サムエル記上12
    脚注
    Theme

    第12章

    1 サムエルはイスラエルの人々ひとびとった、「よ、わたしは、あなたがたの言葉ことばしたがって、あなたがたのうえおうてた。

    2 おういま、あなたがたのまえあゆむ。わたしは年老としおいてかみしろくなった。わたしのらもあなたがたとともにいる。わたしはわかときから、きょうまで、あなたがたのまえあゆんだ。

    3 わたしはここにいる。しゅまえと、そのあぶらそそがれたものまえに、わたしをうったえよ。わたしが、だれのうしったか。だれのろばをったか。だれをあざむいたか。だれをしえたげたか。だれのから、まいないをって、自分じぶんをくらましたか。もしそのようなことがあれば、わたしはそれを、あなたがたにつぐなおう」。

    4 かれらはった、「あなたは、われわれをあざむいたことも、しえたげたこともありません。またひとからなにったことはありません」。

    5 サムエルはかれらにった、「あなたがたが、わたしののうちに、なんの不正ふせいをもいださないことを、しゅはあなたがたにあかしされる。そのあぶらそそがれたものも、きょうそれをあかしする」。かれらはった、「あかしされます」。

    6 サムエルはたみった、「モーセとアロンをてて、あなたがたの先祖せんぞをエジプトのからみちびされたしゅ証人しょうにんです。

    7 それゆえ、あなたがたはいまちなさい。わたしはしゅが、あなたがたとあなたがたの先祖せんぞのためにおこなわれたすべてのすくいのわざについて、しゅまえに、あなたがたとろんじよう。

    8 ヤコブがエジプトにって、エジプトびとが、かれらを、しえたげたとき、あなたがたの先祖せんぞしゅばわったので、しゅはモーセとアロンをつかわされた。そこでかれらは、あなたがたの先祖せんぞをエジプトからみちびして、このところまわせた。

    9 しかし、かれらがそのかみしゅわすれたので、しゅかれらをハゾルのおうヤビンのぐんちょうシセラのわたし、またペリシテびとのとモアブのおうにわたされた。そこでかれらがイスラエルをめたので、

    10 たみしゅばわってった、『われわれはしゅて、バアルとアシタロテにつかえて、つみおかしました。いま、われわれをてきからすくしてください。われわれはあなたにつかえます』。

    11 しゅはエルバアルとバラクとエフタとサムエルをつかわして、あなたがたを周囲しゅういてきからすくされたので、あなたがたはやすらかにむことができた。

    12 ところが、アンモンびとのおうナハシがめてくるのをたとき、あなたがたのかみしゅがあなたがたのおうであるのに、あなたがたはわたしに、『いいえ、われわれをおさめるおうがなければならない』とった。

    13 それゆえ、いまあなたがたのえらんだおう、あなたがたがもとめたおうなさい。しゅはあなたがたのうえおうてられた。

    14 もし、あなたがたがしゅおそれ、しゅつかえて、そのこえしたがい、しゅいましめにそむかず、あなたがたも、あなたがたをおさめるおうともに、あなたがたのかみしゅしたがうならば、それでい。

    15 しかし、もしあなたがたがしゅこえしたがわず、しゅいましめにそむくならば、しゅは、あなたがたとあなたがたのおうめるであろう。

    16 それゆえ、いま、あなたがたはって、しゅが、あなたがたのまえおこなわれる、このおおいなることなさい。

    17 きょうは小麦こむぎかりときではないか。わたしはしゅばわるであろう。そのときしゅかみなりあめくだして、あなたがたがおうもとめて、しゅまえおかしたつみおおいなることをさせ、またらせられるであろう」。

    18 そしてサムエルがしゅばわったので、しゅはそのかみなりあめくだされた。たみみなひじょうにしゅとサムエルとをおそれた。

    19 たみはみなサムエルにった、「しもべらのために、あなたのかみしゅいのって、われわれのなないようにしてください。われわれは、もろもろのつみおかしたうえに、またおうもとめて、あくくわえました」。

    20 サムエルはたみった、「おそれることはない。あなたがたは、このすべてのあくをおこなった。しかししゅしたがうことをやめず、こころをつくしてしゅつかえなさい。

    21 むなしいものまよってってはならない。それは、あなたがたをたすけることもすくうこともできないむなしいものだからである。

    22 しゅは、そのおおいなるのゆえに、そのたみてられないであろう。しゅが、あなたがたを自分じぶんたみとすることをしとされるからである。

    23 また、わたしは、あなたがたのためにいのることをやめてしゅつみおかすことは、けっしてしないであろう。わたしはまたい、ただしいみちを、あなたがたにおしえるであろう。

    24 あなたがたは、ただしゅおそれ、こころをつくして、誠実せいじつしゅつかえなければならない。そしてしゅがどんなにおおきいことをあなたがたのためにされたかをかんがえなければならない。

    25 しかし、あなたがたが、なおもあくおこなうならば、あなたがたも、あなたがたのおうも、ともほろぼされるであろう」。