マタイによる福音書20
    脚注
    Theme

    第20章

    1 天国てんごくは、あるいえ主人しゅじんが、自分じぶんのぶどうえん労働者ろうどうしゃやとうために、けると同時どうじに、かけてくようなものである。

    2 かれ労働者ろうどうしゃたちと、一にち一デナリの約束やくそくをして、かれらをぶどうえんおくった。

    3 それから九ごろにって、人々ひとびと市場いちばなにもせずにっているのをた。

    4 そして、そのひとたちにった、『あなたがたも、ぶどうえんきなさい。相当そうとう賃銀ちんぎんはらうから』。

    5 そこで、かれらはかけてった。主人しゅじんはまた、十二ごろと三ごろとにって、おなじようにした。

    6 ときごろまたくと、まだっている人々ひとびとたので、かれらにった、『なぜ、なにもしないで、一にちぢゅうここにっていたのか』。

    7 かれらが『だれもわたしたちをやとってくれませんから』とこたえたので、その人々ひとびとった、『あなたがたも、ぶどうえんきなさい』。

    8 さて、夕方ゆうがたになって、ぶどうえん主人しゅじん管理人かんりにんった、『労働者ろうどうしゃたちをびなさい。そして、最後さいごにきた人々ひとびとからはじめて順々じゅんじゅん最初さいしょにきた人々ひとびとにわたるように、賃銀ちんぎんはらってやりなさい』。

    9 そこで、五ときごろにやとわれた人々ひとびとがきて、それぞれ一デナリずつもらった。

    10 ところが、最初さいしょ人々ひとびとがきて、もっとおおくもらえるだろうとおもっていたのに、かれらも一デナリずつもらっただけであった。

    11 もらったとき、いえ主人しゅじんにむかって不平ふへいをもらして

    12 った、『この最後さいごものたちは一時間じかんしかはたらかなかったのに、あなたは一にちじゅう、労苦ろうくあつさを辛抱しんぼうしたわたしたちとおなあつかいをなさいました』。

    13 そこでかれはそのひとりにこたえてった、『ともよ、わたしはあなたにたいして不正ふせいをしてはいない。あなたはわたしと一デナリの約束やくそくをしたではないか。

    14 自分じぶん賃銀ちんぎんをもらってきなさい。わたしは、この最後さいごものにもあなたと同様どうようはらってやりたいのだ。

    15 自分じぶんもの自分じぶんがしたいようにするのは、あたりまえではないか。それともわたしが気前きまえよくしているので、ねたましくおもうのか』。

    16 このように、あとのものさきになり、さきものはあとになるであろう」。

    17 さて、イエスはエルサレムへのぼるとき、十二弟子でしをひそかにびよせ、その途中とちゅうかれらにわれた、

    18 よ、わたしたちはエルサレムへのぼってくが、ひと祭司長さいしちょう律法りっぽう学者がくしゃたちのわたされるであろう。かれらはかれ死刑しけい宣告せんこくし、

    19 そしてかれをあざけり、むちち、十字架じゅうじかにつけさせるために、異邦人いほうじんきわたすであろう。そしてかれは三によみがえるであろう」。

    20 そのとき、ゼベダイのらのははが、そのらと一緒いっしょにイエスのもとにきてひざまずき、何事なにごとかをおねがいした。

    21 そこでイエスは彼女かのじょわれた、「なにをしてほしいのか」。彼女かのじょった、「わたしのこのふたりのむすこが、あなたの御国みくにで、ひとりはあなたのみぎに、ひとりはひだりにすわれるように、お言葉ことばをください」。

    22 イエスはこたえてわれた、「あなたがたは、自分じぶんなにもとめているのか、わかっていない。わたしのもうとしているさかずきむことができるか」。かれらは「できます」とこたえた。

    23 イエスはかれらにわれた、「たしかに、あなたがたはわたしのさかずきむことになろう。しかし、わたしのみぎひだりにすわらせることは、わたしのすることではなく、わたしのちちによってそなえられている人々ひとびとだけにゆるされることである」。

    24 にんものはこれをいて、このふたりの兄弟きょうだいたちのことで憤慨ふんがいした。

    25 そこで、イエスはかれらをせてわれた、「あなたがたのっているとおり、異邦人いほうじん支配者しはいしゃたちはそのたみおさめ、またえらひとたちは、そのたみうえ権力けんりょくをふるっている。

    26 あなたがたのあいだではそうであってはならない。かえって、あなたがたのあいだえらくなりたいとおもものは、つかえるひととなり、

    27 あなたがたのあいだでかしらになりたいとおもものは、しもべとならねばならない。

    28 それは、ひとがきたのも、つかえられるためではなく、つかえるためであり、またおおくのひとのあがないとして、自分じぶんいのちあたえるためであるのと、ちょうどおなじである」。

    29 それから、かれらがエリコをったとき、おおぜいの群衆ぐんしゅうがイエスにしたがってきた。

    30 すると、ふたりの盲人もうじんみちばたにすわっていたが、イエスがとおってかれるといて、さけんでった、「しゅよ、ダビデのよ、わたしたちをあわれんでください」。

    31 群衆ぐんしゅうかれらをしかってだまらせようとしたが、かれらはますますさけびつづけてった、「しゅよ、ダビデのよ、わたしたちをあわれんでください」。

    32 イエスはちどまり、かれらをんでわれた、「わたしになにをしてほしいのか」。

    33 かれらはった、「しゅよ、をあけていただくことです」。

    34 イエスはふかくあわれんで、かれらのにさわられた。するとかれらは、たちまちえるようになり、イエスにしたがってった。