エテル書 15
    脚注

    第​15​章

    すう百万ひゃくまんにん​の​ヤレドじんたたかい​で​ぬ。シズ​と​コリアンタマー、たみ​を​ことごとく​あつめて​決戦けっせん​に​そなえる。しゅ​の​たまたみ​を​はげます​の​を​やめる。ヤレドじん​の​くに​は​完全かんぜん​に​ほろびる。コリアンタマー、ただ​ひとのこる。

    1 ​さて、コリアンタマー​は​きず​が​快復かいふく​する​と、エテル​が​げた​こと​を​おもした。

    2 かれ​は、たみ​が​二百まんにん​ほど​つるぎ​で​ころされた​の​を​て、こころ​の​なか​で​なげいた。また、二百まんにん​の​くっきょう​な​おとこ​だけ​で​なく、かれら​の​さい​も​ころされて​いた。

    3 かれ​は​ぶん​が​これまで​おこなって​きた​あく​を​あらため​はじめ、すべて​の​げんしゃ​たち​の​くち​を​とおして​べられて​きた​こと​を​おもした。かれ​は​これまで​それら​の​げん​が​ことごとく​じょうじゅ​した​の​を​て、なげき​かなしみ、けっして​やすらぐ​こと​は​なかった。

    4 ​そして、かれ​は​シズ​に​がみ​を​き、たみ​の​いのち​を​たすけて​ほしい、そう​すれ​ば​たみ​の​いのち​の​わり​に​おう​を​ゆずろう​と​げた。

    5 ​そこで​シズ​は、コリアンタマー​の​がみ​を​る​と​へん​を​き、もし​コリアンタマー​しん​が​シズ​の​つるぎ​で​ころされる​ため​に​その​​を​わたす​なら​ば、たみ​の​いのち​を​たすける​と​げた。

    6 ​さて、たみ​は​ざいあく​を​あらためなかった。そして、コリアンタマー​の​たみ​は​シズ​の​たみ​に​たいして​いかり​を​かきてられ、シズ​の​たみ​も​コリアンタマー​の​たみ​に​たいして​いかり​を​かきてられた。そこで​シズ​の​たみ​は、コリアンタマー​の​たみ​に​め​かかった。

    7 ​コリアンタマー​は​ぶん​が​まさに​やぶれそう​で​ある​の​を​て、またもや​シズ​の​たみ​の​まえ​から​げた。

    8 ​そして、かれ​は​リプリアンクム​の​う み​に​いた。リプリアンクム​と​は、こうだい​な、すなわち、すべて​を​しのぐ​と​いう​​で​ある。かれら​は​この​う み​に​く​と、てんまく​を​った。シズ​も​また​かれら​の​ちかく​に​てんまく​を​った。そして​よくじつかれら​は​たたかい​に​た。

    9 ​そして、かれら​は​じょう​に​はげしく​たたかい、コリアンタマー​は​また​しょう​し、​を​うしなって​しき​を​なくした。

    10 ​さて、コリアンタマー​の​ぐんたい​は​シズ​の​ぐんたい​を​てて​ち​かし、かれら​を​敗走はいそう​させた。そして、シズ​の​ぐんたい​は​南方なんぽう​に​げて、オーガス​と​ばれた​しょ​に​てんまく​を​った。

    11 ​そして、コリアンタマー​の​ぐんたい​は、ラマ​の​おか​の​ちかく​に​てんまく​を​った。その​おか​は、わたし​の​ちち​モルモン​が​しゅ​に​たくして​神聖しんせい​な​ろく​を​かくした​あの​おか​で​ある。

    12 ​そして​かれら​は、それ​まで​に​ころされなかった​​の​全面ぜんめん​の​たみ​を、エテル​を​のぞいて​ことごとく​あつめた。

    13 ​さて、エテル​は​たみ​の​おこなった​こと​を​すべて​た。かれ​は、コリアンタマー​に​かた​する​もの​が​コリアンタマー​の​ぐんたい​に​あつまり、シズ​に​かた​する​もの​が​シズ​の​ぐんたい​に​あつまる​の​を​た。

    14 かれら​は​四​ねん​の​あいだ​の​おもて​に​いる​すべて​の​もの​を​あつめて、られる​かぎり​の​兵力へいりょく​を​すべて​よう​と、たみ​を​あつめ​つづけた。

    15 ​そして、すべて​の​もの​が​さい​を​ともない、それぞれ​ぶん​の​のぞむ​ぐんたい​に​あつまった。おとこ​も​おんな​も​ども​も、​で​​を​かため、たて​と​むねて​と​かぶと​を​​に​け、たたかい​の​いでたち​で​あつまった。それから​かれら​は、たたかう​ため​に​たがいに​しんぐん​し、一日いちにちじゅうたたかった​が、しょう​が​つかなかった。

    16 ​そして​よる​に​なる​と、かれら​は​つかれ​てて、それぞれ​の​宿しゅくえい​に​げた。そして​かれら​は​宿しゅくえい​に​げた​のちたみ​の​ころされた​もの​たち​の​ため​に​き​さけび、かなしんだ。かれら​の​き​さけび、かなしむ​こえ​は​じょう​に​おおきく、たい​を​はげしく​つんざく​ほど​で​あった。

    17 ​そして​よくじつかれら​は​また​たたかい​に​た。その​​は​大変たいへん​な​おそろしい​​で​あった​が、それでも​しょう​が​つかなかった。そして、また​よる​が​やって​る​と、かれら​は​たみ​の​ころされた​もの​たち​の​ため​に​き​さけび、かなしむ​こえ​が​たい​を​つんざく​ほど​で​あった。

    18 ​そこで​コリアンタマー​は、ふたたび​シズ​に​がみ​を​いて、もう​たたかい​に​て​ない​よう​に、おう​を​ゆずって​よい​ので​たみ​の​いのち​を​たすけて​ほしい​と​げた。

    19 ​しかし​よ、しゅ​の​たま​は​たみ​を​はげます​の​を​やめて​おり、​サタン​が​たみ​の​こころ​を​完全かんぜん​に​はい​して​いた。そして​かれら​は​こころ​を​かたくな​に​し、おもい​を​くらませる​に​まかされ、ほろび​に​いたる​よう​に​された​の​で​ある。そこで​かれら​は、またもや​たたかい​に​て​った。

    20 ​そして、かれら​は​一日いちにちじゅうたたかい、よる​に​なる​と、つるぎ​を​​に​した​まま​ねむった。

    21 よくじつ​も、かれら​は​よる​に​なる​まで​たたかった。

    22 よる​に​なる​と、かれら​は​まるで​ぶどう​しゅ​に​って​いる​もの​の​よう​に、いかり​に​った。そして、また​つるぎ​を​​に​した​まま​ねむった。

    23 ​その​よくじつかれら​は​また​たたかった。そして、よる​に​なった​とき​に​は、五十二​にん​の​コリアンタマー​の​たみ​と​六十九​にん​の​シズ​の​たみ​を​のぞいて、ぜんいん​が​つるぎ​で​たおれて​いた。

    24 ​そして​この​のこった​もの​たち​は、その​よる​も​つるぎ​を​​に​した​まま​ねむり、よくじつふたたび​たたかった。かれら​は​つるぎ​と​たて​を​もって、一日いちにちじゅうちから​の​かぎり​たたかった。

    25 ​そして、よる​に​なった​とき​に​は、シズ​の​たみ​が​三十二​にん​で、コリアンタマー​の​たみ​が​二十七​にん​に​なって​いた。

    26 ​そこで​かれら​は​べて​ねむり、よくじつ​の​​に​そなえた。かれら​は​からだ​の​おおきな、体力たいりょく​の​ある​おとこ​たち​で​あった。

    27 ​そして、かれら​は​三​かんたたかい、​を​うしなって​しき​を​なくした。

    28 ​さて、コリアンタマー​の​へい​たち​は、ちから​を​て​あるける​よう​に​なる​と、いのち​を​しんで​そう​と​した。ところが​よ、シズ​と​かれ​の​へい​たち​は​がり、シズ​は​コリアンタマー​を​ころす、そう​で​なければ​つるぎ​で​ぬ​と、いかって​ちかい​を​てた。

    29 ​その​ため、かれ​は​コリアンタマー​の​たみ​を​いかけて、よくじつかれら​に​いつき、かれら​は​また​つるぎ​で​たたかった。そして、コリアンタマー​と​シズ​を​のぞく​ぜんいん​が​つるぎ​で​たおれた​のちよ、シズ​は​​を​うしなって​しき​を​なくした。

    30 ​そこで​コリアンタマー​は、ぶん​の​つるぎ​に​りかかって​すこし​やすんで​から、シズ​の​くび​を​とした。

    31 ​そして、かれ​が​シズ​の​くび​を​とした​ところ、シズ​は​りょう​で​​を​もたげて​から​たおれ、いき​を​しよう​と​もがいた​のち​に​んだ。

    32 ​そして、​コリアンタマー​も​​に​たおれ、まるで​んだ​もの​の​よう​に​なった。

    33 ​そこで、しゅ​は​エテル​に、「て​き​なさい」と​われた。そして、エテル​は​て​く​と、しゅ​の​こと​が​ことごとく​じょうじゅ​した​の​を​た。そして、かれ​は​ろく​を​き​えて(わたし​は​その​百​ぶん​の​一​も​いて​いない)、それ​を​かくし、のち​に​リムハイ​の​たみ​が​それ​を​はっけん​した​の​で​ある。

    34 ​エテル​の​しるした​さい​の​こと​は、つぎ​の​とおり​で​ある。「しゅ​が​わたし​の​​を​えて​わたし​を​てん​に​うつす​こと​を​のぞまれよう​と、あるいは​わたし​が​にく​に​あって​き​ながらえ、しゅ​の​こころ​に​したがう​こと​を​のぞまれよう​と、わたし​は​かみ​の​おうこく​に​すくわれる​の​で​あれ​ば、それ​は​どう​で​も​よい。アーメン。」

    True