マタイによる福音書3
    脚注
    Theme

    第3章

    1 そのころ、バプテスマのヨハネがあらわれ、ユダヤの荒野あらのおしえべてった、

    2 あらためよ、天国てんごくちかづいた」。

    3 預言者よげんしゃイザヤによって、「荒野あらのばわるものこえがする、『しゅみちそなえよ、そのみちすじをまっすぐにせよ』」とわれたのは、このひとのことである。

    4 このヨハネは、らくだのごろもを着物きものにし、こしかわおびをしめ、いなごとみつとを食物しょくもつとしていた。

    5 すると、エルサレムとユダヤ全土ぜんどとヨルダン附近ふきん一帯いったい人々ひとびとが、ぞくぞくとヨハネのところにてきて、

    6 自分じぶんつみ告白こくはくし、ヨルダンがわでヨハネからバプテスマをけた。

    7 ヨハネは、パリサイびとやサドカイびとおおぜいバプテスマをけようとしてきたのをて、かれらにった、「まむしのらよ、せまってきているかみいかりから、おまえたちはのがれられると、だれがおしえたのか。

    8 だから、悔改くいあらためにふさわしいむすべ。

    9 自分じぶんたちのちちにはアブラハムがあるなどと、こころなかおもってもみるな。おまえたちにっておく、かみはこれらのいしころからでも、アブラハムのおこすことができるのだ。

    10 おのがすでにもとにかれている。だから、むすばないはことごとくられて、なかまれるのだ。

    11 わたしは悔改くいあらためのために、みづでおまえたちにバプテスマをさずけている。しかし、わたしのあとからひとはわたしよりもちからのあるかたで、わたしはそのくつをぬがせてあげるうちもない。このかたは、聖霊せいれいとによっておまえたちにバプテスマをおさづけになるであろう。

    12 また、って、むぎをふるいけ、むぎくらおさめ、からはえないてるであろう」。

    13 そのときイエスは、ガリラヤをてヨルダンがわあらわれ、ヨハネのところにきて、バプテスマをけようとされた。

    14 ところがヨハネは、それをおもいとどまらせようとしてった、「わたしこそあなたからバプテスマをけるはずですのに、あなたがわたしのところにおいでになるのですか」。

    15 しかし、イエスはこたえてわれた、「いまけさせてもらいたい。このように、すべてのただしいことを成就じょうじゅするのは、われわれにふさわしいことである」。そこでヨハネはイエスのわれるとおりにした。

    16 イエスはバプテスマをけるとすぐ、みずからがられた。すると、よ、てんひらけ、かみ御霊みたまがはとのように自分じぶんうえくだってくるのを、ごらんになった。

    17 またてんからこえがあってった、「これはわたしのあいする、わたしのこころにかなうものである」。