マタイによる福音書15
    脚注
    Theme

    第15章

    1 ときに、パリサイびと律法りっぽう学者がくしゃたちとが、エルサレムからイエスのもとにきてった、

    2 「あなたの弟子でしたちは、なぜむかし人々ひとびと言伝いいつたえをやぶるのですか。かれらは食事しょくじときあらっていません」。

    3 イエスはこたえてわれた、「なぜ、あなたがたも自分じぶんたちの言伝いいつたえによって、かみのいましめをやぶっているのか。

    4 かみわれた、『ちちははとをうやまえ』、また『ちちまたはははをののしるものは、かならさだめられる』と。

    5 それだのに、あなたがたは『だれでもちちまたはははにむかって、あなたにさしあげるはずのこのものはそなものです、とえば、

    6 ちちまたはははうやまわなくてもよろしい』とっている。こうしてあなたがたは自分じぶんたちの言伝いいつたえによって、かみことばにしている。

    7 偽善者ぎぜんしゃたちよ、イザヤがあなたがたについて、こういう適切てきせつ預言よげんをしている、

    8 『このたみは、くちさきではわたしをうやまうが、そのこころはわたしからとおはなれている。

    9 人間にんげんのいましめをおしえとしておしえ、無意味むいみにわたしをおがんでいる』」。

    10 それからイエスは群衆ぐんしゅうせてわれた、「いてさとるがよい。

    11 くちにはいるものはひとけがすことはない。かえって、くちからるものがひとけがすのである」。

    12 そのとき、弟子でしたちが近寄ちかよってきてイエスにった、「パリサイびとたちが御言みことばいてつまずいたことを、ごぞんじですか」。

    13 イエスはこたえてわれた、「わたしのてんちちがおえにならなかったものは、みなられるであろう。

    14 かれらをそのままにしておけ。かれらは盲人もうじん手引てびきする盲人もうじんである。もし盲人もうじん盲人もうじん手引てびきするなら、ふたりともあなむであろう」。

    15 ペテロがこたえてった、「そのたとえ説明せつめいしてください」。

    16 イエスはわれた、「あなたがたも、まだわからないのか。

    17 くちにはいってくるものは、みなはらなかにはいり、そして、そとくことをらないのか。

    18 しかし、くちからくものは、こころなかからてくるのであって、それがひとけがすのである。

    19 というのは、わるおもい、すなわち、殺人さつじん姦淫かんいん不品行ふひんこうぬすみ、偽証ぎしょうそしりは、こころなかからてくるのであって、

    20 これらのものがひとけがすのである。しかし、あらわない食事しょくじすることは、ひとけがすのではない」。

    21 さて、イエスはそこをて、ツロとシドンとの地方ちほうかれた。

    22 すると、そこへ、その地方ちほうのカナンのおんなてきて、「しゅよ、ダビデのよ、わたしをあわれんでください。むすめ悪霊あくれいにとりつかれてくるしんでいます」とってさけびつづけた。

    23 しかし、イエスはひとこともおこたえにならなかった。そこで弟子でしたちがみもとにきてねがってった、「このおんなはらってください。さけびながらついてきていますから」。

    24 するとイエスはこたえてわれた、「わたしは、イスラエルのいえうしなわれたひつじ以外いがいものには、つかわされていない」。

    25 しかし、おんな近寄ちかよりイエスをはいしてった、「しゅよ、わたしをおたすけください」。

    26 イエスはこたえてわれた、「子供こどもたちのパンをって小犬こいぬげてやるのは、よろしくない」。

    27 するとおんなった、「しゅよ、お言葉ことばどおりです。でも、小犬こいぬもその主人しゅじん食卓しょくたくからちるパンくずは、いただきます」。

    28 そこでイエスはこたえてわれた、「おんなよ、あなたの信仰しんこうあげたものである。あなたのねがいどおりになるように」。そのときに、むすめはいやされた。

    29 イエスはそこをって、ガリラヤのうみべにき、それからやまのぼってそこにすわられた。

    30 するとおおぜいの群衆ぐんしゅうが、あしなえ、不具者ふぐしゃ盲人もうじん、おし、そのほかおおくの人々ひとびとれてきて、イエスのあしもとにいたので、かれらをおいやしになった。

    31 群衆ぐんしゅうは、おしがものい、不具者ふぐしゃなおり、あしなえがあるき、盲人もうじんえるようになったのをおどろき、そしてイスラエルのかみをほめたたえた。

    32 イエスは弟子でしたちをせてわれた、「この群衆ぐんしゅうがかわいそうである。もう三日間かかんもわたしと一緒いっしょにいるのに、なにべるものがない。しかし、かれらを空腹くうふくのままでかえらせたくはない。おそらく途中とちゅうよわってしまうであろう」。

    33 弟子でしたちはった、「荒野あらのなかで、こんなにおおぜいの群衆ぐんしゅうにじゅうぶんべさせるほどたくさんのパンを、どこでれましょうか」。

    34 イエスは弟子でしたちに「パンはいくつあるか」とたずねられると、「七つあります。またちいさいうおすこしあります」とこたえた。

    35 そこでイエスは群衆ぐんしゅうに、にすわるようにとめいじ、

    36 七つのパンとうおとをり、感謝かんしゃしてこれをさき、弟子でしたちにわたされ、弟子でしたちはこれを群衆ぐんしゅうにわけた。

    37 一同いちどうものべて満腹まんぷくした。そしてのこったパンくずをあつめると、七つのかごにいっぱいになった。

    38 べたものは、おんな子供こどもとをのぞいて四千にんであった。

    39 そこでイエスは群衆ぐんしゅう解散かいさんさせ、ふねってマガダンの地方ちほうかれた。