エテル書5
戻る 次へ

第5章

にんしょうにんしょもつそのものが,『モルモンしょ』がしんじつであることのあかしとなる。

1 さて,わたしモロナイは,めいじられたことおくしたがってしるしてきた。また,わたしがふうじたものについてもあなたにげた。したがって,ふうじられているものにけてほんやくしようとしてはならない。そのことはきんじられているからである。しかし,やがてそれがかみにかなうときるであろう。

2 またよ,あなたは,このしょもつたすけをするものたちはんせるのを,とくべつゆるされるであろう。

3 はんかみちからによってにんものしめされるので,その三にんはこれらのことがしんじつであるのをたしかにであろう。

4 そして,三にんしょうにんくちとおしてこれらのことはかくにんされる。また,三にんあかしとこのしょもつ,すなわち,おんちちおんせいれいあかししておられるかみことかみちからあきらかにするこのしょもつは,わりのひとびとたいするあかしとなるであろう。

5 もしもひとびとあらためて,イエスのによっておんちちのもとにるならば,かれらはかみおうこくむかれられるであろう。

6 さて,これらのことをべるけんのうがわたしにないかどうか,かんがえてみなさい。あなたがたはわりのにわたしにい,ともにかみまえつとき,わたしにけんのうがあることをるであろう。アーメン。