エテル書 7
    脚注

    第​7​章

    オライハ、​を​もって​おさめる。侵略しんりゃく​と​あらそい​の​なか​で、シュール​の​おうこく​と​コーホル​の​おうこく​が​たがいに​敵対てきたい​して​きずかれる。げんしゃ​たち​が​たみ​の​あく​と​ぐうぞうれいはい​を​なん​し、たみ​は​あらためる。

    1 ​さて、オライハ​は​生涯しょうがい​この​​で​​を​もって​さばき​を​おこない、かれ​の​一生いっしょう​は​じょう​に​ながかった。

    2 ​また、かれ​は​むす​たち​と​むすめ​たち​を​もうけた。すなわち、かれ​は​三十一​にん​の​ども​を​もうけ、その​なか​の​二十三​にん​が​むす​で​あった。

    3 ​そして、かれ​は​としいて​キブ​を​もうけた。そして、キブ​が​かれ​に​わって​とう​し、また​キブ​は​コリホル​を​もうけた。

    4 ​ところが​コリホル​は、三十二​さい​の​とき​に​ちち​に​そむいて、ニーホル​の​​へ​って​んだ。そして​かれ​は、むす​たち​と​むすめ​たち​を​もうけた。ところが、ども​たち​が​じょう​に​うつくしく​なった​ので、コリホル​は​おおく​の​ひと​を​せて​ぶん​に​つかせた。

    5 ​そして​かれ​は、ぐんたい​を​召集しょうしゅう​する​と、おう​の​んで​いた​モロン​の​​へ​のぼって​き、おう​を​らえた。この​こと​に​よって、とらわれ​の​​に​おちいる​で​あろう​と​いう​ヤレド​の​きょうだい​の​こと​が​じつ​と​なった​の​で​あった。

    6 おう​が​んで​いた​モロン​の​​は、ニーファイじん​が​デソレション​と​んで​いる​​に​ちかかった。

    7 ​そして、キブ​は​こうれい​に​なる​まで​とらわれ​の​​で​らし、かれ​の​たみ​も、キブ​の​むす​で​ある​コリホル​の​もと​で​とらわれ​の​​で​あった。それでも​キブ​は、とらわれ​の​じょうたい​に​あり​ながら、としいて​シュール​を​もうけた。

    8 ​さて、シュール​は​あに​の​こと​を​いかった。シュール​は​つよく​なり、体力たいりょく​の​てん​で​も​つよく​なり、また​判断はんだんりょく​も​すぐれた​もの​に​なった。

    9 ​さて、かれ​は​エフライム​の​おか​に​き、その​おか​で​金属きんぞく​を​かし​し、ぶん​に​せて​いた​もの​たち​の​ため​に​はがね​で​つるぎ​を​つくった。そして​かれ​は、つるぎ​で​かれら​を​そう​させて​から、ニーホル​の​まち​に​かえし、あに​の​コリホル​を​めた。その​けっかれ​は​おうこく​を​しゅちゅう​に​おさめ、それ​を​ちち​キブ​に​かえした。

    10 ​すると、シュール​が​この​こと​を​おこなった​ので、ちち​は​おう​を​シュール​に​さずけた。そこで、シュール​は​ちち​に​わって​とう​し​はじめた。

    11 ​そして​かれ​は、​を​もって​さばき​を​おこない、また​たみ​が​じょう​に​おおぜい​に​なった​ので、​の​全面ぜんめん​に​おうこく​の​りょう​を​ひろげた。

    12 ​そして、シュール​も​おおく​の​むすむすめ​を​もうけた。

    13 ​さらに、コリホル​が​かれ​の​おこなった​おおく​の​あく​を​あらためた​ので、シュール​は​かれ​に​おうこくない​で​ちから​を​たせた。

    14 ​さて、コリホル​に​も​おおく​の​むすむすめ​が​おり、むす​たち​の​なか​に​ノア​と​いう​​の​もの​が​いた。

    15 ​さて、ノア​は、おう​の​シュール​と​ちち​コリホル​に​そむいて、きょうだい​コーホル​と​ほか​の​きょうだいぜんいん​と​おおく​の​ひと​を​かた​に​れた。

    16 ​そして​かれ​は、おう​の​シュール​を​めて、かれら​の​さいしょ​の​ぎ​の​​を​​に​れ、この​ほう​を​おさめる​おう​に​なった。

    17 ​そして​かれ​は、また​おう​の​シュール​を​めて​らえ、モロン​に​れ​った。

    18 ​そして、ノア​が​まさに​シュール​を​ころそう​と​した​とき​に、シュール​の​むす​たち​は、よる​に​まぎれて​ノア​の​いえ​に​しのんで​ノア​を​ころし、ろう​の​とびら​を​こわして​ちち​を​した。そして​かれら​は、シュール​を​シュール​しん​の​おうこく​で​おう​に​かせた。

    19 ​また、ノア​の​むす​も​ノア​に​わって​おうこく​を​きずき​げた​が、かれら​は​​と​おう​の​シュール​を​はい​する​勢力せいりょく​を​つ​こと​は​なかった。そして、シュール​おう​の​とう​に​ある​人々ひとびと​は、じょう​に​さかえて​んだ。

    20 ​しかし、くに​は​分割ぶんかつ​され、二つ​の​おうこく、すなわち、シュール​の​おうこく​と、ノア​の​むす​コーホル​の​おうこく​が​あった。

    21 ​ノア​の​むす​コーホル​は、たみ​に​シュール​を​め​させた​が、その​たたかい​で​シュール​は​かれら​を​ち​かして、コーホル​を​ころした。

    22 ​コーホル​に​は、ニムロデ​と​ばれた​むす​が​いた。この​ニムロデ​は、コーホル​の​おうこく​を​シュール​に​ゆずわたし、シュール​の​こう​を​た。その​けっかれ​は​シュール​から​おおいに​てられ、シュール​の​おうこくない​で​ぶん​の​おもい​どおり​の​こと​を​おこなった。

    23 ​また、シュール​の​せい​に、しゅ​から​つかわされた​げんしゃ​たち​が​たみ​の​なか​に​やって​て、たみ​の​あく​と​ぐうぞうれいはい​が​​に​のろい​を​まねいて​おり、もし​あらため​なければ​たみ​は​ほろぼされる​と​げん​した。

    24 ​さて​たみ​は、その​げんしゃ​たち​を​ののしり、あざけった。そこで​シュール​おう​は、げんしゃ​たち​を​ののしった​すべて​の​もの​を​ばっした。

    25 ​また​かれ​は、ぜん​で​ほうりつ​を​こう​し、その​ほうりつ​に​よって​げんしゃ​たち​に、かれら​の​のぞむ​ところ​へ​は​どこ​へ​で​も​ける​権限けんげん​を​あたえた。この​こと​に​よって、たみ​は​あらためる​よう​に​なった。

    26 ​そして​たみ​が、かれら​の​ざいあく​と​ぐうぞうれいはい​を​あらためた​ので、しゅ​は​かれら​を​ゆるされた。そして​かれら​は、ふたたび​​に​さかえ​はじめた。また​シュール​は、としいて​むす​たち​と​むすめ​たち​を​もうけた。

    27 ​シュール​の​だい​に​は、もはや​せんそう​は​なかった。そして​かれ​は、しゅ​が​ぶん​の​せん​の​ため​に​数々かずかず​の​だい​な​こと​を​おこなって、おおいなる​ふかみ​を​わたらせて​せん​を​やくそく​の​​に​みちびいて​くださった​こと​を​おもこし、生涯しょうがい​を​もって​さばき​を​おこなった。