16 そうではなく、これは預言者よげんしゃヨエルが預言よげんしていたことにほかならないのである。すなわち、

    17 かみがこうおおせになる。おわりのときには、わたしのれいをすべてのひとそそごう。そして、あなたがたのむすこむすめ預言よげんをし、若者わかものたちはまぼろし老人ろうじんたちはゆめるであろう。

    18 そのときには、わたしの男女だんじょしもべたちにもわたしのれいそそごう。そしてかれらも預言よげんをするであろう。

    19 また、うえでは、てん奇跡きせきせ、したでは、にしるしを、すなわち、ちこめるけむりとを、せるであろう。

    20 しゅおおいなるかがやかしいまえに、はやみにつきかわるであろう。

    21 そのとき、しゅもとめるものは、みなすくわれるであろう』。

    22 イスラエルのひとたちよ、いまわたしのかたることをきなさい。あなたがたがよくっているとおり、ナザレびとイエスは、かみかれをとおして、あなたがたのなかおこなわれた数々かずかずちからあるわざと奇跡きせきとしるしとにより、かみからつかわされたものであることを、あなたがたにしめされたかたであった。

    23 このイエスがわたされたのはかみさだめた計画けいかく予知よちとによるのであるが、あなたがたはかれ不法ふほう人々ひとびと十字架じゅうじかにつけてころした。

    24 かみはこのイエスをくるしみからはなって、よみがえらせたのである。イエスが支配しはいされているはずはなかったからである。

    25 ダビデはイエスについてこうっている、『わたしはつねまえしゅた。しゅは、わたしがうごかされないため、わたしのみぎにいてくださるからである。

    26 それゆえ、わたしのこころたのしみ、わたしのしたはよろこびうたった。わたしの肉体にくたいもまた、のぞみにきるであろう。

    27 あなたは、わたしのたましい黄泉よみておくことをせず、あなたの聖者せいじゃてるのを、おゆるしにならないであろう。

    28 あなたは、いのちのみちをわたしにしめし、みまえにあって、わたしをよろこびでたしてくださるであろう』。

    29 兄弟きょうだいたちよ、族長ぞくちょうダビデについては、わたしはあなたがたにむかって大胆だいたんうことができる。かれんでほうむられ、げんにそのはか今日きょういたるまで、わたしたちのあいだのこっている。

    30 かれ預言者よげんしゃであって、『その子孫しそんのひとりを王位おういにつかせよう』と、かみかたかれちかわれたことをみとめていたので、

    31 キリストの復活ふっかつをあらかじめって、『かれ黄泉よみておかれることがなく、またその肉体にくたいてることもない』とかたったのである。

    32 このイエスを、かみはよみがえらせた。そして、わたしたちはみなその証人しょうにんなのである。

    33 それで、イエスはかみみぎげられ、ちちから約束やくそく聖霊せいれいけて、それをわたしたちにそそがれたのである。このことは、あなたがたがげん見聞みききしているとおりである。

    34 ダビデがてんのぼったのではない。かれ自身じしんこうっている、『しゅはわがしゅおおせになった、

    35 あなたのてきをあなたのあしだいにするまでは、わたしのみぎしていなさい』。

    36 だから、イスラエルのぜんは、このことをしかとっておくがよい。あなたがたが十字架じゅうじかにつけたこのイエスを、かみは、しゅまたキリストとしておてになったのである」。

    37 人々ひとびとはこれをいて、つよこころされ、ペテロやほかの使徒しとたちに、「兄弟きょうだいたちよ、わたしたちは、どうしたらよいのでしょうか」とった。

    38 すると、ペテロがこたえた、「あらためなさい。そして、あなたがたひとりびとりがつみのゆるしをるために、イエス・キリストのによって、バプテスマをけなさい。そうすれば、あなたがたは聖霊せいれい賜物たまものけるであろう。

    39 この約束やくそくは、われらのしゅなるかみしにあずかるすべてのもの、すなわちあなたがたと、あなたがたのらと、とおくのもの一同いちどうとに、あたえられているものである」。

    40 ペテロは、ほかになおおおくの言葉ことばであかしをなし、人々ひとびとに「このまがった時代じだいからすくわれよ」とってすすめた。

    41 そこで、かれすすめの言葉ことばけいれたものたちは、バプテスマをけたが、その仲間なかまくわわったものが三千にんほどあった。

    42 そして一同いちどうはひたすら、使徒しとたちのおしえまもり、信徒しんとまじわりをなし、ともにパンをさき、いのりをしていた。

    43 みんなのものにおそれのねんしょうじ、おおくの奇跡きせきとしるしとが、使徒しとたちによって、次々つぎつぎおこなわれた。

    44 信者しんじゃたちはみな一緒いっしょにいて、いっさいのもの共有きょうゆうにし、

    45 資産しさんものっては、必要ひつようおうじてみんなのものあたえた。

    46 そして日々ひびこころを一つにして、えずみやもうでをなし、いえではパンをさき、よろこびと、まごころとをもって、食事しょくじともにし、

    47 かみをさんびし、すべてのひと好意こういたれていた。そしてしゅは、すくわれるもの日々ひび仲間なかまくわえてくださったのである。