使徒行伝18
    脚注
    Theme

    第18章

    1 そののち、パウロはアテネをってコリントへった。

    2 そこで、アクラというポントうまれのユダヤじんと、そのつまプリスキラとに出会であった。クラウデオていが、すべてのユダヤじんをローマから退去たいきょさせるようにと、命令めいれいしたため、かれらはちかごろイタリヤからてきたのである。

    3 パウロはかれらのところにったが、たがい同業どうぎょうであったので、そのいえんで、一緒いっしょ仕事しごとをした。天幕てんまくつくりがその職業しょくぎょうであった。

    4 パウロは安息日あんそくにちごとに会堂かいどうろんじては、ユダヤじんやギリシヤじん説得せっとくつとめた。

    5 シラスとテモテが、マケドニヤからくだってきてからは、パウロは御言みことばつたえることに専念せんねんし、イエスがキリストであることを、ユダヤじんたちに力強ちからづよくあかしした。

    6 しかし、かれらがこれに反抗はんこうしてののしりつづけたので、パウロは自分じぶん上着うわぎりはらって、かれらにった、「あなたがたのは、あなたがた自身じしんにかえれ。わたしには責任せきにんがない。いまからわたしは異邦人いほうじんほうく」。

    7 こうって、かれはそこをり、テテオ・ユストというかみうやまひといえった。そのいえ会堂かいどうとなっていた。

    8 会堂司かいどうづかさクリスポは、その家族かぞく一同いちどうともしゅしんじた。またおおくのコリントびとも、パウロのはなしいてしんじ、ぞくぞくとバプテスマをけた。

    9 すると、あるまぼろしのうちにしゅがパウロにわれた、「おそれるな。かたりつづけよ、だまっているな。

    10 あなたには、わたしがついている。だれもあなたをおそって、危害きがいくわえるようなことはない。このまちには、わたしのたみおおぜいいる」。

    11 パウロは一ねん六かげつあいだここにこしをすえて、かみことばかれらのあいだおしえつづけた。

    12 ところが、ガリオがアカヤの総督そうとくであったとき、ユダヤじんたちは一緒いっしょになってパウロをおそい、かれ法廷ほうていにひっぱってってうったえた、

    13 「このひとは、律法りっぽうにそむいてかみおがむように、人々ひとびとをそそのかしています」。

    14 パウロがくちひらこうとすると、ガリオはユダヤじんたちにった、「ユダヤじん諸君しょくんなに不法ふほう行為こういとか、悪質あくしつ犯罪はんざいとかのことなら、わたしは当然とうぜん諸君しょくんうったえをげもしようが、

    15 これは諸君しょくん言葉ことば名称めいしょう律法りっぽうかんする問題もんだいなのだから、諸君しょくんみずから始末しまつするがよかろう。わたしはそんなこと裁判人さいばんにんにはなりたくない」。

    16 こうって、かれらを法廷ほうていからいはらった。

    17 そこで、みんなのものは、会堂司かいどうづかさソステネをとらえ、法廷ほうていまえちたたいた。ガリオはそれにたいして、そらぬかおをしていた。

    18 さてパウロは、なお幾日いくにちものあいだ滞在たいざいしたのち兄弟きょうだいたちにわかれをげて、シリヤへ出帆しゅっぱんした。プリスキラとアクラも同行どうこうした。パウロは、かねてから、ある誓願せいがんてていたので、ケンクレヤであたまをそった。

    19 一行いっこうがエペソにくと、パウロはふたりをそこにのこしておき、自分じぶんだけ会堂かいどうにはいって、ユダヤじんたちとろんじた。

    20 人々ひとびとは、パウロにもっとながいあいだ滞在たいざいするようにねがったが、かれきいれないで、

    21 かみのみこころなら、またあなたがたのところにかえってこよう」とって、わかれをげ、エペソから船出ふなでした。

    22 それから、カイザリヤで上陸じょうりくしてエルサレムにのぼり、教会きょうかいにあいさつしてから、アンテオケにくだってった。

    23 そこにしばらくいてから、かれはまたかけ、ガラテヤおよびフルギヤの地方ちほう歴訪れきほうして、すべての弟子でしたちをちからづけた。

    24 さて、アレキサンデリヤうまれで、聖書せいしょ精通せいつうし、しかも、雄弁ゆうべんなアポロというユダヤじんが、エペソにきた。

    25 このひとしゅみちつうじており、また、れいえてイエスのことをくわしくかたったりおしえたりしていたが、ただヨハネのバプテスマしかっていなかった。

    26 かれ会堂かいどう大胆だいたんかたはじめた。それをプリスキラとアクラとがいて、かれまねきいれ、さらにくわしくかみみちかせた。

    27 それから、アポロがアカヤにわたりたいとおもっていたので、兄弟きょうだいたちはかれはげまし、先方せんぽう弟子でしたちに、かれをよくむかえるようにと、手紙てがみおくった。かれ到着とうちゃくして、すでにめぐみによって信者しんじゃになっていたひとたちに、おおいにちからになった。

    28 かれはイエスがキリストであることを、聖書せいしょもとづいてしめし、公然こうぜんと、ユダヤじんたちをはげしい語調ごちょう論破ろんぱしたからである。