マタイによる福音書9
    脚注
    Theme

    第9章

    1 さて、イエスはふねってうみわたり、自分じぶんまちかえられた。

    2 すると、人々ひとびと中風ちゅうぶものとこうえかせたままでみもとにはこんできた。イエスはかれらの信仰しんこうて、中風ちゅうぶものに、「よ、しっかりしなさい。あなたのつみはゆるされたのだ」とわれた。

    3 すると、ある律法りっぽう学者がくしゃたちがこころなかった、「このひとかみけがしている」。

    4 イエスはかれらのかんがえを見抜みぬいて、「なぜ、あなたがたはこころなかわるいことをかんがえているのか。

    5 あなたのつみはゆるされた、とうのと、きてあるけ、とうのと、どちらがたやすいか。

    6 しかし、ひと地上ちじょうつみをゆるす権威けんいをもっていることが、あなたがたにわかるために」とい、中風ちゅうぶものにむかって、「きよ、とこりあげていえかえれ」とわれた。

    7 するとかれきあがり、いえかえってった。

    8 群衆ぐんしゅうはそれをおそれ、こんなおおきな権威けんいひとにおあたえになったかみをあがめた。

    9 さてイエスはそこからすすんでかれ、マタイというひと収税所しゅうぜいしょにすわっているのをて、「わたしにしたがってきなさい」とわれた。するとかれちあがって、イエスにしたがった。

    10 それから、イエスがいえ食事しょくじせきについておられたときのことである。おおくの取税人しゅぜいにん罪人つみびとたちがきて、イエスや弟子でしたちとともにそのせきいていた。

    11 パリサイびとたちはこれをて、弟子でしたちにった、「なぜ、あなたがたの先生せんせいは、取税人しゅぜいにん罪人つみびとなどと食事しょくじともにするのか」。

    12 イエスはこれをいてわれた、「丈夫じょうぶひとには医者いしゃはいらない。いるのは病人びょうにんである。

    13 『わたしがこのむのは、あわれみであって、いけにえではない』とはどういう意味いみか、まなんできなさい。わたしがきたのは、義人ぎじんまねくためではなく、罪人つみびとまねくためである」。

    14 そのとき、ヨハネの弟子でしたちがイエスのところにきてった、「わたしたちとパリサイびとたちとが断食だんじきをしているのに、あなたの弟子でしたちは、なぜ断食だんじきをしないのですか」。

    15 するとイエスはわれた、「婚礼こんれいきゃくは、花婿はなむこ一緒いっしょにいるあいだは、かなしんでおられようか。しかし、花婿はなむこうばられるる。そのときには断食だんじきをするであろう。

    16 だれも、真新まあたらしいぬのぎれで、ふる着物きものにつぎをてはしない。そのつぎきれは着物きものやぶり、そして、やぶれがもっとひどくなるから。

    17 だれも、あたらしいぶどうしゅふるかわぶくろれはしない。もしそんなことをしたら、そのかわぶくろけ、さけながるし、かわぶくろもむだになる。だから、あたらしいぶどうしゅあたらしいかわぶくろれるべきである。そうすれば両方りょうほうともながもちがするであろう」。

    18 これらのことをかれらにはなしておられると、そこにひとりの会堂司かいどうづかさがきて、イエスをはいしてった、「わたしのむすめがただいまにました。しかしおいでになってをそのうえにおいてやってください。そうしたら、むすめかえるでしょう」。

    19 そこで、イエスがってかれについてかれると、弟子でしたちも一緒いっしょった。

    20 するとそのとき、十二年間ねんかんながをわずらっているおんな近寄ちかよってきて、イエスのうしろからみころものふさにさわった。

    21 ころもにさわりさえすれば、なおしていただけるだろう、とこころなかおもっていたからである。

    22 イエスはいて、このおんなわれた、「むすめよ、しっかりしなさい。あなたの信仰しんこうがあなたをすくったのです」。するとこのおんなはそのときに、いやされた。

    23 それからイエスはつかさいえき、ふえきどもやさわいでいる群衆ぐんしゅうわれた。

    24 「あちらへっていなさい。少女しょうじょんだのではない。ねむっているだけである」。すると人々ひとびとはイエスをあざわらった。

    25 しかし、群衆ぐんしゅうそとしたのち、イエスはうちへはいって、少女しょうじょをおりになると、少女しょうじょきあがった。

    26 そして、そのうわさがこの地方ちほう全体ぜんたいにひろまった。

    27 そこからすすんでかれると、ふたりの盲人もうじんが、「ダビデのよ、わたしたちをあわれんでください」とさけびながら、イエスについてきた。

    28 そしてイエスがいえにはいられると、盲人もうじんたちがみもとにきたので、かれらに「わたしにそれができるとしんじるか」とわれた。かれらはった、「しゅよ、しんじます」。

    29 そこで、イエスはかれらのにさわってわれた、「あなたがたの信仰しんこうどおり、あなたがたのになるように」。

    30 するとかれらのひらかれた。イエスはかれらをきびしくいましめてわれた、「だれにもれないようにをつけなさい」。

    31 しかし、かれらはって、その地方ちほう全体ぜんたいにイエスのことをいひろめた。

    32 かれらがくと、人々ひとびと悪霊あくれいにつかれたおしをイエスのところにれてきた。

    33 すると、悪霊あくれいされて、おしがものうようになった。群衆ぐんしゅうおどろいて、「このようなことがイスラエルのなかられたことは、これまで一度いちどもなかった」とった。

    34 しかし、パリサイびとたちはった、「かれは、悪霊あくれいどものかしらによって悪霊あくれいどもをしているのだ」。

    35 イエスは、すべての町々まちまち村々むらむらめぐあるいて、しょ会堂かいどうおしえ、御国みくに福音ふくいんつたえ、あらゆる病気びょうき、あらゆるわずらいをおいやしになった。

    36 また群衆ぐんしゅうもののないひつじのようによわてて、たおれているのをごらんになって、かれらをふかくあわれまれた。

    37 そして弟子でしたちにわれた、「収穫しゅうかくおおいが、はたらびとすくない。

    38 だから、収穫しゅうかくしゅねがって、その収穫しゅうかくのためにはたらびとおくすようにしてもらいなさい」。