使徒行伝10
    脚注
    Theme

    第10章

    1 さて、カイザリヤにコルネリオというひとがいた。イタリヤたいばれた部隊ぶたい百卒長ひゃくそつちょうで、

    2 信心しんじんぶかく、家族かぞく一同いちどうともかみうやまい、たみ数々かずかずほどこしをなし、えずかみいのりをしていた。

    3 ある午後ごごごろ、かみ使つかいかれのところにきて、「コルネリオよ」とぶのを、まぼろしではっきりた。

    4 かれ御使みつかいつめていたが、おそろしくなって、「しゅよ、なんでございますか」とった。すると御使みつかいった、「あなたのいのりほどこしはかみのみまえにとどいて、おぼえられている。

    5 ついてはいま、ヨッパにひとをやって、ペテロとばれるシモンというひとまねきなさい。

    6 このひとは、うみべにいえをもつかわなめしシモンというものきゃくとなっている」。

    7 このおげをした御使みつかいったのち、コルネリオは、しもべふたりと、部下ぶかなか信心しんじんぶか兵卒へいそつひとりとをび、

    8 いっさいのこと説明せつめいしてかせ、ヨッパへおくした。

    9 翌日よくじつ、この三にんたびをつづけてまちちかくにきたころ、ペテロはいのりをするため屋上おくじょうにのぼった。ときひるの十二ごろであった。

    10 かれ空腹くうふくをおぼえて、なにべたいとおもった。そして、人々ひとびと食事しょくじ用意よういをしているあいだに、夢心地ゆめごこちになった。

    11 すると、てんひらけ、おおきなぬののようなものが、すみをつるされて、地上ちじょうりてるのをた。

    12 そのなかには、地上ちじょうの四つあしうもの、またそらとりなど、各種かくしゅきものがはいっていた。

    13 そしてこえかれきこえてきた、「ペテロよ。って、それらをほふってべなさい」。

    14 ペテロはった、「しゅよ、それはできません。わたしはいままでに、きよくないもの、けがれたものは、何一なにひとべたことがありません」。

    15 すると、こえが二度目どめにかかってきた、「かみがきよめたものを、きよくないなどとってはならない」。

    16 こんなことが三もあってから、そのものはすぐてんげられた。

    17 ペテロが、いままぼろしはなんのことだろうかと、ひとり思案しあんにくれていると、ちょうどそのとき、コルネリオからおくられたひとたちが、シモンのいえたずてて、その門口かどぐちっていた。

    18 そしてこえをかけて、「ペテロとばれるシモンというかたが、こちらにおまりではございませんか」とたずねた。

    19 ペテロはなおもまぼろしについて、おもいめぐらしていると、御霊みたまった、「ごらんなさい、三にんひとたちが、あなたをたずねてきている。

    20 さあ、ってしたり、ためらわないで、かれらと一緒いっしょかけるがよい。わたしがかれらをよこしたのである」。

    21 そこでペテロは、そのひとたちのところにりてってった、「わたしがおたずねのペテロです。どんなごようでおいでになったのですか」。

    22 かれらはこたえた、「ただしいひとで、かみうやまい、ユダヤの全国民ぜんこくみん好感こうかんたれている百卒長ひゃくそつちょうコルネリオが、あなたをいえまねいておはなしうかがうようにとのおげを、せいなる御使みつかいからけましたので、まいりました」。

    23 そこで、ペテロは、かれらをむかえてまらせた。翌日よくじつ、ペテロはって、かれらとれだってはっした。ヨッパの兄弟きょうだいたち数人すうにん一緒いっしょった。

    24 そのつぎに、一行いっこうはカイザリヤにいた。コルネリオは親族しんぞくしたしい友人ゆうじんたちをあつめて、っていた。

    25 ペテロがいよいよ到着とうちゃくすると、コルネリオは出迎でむかえて、かれあしもとにひれしてはいした。

    26 するとペテロは、かれおこしてった、「おちなさい。わたしもおな人間にんげんです」。

    27 それからともはなしながら、へやにはいってくと、そこには、すでにおおぜいのひとあつまっていた。

    28 ペテロはかれらにった、「あなたがたがっているとおり、ユダヤじん他国たこくひと交際こうさいしたり、出入でいりしたりすることは、きんじられています。ところが、かみは、どんな人間にんげんをもきよくないとか、けがれているとかってはならないと、わたしにおしめしになりました。

    29 まねきにあずかったときすこしもためらわずにまいったのは、そのためなのです。そこでうかがいますが、どういうわけで、わたしをまねいてくださったのですか」。

    30 これにたいしてコルネリオがこたえた、「四まえ、ちょうどこの時刻じこくに、わたしが自宅じたく午後ごごいのりをしていますと、突然とつぜんかがやいたころもひとが、まえってもうしました、

    31 『コルネリオよ、あなたのいのりきいれられ、あなたのほどこしはかみのみまえにおぼえられている。

    32 そこでヨッパにひとおくってペテロとばれるシモンをまねきなさい。そのひとかわなめしシモンの海沿うみぞいのいえまっている』。

    33 それで、早速さっそくあなたをおびしたのです。ようこそおいでくださいました。いまわたしたちは、しゅがあなたにおげになったことをのこらずうかがおうとして、みなかみのみまえにまかりているのです」。

    34 そこでペテロはくちひらいてった、「かみひとをかたよりみないかたで、

    35 かみうやまおこなものはどの国民こくみんでもけいれてくださることが、ほんとうによくわかってきました。

    36 あなたがたは、かみがすべてのものしゅなるイエス・キリストによって平和へいわ福音ふくいんつたえて、イスラエルのらにおおくくださった御言みことばをごぞんじでしょう。

    37 それは、ヨハネがバプテスマをいたのち、ガリラヤからはじまってユダヤ全土ぜんどにひろまった福音ふくいんべたものです。

    38 かみはナザレのイエスに聖霊せいれいちからとをそそがれました。このイエスは、かみともにおられるので、よいはたらきをしながら、また悪魔あくまおさえつけられている人々ひとびとをことごとくいやしながら、巡回じゅんかいされました。

    39 わたしたちは、イエスがこうしてユダヤじんやエルサレムでなさったすべてのことの証人しょうにんであります。人々ひとびとはこのイエスをにかけてころしたのです。

    40 しかしかみはイエスを三によみがえらせ、

    41 全部ぜんぶ人々ひとびとにではなかったが、わたしたち証人しょうにんとしてあらかじめえらばれたものたちにあらわれるようにしてくださいました。わたしたちは、イエスが死人しにんなかから復活ふっかつされたのちとも飲食いんしょくしました。

    42 それから、イエスご自身じしん生者せいじゃ死者ししゃとの審判者しんぱんしゃとしてかみさだめられたかたであることを、人々ひとびとつたえ、またあかしするようにと、かみはわたしたちにおめいじになったのです。

    43 預言者よげんしゃたちもみな、イエスをしんじるものはことごとく、そのによってつみのゆるしがけられると、あかしをしています」。

    44 ペテロがこれらの言葉ことばをまだかたえないうちに、それをいていたみんなのひとたちに、聖霊せいれいがくだった。

    45 割礼かつれいけている信者しんじゃで、ペテロについてきたひとたちは、異邦人いほうじんたちにも聖霊せいれい賜物たまものそそがれたのをて、おどろいた。

    46 それは、かれらが異言いげんかたってかみをさんびしているのをいたからである。そこで、ペテロがした、

    47 「このひとたちがわたしたちとおなじように聖霊せいれいけたからには、かれらにみずでバプテスマをさづけるのを、だれがこばみようか」。

    48 こうって、ペテロはその人々ひとびとめいじて、イエス・キリストのによってバプテスマをけさせた。それから、かれらはペテロにねがって、なお数日すうじつのあいだ滞在たいざいしてもらった。