ニーファイ第一書6
戻る 次へ

第6章

ニーファイ,かみにかかわることがらしるす。ニーファイのもくてきは,アブラハムのかみのもとにすくわれるように,ひとびとすすめることである。げんぜんやく六百ねんから五百九十二ねんいたる。

1 さて,わたしニーファイは,わたしのろくこのぶんせんけいしるさない。また,わたしがいましるしているこのはんには,こんしるさない。それは,ちちいたろくっていることだからである。したがって,このはんにはそれをしるさない。

2 わたしたちがヨセフそんであるとえば,それでじゅうぶんである。

3 わたしは,ちちについてのこらずくわしくべようとはおもわない。このはんには,かみにかかわることがらしるすためのはくしいので,のこらずくわしくしるすことはできないからである。

4 わたしがいっしんこころざすのは,ひとびとがアブラハムのかみ,イサクのかみ,ヤコブのかみのもとにすくわれるように,すすめることである。

5 したがってわたしは,ぞくひとびとにとってよろこばしいことをしるさないで,かみにとってよろこばしいことや,ぞくのものでないひとびとにとってよろこばしいことをしるす。

6 それでわたしは,ひとらにとってのないことでこのはんめてはならないと,そんめいじよう。