使徒行伝19
    脚注
    Theme

    第19章

    1 アポロがコリントにいたとき、パウロは奥地おくちをとおってエペソにきた。そして、ある弟子でしたちに出会であって、

    2 かれらに「あなたがたは、信仰しんこうにはいったときに、聖霊せいれいけたのか」とたずねたところ、「いいえ、聖霊せいれいなるものがあることさえ、いたことがありません」とこたえた。

    3 「では、だれのによってバプテスマをけたのか」とかれがきくと、かれらは「ヨハネのによるバプテスマをけました」とこたえた。

    4 そこで、パウロがった、「ヨハネは悔改くいあらためのバプテスマをさづけたが、それによって、自分じぶんのあとにるかた、すなわち、イエスをしんじるように、人々ひとびとすすめたのである」。

    5 人々ひとびとはこれをいて、しゅイエスのによるバプテスマをけた。

    6 そして、パウロがかれらのうえをおくと、聖霊せいれいかれらにくだり、それからかれらは異言いげんかたったり、預言よげんをしたりしした。

    7 そのひとたちはみんなで十二にんほどであった。

    8 それから、パウロは会堂かいどうにはいって、三かげつのあいだ、大胆だいたんかみくにについてろんじ、またすすめをした。

    9 ところが、あるひとたちはこころをかたくなにして、しんじようとせず、会衆かいしゅうまえでこのみちをあしざまにったので、かれ弟子でしたちをれて、そのひとたちからはなれ、ツラノの講堂こうどう毎日まいにちろんじた。

    10 それが二年間ねんかんつづいたので、アジヤにんでいるものは、ユダヤじんもギリシヤじんみなしゅことばいた。

    11 かみは、パウロのによって、異常いじょうちからあるわざを次々つぎつぎになされた。

    12 たとえば、人々ひとびとが、かれにつけているぬぐいや前掛まえかけをって病人びょうにんにあてると、その病気びょうきのぞかれ、悪霊あくれいくのであった。

    13 そこで、ユダヤじんのまじないで、遍歴へんれきしているものたちが、悪霊あくれいにつかれているものにむかって、しゅイエスのをとなえ、「パウロのつたえているイエスによってめいじる。け」と、ためしにってみた。

    14 ユダヤの祭司長さいしちょうスケワというものの七にんのむすこたちも、そんなことをしていた。

    15 すると悪霊あくれいがこれにたいしてった、「イエスなら自分じぶんっている。パウロもわかっている。だが、おまえたちは、いったい何者なにものだ」。

    16 そして、悪霊あくれいにつかれているひとが、かれらにびかかり、みんなをおさえつけてかしたので、かれらはきずったままはだかになって、そのいえした。

    17 このことがエペソにむすべてのユダヤじんやギリシヤじんれわたって、みんな恐怖きょうふおそわれ、そして、しゅイエスのがあがめられた。

    18 また信者しんじゃになったものおおぜいきて、自分じぶん行為こういちあけて告白こくはくした。

    19 それから、魔術まじゅつおこなっていたおおくのものが、魔術まじゅつほんしてきては、みんなのまえてた。その値段ねだん総計そうけいしたところ、ぎん五万にものぼることがわかった。

    20 このようにして、しゅことばはますますさかんにひろまり、またちからくわえていった。

    21 これらのことがあったのち、パウロは御霊みたまかんじて、マケドニヤ、アカヤをとおって、エルサレムへ決心けっしんをした。そしてった、「わたしは、そこにったのち、ぜひローマをもなければならない」。

    22 そこで、自分じぶんつかえているものなかから、テモテとエラストとのふたりを、まずマケドニヤにおくし、パウロ自身じしんは、なおしばらくアジヤにとどまった。

    23 そのころ、このみちについて容易よういならぬ騒動そうどうおこった。

    24 そのいきさつは、こうである。デメテリオという銀細工人ぎんざいくにんが、ぎんでアルテミス神殿しんでん模型もけいつくって、職人しょくにんたちにすくなからぬ利益りえきさせていた。

    25 このおとこがその職人しょくにんたちや、同類どうるい仕事しごとをしていたものたちをあつめてった、「諸君しょくん、われわれがこの仕事しごとで、かねもうけをしていることは、ご承知しょうちのとおりだ。

    26 しかるに、諸君しょくん見聞みききしているように、あのパウロが、つくられたものは神様かみさまではないなどとって、エペソばかりか、ほとんどアジヤ全体ぜんたいにわたって、おおぜいの人々ひとびときつけてあやまらせた。

    27 これでは、おたがい仕事しごと悪評あくひょうつおそれがあるばかりか、おお女神めがみアルテミスのみやかろんじられ、ひいてはぜんアジヤ、いやぜん世界せかいおがんでいるこのおお女神めがみのご威光いこうさえも、えてしまいそうである」。

    28 これをくと、人々ひとびといかりにえ、大声おおごえで「おおいなるかな、エペソびとのアルテミス」とさけびつづけた。

    29 そして、町中まちじゅうだい混乱こんらんおちいり、人々ひとびとはパウロの道連みちづれであるマケドニヤびとガイオとアリスタルコとをとらえて、いっせいに劇場げきじょうへなだれんだ。

    30 パウロは群衆ぐんしゅうなかにはいってこうとしたが、弟子でしたちがそれをさせなかった。

    31 アジヤしゅう議員ぎいんで、パウロの友人ゆうじんであったひとたちも、かれ使つかいをよこして、劇場げきじょうにはいってかないようにと、しきりにたのんだ。

    32 なかでは、集会しゅうかい混乱こんらんおちいってしまって、あるものはこのことを、ほかのものはあのことを、どなりつづけていたので、大多数だいたすうものは、なんのためにあつまったのかも、わからないでいた。

    33 そこで、ユダヤじんたちが、まえしたアレキサンデルなるものを、群衆ぐんしゅうなかのあるひとたちがうながしたため、かれって、人々ひとびと弁明べんめいこころみようとした。

    34 ところが、かれがユダヤじんだとわかると、みんなのものがいっせいに「おおいなるかな、エペソびとのアルテミス」と二時間じかんばかりもさけびつづけた。

    35 ついに、書記しょきやく群衆ぐんしゅうしずめてった、「エペソの諸君しょくん、エペソおお女神めがみアルテミスと、あまくだったご神体しんたいとの守護しゅごやくであることをらないものが、ひとりでもいるだろうか。

    36 これは否定ひていのできない事実じじつであるから、諸君しょくんはよろしくしずかにしているべきで、乱暴らんぼう行動こうどうは、いっさいしてはならない。

    37 諸君しょくんはこのひとたちをここにひっぱってきたが、かれらはみやあらものでも、われわれの女神めがみをそしるものでもない。

    38 だから、もしデメテリオなりその職人しょくにん仲間なかまなりが、だれかにたいしてうったことがあるなら、裁判さいばんはあるし、総督そうとくもいるのだから、それぞれうったるがよい。

    39 しかし、なにかもっと要求ようきゅうしたいことがあれば、それは正式せいしき議会ぎかい解決かいけつしてもらうべきだ。

    40 きょうの事件じけんについては、このさわぎを弁護べんごできるような理由りゆうまったくないのだから、われわれは治安ちあんをみだすつみわれるおそれがある」。

    41 こうって、かれはこの集会しゅうかい解散かいさんさせた。