サムエル記上13
    脚注
    Theme

    第13章

    1 サウルは三十さいおうくらいにつき、二ねんイスラエルをおさめた。

    2 さてサウルはイスラエルびと三千をえらんだ。二千はサウルとともにミクマシ、およびベテルの山地さんちにおり、一千はヨナタンとともにベニヤミンのギベアにいた。サウルはそのたみを、おのおの、その天幕てんまくかえらせた。

    3 ヨナタンは、ゲバにあるペリシテびとの守備しゅびへいやぶった。ペリシテびとはそのことをいた。そこで、サウルは国中くにぢゅうに、あまねく角笛つのぶえきならしてわせた、「ヘブルびとよ、け」。

    4 イスラエルのひとみな、サウルがペリシテびとの守備しゅびへいやぶったこと、そしてイスラエルがペリシテびとににくまれるようになったことをいた。こうしてたみされて、ギルガルのサウルのもとにあつまった。

    5 ペリシテびとはイスラエルとたたかうためにあつまった。戦車せんしゃ三千、騎兵きへい六千、たみはまべのすなのようにおおかった。かれらはのぼってきて、ベテアベンのひがしのミクマシにじんった。

    6 イスラエルびとは、ひどく圧迫あっぱくされ、味方みかたあやうくなったのをて、ほらあなに、縦穴たてあなに、いわに、はかに、ためいけかくした。

    7 また、あるヘブルびとはヨルダンをわたって、ガドとギレアデのった。しかしサウルはなおギルガルにいて、たみはみな、ふるえながらかれしたがった。

    8 サウルは、サムエルがさだめたように、七日なぬかのあいだったが、サムエルがギルガルにこなかったので、たみかれはなれてってった。

    9 そこでサウルはった、「燔祭はんさい酬恩祭しゅうおんさいをわたしのところってきなさい」。こうしてかれ燔祭はんさいをささげた。

    10 その燔祭はんさいをささげおわると、サムエルがきた。サウルはあいさつをしようと、かれむかえにた。

    11 そのときサムエルはった、「あなたはなにをしたのですか」。サウルはった、「たみはわたしをはなれてってき、あなたはさだまったのうちにこられないのに、ペリシテびとがミクマシにあつまったのをたので、

    12 わたしは、ペリシテびとがいまにも、ギルガルにくだってきて、わたしをおそうかもれないのに、わたしはまだしゅめぐみをもとめることをしていないとおもい、やむを燔祭はんさいをささげました」。

    13 サムエルはサウルにった、「あなたはおろかなことをした。あなたは、あなたのかみしゅめいじられた命令めいれいまもらなかった。もしまもったならば、しゅいまあなたの王国おうこくながくイスラエルのうえ確保かくほされたであろう。

    14 しかしいまは、あなたの王国おうこくつづかないであろう。しゅ自分じぶんこころにかなうひともとめて、そのひとたみきみとなることをめいじられた。あなたがしゅめいじられたことまもらなかったからである」。

    15 こうしてサムエルはって、ギルガルからベニヤミンのギベアにのぼっていった。サウルはともにいるたみかぞえてみたが、おおよそ六百にんあった。

    16 サウルとそのヨナタン、ならびに、ともにいるたみは、ベニヤミンのゲバにおり、ペリシテびとはミクマシにじんっていた。

    17 そしてペリシテびとのじんから三つの部隊ぶたいにわかれた略奪りゃくだつたいてきて、一たいはオフラのほうかって、シュアルのき、

    18 たいはベテホロンのほうかい、一たい荒野あらのほうのゼボイムのたにおろすさかいほうかった。

    19 そのころ、イスラエルのにはどこにも鉄工てっこうがいなかった。ペリシテびとが「ヘブルびとはつるぎも、やりもつくってはならない」とったからである。

    20 ただしイスラエルのひとみな、そのすきざき、くわ、おの、かまにをつけるときは、ペリシテびとのところくだってった。

    21 すきざきと、くわのための料金りょうきんは一ピムであり、おのにをつけるのと、とげのあるむちをなおすのは三ぶんの一シケルであった。

    22 それでこのたたかいのには、サウルおよびヨナタンとともにいたたみには、つるぎもやりもなく、ただサウルとそのヨナタンとがそれをっていた。

    23 ペリシテびとの先陣せんじんはミクマシのわたりにすすた。