聖典
サムエル記上27
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第27章

1 ダビデはこころのうちにった、「わたしは、いつかはサウルのにかかってほろぼされるであろう。はやくペリシテびとのへのがれるほかはない。そうすればサウルはこのうえイスラエルのにわたしをくまなくさがすことはやめ、わたしはかれからのがれることができるであろう」。

2 こうしてダビデは、ともにいた六百にん一緒いっしょに、ってガテのおうマオクのアキシのところった。

3 ダビデと従者じゅうしゃたちは、おのおのその家族かぞくとともに、ガテでアキシとともんだ。ダビデはそのふたりのつま、すなわちエズレルのおんなアヒノアムと、カルメルのおんなでナバルのつまであったアビガイルとともにおった。

4 ダビデがガテにのがれたことがサウルにきこえたので、サウルはもはやかれさがさなかった。

5 さてダビデはアキシにった、「もしわたしがあなたのまえめぐみをるならば、どうぞ、いなかにあるまちのうちで一つの場所ばしょをわたしにあたえてそこにまわせてください。どうしてしもべがあなたとともおうまちむことができましょうか」。

6 アキシはそのチクラグをかれあたえた。こうしてチクラグは今日こんにちにいたるまでユダのおうぞくしている。

7 ダビデがペリシテびとのくにんだかずは一ねんと四かげつであった。

8 さてダビデは従者じゅうしゃともにのぼって、ゲシュルびと、ゲゼルびとおよびアマレクびとをおそった。これらはむかしからシュルにいたるまでの住民じゅうみんであって、エジプトにいたるまでのんでいた。

9 ダビデはそのって、おとこおんなかしおかず、ひつじうしとろばとらくだと衣服いふくとをって、アキシのもとにかえってきた。

10 アキシが「あなたはきょうどこをおそいましたか」とたずねると、ダビデは、その時々ときどき、「ユダのネゲブです」、「エラメルびとのネゲブです」「ケニびとのネゲブです」とった。

11 ダビデはおとこおんなかしおかず、ひとりをもガテにいてかなかった。それはダビデが、「おそらくは、かれらが、『ダビデはこうした』とって、われわれのことをげるであろう」とおもったからである。ダビデはペリシテびとのいなかにんでいるあいだはこうするのがつねであった。

12 アキシはダビデをしんじてった、「かれ自分じぶんまったくそのたみイスラエルににくまれるようにした。それゆえかれ永久えいきゅうにわたしのしもべとなるであろう」。