マタイによる福音書6
    脚注
    Theme

    第6章

    1 自分じぶんを、られるためにひとまえおこなわないように、注意ちゅういしなさい。もし、そうしないと、てんにいますあなたがたのちちからむくいをけることがないであろう。

    2 だから、ほどこしをするときには、偽善者ぎぜんしゃたちがひとにほめられるため会堂かいどうまちなかでするように、自分じぶんまえでラッパをきならすな。よくっておくが、かれらはそのむくいをけてしまっている。

    3 あなたはほどこしをする場合ばあいみぎのしていることをひだりらせるな。

    4 それは、あなたのするほどこしがかくれているためである。すると、かくれたことておられるあなたのちちは、むくいてくださるであろう。

    5 またいのときには、偽善者ぎぜんしゃたちのようにするな。かれらはひとせようとして、会堂かいどう大通おおどおりのつじにっていのることをこのむ。よくっておくが、かれらはそのむくいをけてしまっている。

    6 あなたはいのとき自分じぶんのへやにはいり、じて、かくれたところにおいでになるあなたのちちいのりなさい。すると、かくれたことておられるあなたのちちは、むくいてくださるであろう。

    7 また、いの場合ばあい異邦人いほうじんのように、くどくどといのるな。かれらは言葉ことばかずがおおければ、きいれられるものとおもっている。

    8 だから、かれらのまねをするな。あなたがたのちちなるかみは、もとめないさきから、あなたがたに必要ひつようなものはごぞんじなのである。

    9 だから、あなたがたはこういのりなさい、てんにいますわれらのちちよ、御名みながあがめられますように。

    10 御国みくにがきますように。みこころがてんおこなわれるとおり、にもおこなわれますように。

    11 わたしたちのごとの食物しょくもつを、きょうもおあたえください。

    12 わたしたちに負債ふさいのあるものをゆるしましたように、わたしたちの負債ふさいをもおゆるしください。

    13 わたしたちをこころみにわせないで、しきものからおすくいください。

    14 もしも、あなたがたが、人々ひとびとのあやまちをゆるすならば、あなたがたのてんちちも、あなたがたをゆるしてくださるであろう。

    15 もしひとをゆるさないならば、あなたがたのちちも、あなたがたのあやまちをゆるしてくださらないであろう。

    16 また断食だんじきをするときには、偽善者ぎぜんしゃがするように、陰気いんきかおつきをするな。かれらは断食だんじきをしていることをひとせようとして、自分じぶんかお見苦みぐるしくするのである。よくっておくが、かれらはそのむくいをけてしまっている。

    17 あなたがたは断食だんじきをするときには、自分じぶんあたまあぶらり、かおあらいなさい。

    18 それは断食だんじきをしていることがひとれないで、かくれたところにおいでになるあなたのちちられるためである。すると、かくれたことておられるあなたのちちは、むくいてくださるであろう。

    19 あなたがたは自分じぶんのために、むしい、さびがつき、また、盗人ぬすびとらがってぬすすような地上ちじょうに、たからをたくわえてはならない。

    20 むしろ自分じぶんのため、むしわず、さびもつかず、また、盗人ぬすびとらがってぬすすこともないてんに、たからをたくわえなさい。

    21 あなたのたからのあるところには、こころもあるからである。

    22 はからだのあかりである。だから、あなたのんでおれば、全身ぜんしんあかるいだろう。

    23 しかし、あなたのわるければ、全身ぜんしんくらいだろう。だから、もしあなたのうちなるひかりくらければ、そのくらさは、どんなであろう。

    24 だれも、ふたりの主人しゅじんつかえることはできない。一方いっぽうにくんで他方たほうあいし、あるいは、一方いっぽうしたしんで他方たほうをうとんじるからである。あなたがたは、かみとみとにつかえることはできない。

    25 それだから、あなたがたにっておく。なにべようか、なにもうかと、自分じぶんいのちのことでおもいわずらい、なにようかと自分じぶんのからだのことでおもいわずらうな。いのち食物しょくもつにまさり、からだは着物きものにまさるではないか。

    26 そらとりるがよい。まくことも、ることもせず、くらりいれることもしない。それだのに、あなたがたのてんちちかれらをやしなっていてくださる。あなたがたはかれらよりも、はるかにすぐれたものではないか。

    27 あなたがたのうち、だれがおもいわずらったからとて、自分じぶん寿命じゅみょうをわずかでもばすことができようか。

    28 また、なぜ、着物きもののことでおもいわずらうのか。はながどうしてそだっているか、かんがえてるがよい。はたらきもせず、つむぎもしない。

    29 しかし、あなたがたにうが、栄華えいがをきわめたときのソロモンでさえ、このはなの一つほどにも着飾きかざってはいなかった。

    30 きょうはえていて、あすはれられるくさでさえ、かみはこのようによそおってくださるのなら、あなたがたに、それ以上いじょうよくしてくださらないはずがあろうか。ああ、信仰しんこううすものたちよ。

    31 だから、なにべようか、なにもうか、あるいはなにようかとっておもいわずらうな。

    32 これらのものはみな、異邦人いほうじんせつもとめているものである。あなたがたのてんちちは、これらのものが、ことごとくあなたがたに必要ひつようであることをごぞんじである。

    33 まずかみくにかみとをもとめなさい。そうすれば、これらのものは、すべてえてあたえられるであろう。

    34 だから、あすのことをおもいわずらうな。あすのことは、あす自身じしんおもいわずらうであろう。一にち苦労くろうは、そのにちだけで十分じゅうぶんである。