聖典
マタイによる福音書18
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第18章

1 そのとき、弟子でしたちがイエスのもとにきてった、「いったい、天国てんごくではだれがいちばんえらいのですか」。

2 すると、イエスはおさせ、かれらのまんなかたせてわれた、

3 「よくきなさい。こころをいれかえておさのようにならなければ、天国てんごくにはいることはできないであろう。

4 このおさのように自分じぶんひくくするものが、天国てんごくでいちばんえらいのである。

5 また、だれでも、このようなひとりのおさを、わたしののゆえにけいれるものは、わたしをけいれるのである。

6 しかし、わたしをしんずるこれらのちいさいもののひとりをつまずかせるものは、おおきなひきうすをくびにかけられてうみふかみにしずめられるほうが、そのひとえきになる。

7 このは、つみ誘惑ゆうわくがあるから、わざわいである。つみ誘惑ゆうわくかならる。しかし、それをきたらせるひとは、わざわいである。

8 もしあなたの片手かたてまたは片足かたあしが、つみおかさせるなら、それをっててなさい。両手りょうて両足りょうあしがそろったままで、永遠えいえんまれるよりは、片手かたて片足かたあしになっていのちはいほうがよい。

9 もしあなたの片目かためつみおかさせるなら、それをしててなさい。りょうがんがそろったままで地獄じごくれられるよりは、片目かためになっていのちはいほうがよい。

10 あなたがたは、これらのちいさいもののひとりをもかろんじないように、をつけなさい。あなたがたにうが、かれらの御使みつかいたちはてんにあって、てんにいますわたしのちちのみかおをいつもあおいでいるのである。

11 ひとは、ほろびるものすくうためにきたのである。〕

12 あなたがたはどうおもうか。あるひとに百ぴきひつじがあり、そのなかの一ぴきまよたとすれば、九十九ひきやまのこしておいて、そのまよているひつじさがしにかけないであろうか。

13 もしそれをつけたなら、よくきなさい、まよわないでいる九十九ひきのためよりも、むしろその一ぴきのためによろこぶであろう。

14 そのように、これらのちいさいもののひとりがほろびることは、てんにいますあなたがたのちちのみこころではない。

15 もしあなたの兄弟きょうだいつみおかすなら、って、かれとふたりだけのところ忠告ちゅうこくしなさい。もしいてくれたら、あなたの兄弟きょうだいたことになる。

16 もしいてくれないなら、ほかにひとりふたりを、一緒いっしょれてきなさい。それは、ふたりまたは三にん証人しょうにんくちによって、すべてのことがらがたしかめられるためである。

17 もしかれらのうことをかないなら、教会きょうかいもうなさい。もし教会きょうかいうこともかないなら、そのひと異邦人いほうじんまたは取税人しゅぜいにん同様どうようあつかいなさい。

18 よくっておく。あなたがたが地上ちじょうでつなぐことは、てんでもみなつながれ、あなたがたが地上ちじょうくことは、てんでもみなかれるであろう。

19 また、よくっておく。もしあなたがたのうちのふたりが、どんなねがごとについても地上ちじょうこころわせるなら、てんにいますわたしのちちはそれをかなえてくださるであろう。

20 ふたりまたは三にんが、わたしのによってあつまっているところには、わたしもそのなかにいるのである」。

21 そのとき、ペテロがイエスのもとにきてった、「しゅよ、兄弟きょうだいがわたしにたいしてつみおかした場合ばあいいくたびゆるさねばなりませんか。七たびまでですか」。

22 イエスはかれわれた、「わたしは七たびまでとはわない。七たびを七十ばいするまでにしなさい。

23 それだから、天国てんごくおうしもべたちと決算けっさんをするようなものだ。

24 決算けっさんはじまると、一万タラントの負債ふさいのあるものが、おうのところにれられてきた。

25 しかし、かえせなかったので、主人しゅじんは、そのひと自身じしんとその妻子さいしもの全部ぜんぶとをってかえすようにめいじた。

26 そこで、このしもべはひれして哀願あいがんした、『どうぞおちください。全部ぜんぶかえしいたしますから』。

27 しもべ主人しゅじんはあわれにおもって、かれをゆるし、その負債ふさいめんじてやった。

28 そのしもべくと、百デナリをしているひとりの仲間なかま出会であい、かれをつかまえ、くびをしめて『借金しゃっきんかえせ』とった。

29 そこでこの仲間なかまはひれし、『どうかってくれ。かえすから』とってたのんだ。

30 しかし承知しょうちせずに、そのひとをひっぱってって、借金しゃっきんかえすまでごくれた。

31 そのひと仲間なかまたちは、この様子ようすて、非常ひじょうこころをいため、ってそのことをのこらず主人しゅじんはなした。

32 そこでこの主人しゅじんかれびつけてった、『わるしもべ、わたしにねがったからこそ、あの負債ふさい全部ぜんぶゆるしてやったのだ。

33 わたしがあわれんでやったように、あの仲間なかまをあわれんでやるべきではなかったか』。

34 そして主人しゅじん立腹りっぷくして、負債ふさい全部ぜんぶかえしてしまうまで、かれ獄吏ごくりきわたした。

35 あなたがためいめいも、もしこころから兄弟きょうだいをゆるさないならば、わたしのてんちちもまたあなたがたにたいして、そのようになさるであろう」。