マタイによる福音書13
    脚注
    Theme

    第13章

    1 その、イエスはいえて、うみべにすわっておられた。

    2 ところが、おおぜいの群衆ぐんしゅうがみもとにあつまったので、イエスはふねってすわられ、群衆ぐんしゅうはみなきしっていた。

    3 イエスはたとえおおくのことかたり、こうわれた、「よ、たねまきがたねをまきにった。

    4 まいているうちに、みちばたにちたたねがあった。すると、とりがきてべてしまった。

    5 ほかのたねつちうす石地いしじちた。そこはつちふかくないので、すぐしたが、

    6 のぼるとけて、がないためにれてしまった。

    7 ほかのたねはいばらのちた。すると、いばらがびて、ふさいでしまった。

    8 ほかのたねちてむすび、あるものは百ばい、あるものは六十ばい、あるものは三十ばいにもなった。

    9 みみのあるものくがよい」。

    10 それから、弟子でしたちがイエスに近寄ちかよってきてった、「なぜ、かれらにたとえでおはなしになるのですか」。

    11 そこでイエスはこたえてわれた、「あなたがたには、天国てんごく奥義おくぎることがゆるされているが、かれらにはゆるされていない。

    12 おおよそ、っているひとあたえられて、いよいよゆたかになるが、っていないひとは、っているものまでもげられるであろう。

    13 だから、かれらにはたとえかたるのである。それはかれらが、てもず、いてもかず、またさとらないからである。

    14 こうしてイザヤのった預言よげんが、かれらのうえ成就じょうじゅしたのである。『あなたがたはくにはくが、けっしてさとらない。るにはるが、けっしてみとめない。

    15 このたみこころにぶくなり、そのみみきこえにくく、そのじている。それは、かれらがず、みみかず、こころさとらず、あらためていやされることがないためである』。

    16 しかし、あなたがたのており、みみいているから、さいわいである。

    17 あなたがたによくっておく。おおくの預言者よげんしゃ義人ぎじんは、あなたがたのていることをようと熱心ねっしんねがったが、ることができず、またあなたがたのいていることをこうとしたが、けなかったのである。

    18 そこで、たねまきのたとえきなさい。

    19 だれでも御国みくにことばいてさとらないならば、わるものがきて、そのひとこころにまかれたものをうばいとってく。みちばたにまかれたものというのは、そういうひとのことである。

    20 石地いしじにまかれたものというのは、御言みことばくと、すぐによろこんでけるひとのことである。

    21 そのなかがないので、しばらくつづくだけであって、御言みことばのために困難こんなん迫害はくがいおこってくると、すぐつまずいてしまう。

    22 また、いばらのなかにまかれたものとは、御言みことばくが、こころづかいととみまどわしとが御言みことばをふさぐので、むすばなくなるひとのことである。

    23 また、にまかれたものとは、御言みことばいてさとひとのことであって、そういうひとむすび、百ばい、あるいは六十ばい、あるいは三十ばいにもなるのである」。

    24 また、ほかのたとえかれらにしめしてわれた、「天国てんごくは、たね自分じぶんはたけにまいておいたひとのようなものである。

    25 人々ひとびとねむっているあいだてきがきて、むぎなかどくむぎをまいてった。

    26 がはえむすぶと、同時どうじどくむぎもあらわれてきた。

    27 しもべたちがきて、いえ主人しゅじんった、『ご主人様しゅじんさまはたけにおまきになったのは、たねではありませんでしたか。どうしてどくむぎがはえてきたのですか』。

    28 主人しゅじんった、『それはてきのしわざだ』。するとしもべたちがった『ではって、それをあつめましょうか』。

    29 かれった、『いや、どくむぎあつめようとして、むぎ一緒いっしょくかもれない。

    30 収穫しゅうかくまで、両方りょうほうともそだつままにしておけ。収穫しゅうかくときになったら、ものに、まずどくむぎあつめてたばにしてき、むぎほうあつめてくられてくれ、といつけよう』」。

    31 また、ほかのたとえかれらにしめしてわれた、「天国てんごくは、一つぶのからしだねのようなものである。あるひとがそれをとってはたけにまくと、

    32 それはどんなたねよりもちいさいが、成長せいちょうすると、野菜やさいなかでいちばんおおきくなり、そらとりがきて、そのえだ宿やどるほどのになる」。

    33 またほかのたとえかれらにかたられた、「天国てんごくは、パンたねのようなものである。おんながそれをって三こななかぜると、全体ぜんたいがふくらんでくる」。

    34 イエスはこれらのことをすべて、たとえ群衆ぐんしゅうかたられた。たとえによらないでは何事なにごとかれらにかたられなかった。

    35 これは預言者よげんしゃによってわれたことが、成就じょうじゅするためである、「わたしはくちひらいてたとえかたり、はじめからかくされていることをかたそう」。

    36 それからイエスは、群衆ぐんしゅうをあとにのこしていえにはいられた。すると弟子でしたちは、みもとにきてった、「はたけどくむぎたとえ説明せつめいしてください」。

    37 イエスはこたえてわれた、「たねをまくものは、ひとである。

    38 はたけ世界せかいである。たねうのは御国みくにたちで、どくむぎわるものたちである。

    39 それをまいたてき悪魔あくまである。収穫しゅうかくとはおわりのことで、もの御使みつかいたちである。

    40 だから、どくむぎあつめられてかれるように、おわりにもそのとおりになるであろう。

    41 ひとはその使つかいたちをつかわし、つまずきとなるものと不法ふほうおこなものとを、ことごとく御国みくにからとりあつめて、

    42 れさせるであろう。そこではさけんだり、がみをしたりするであろう。

    43 そのとき、義人ぎじんたちはかれらのちち御国みくにで、太陽たいようのようにかがやきわたるであろう。みみのあるものくがよい。

    44 天国てんごくは、はたけかくしてあるたからのようなものである。ひとがそれをつけるとかくしておき、よろこびのあまり、ってものをみなりはらい、そしてそのはたけうのである。

    45 また天国てんごくは、真珠しんじゅさがしている商人しょうにんのようなものである。

    46 高価こうか真珠しんじゅいだすと、ってものをみなりはらい、そしてこれをうのである。

    47 また天国てんごくは、うみにおろして、あらゆる種類しゅるいうおかこみいれるあみのようなものである。

    48 それがいっぱいになるときしげ、そしてすわって、いのをうつわれ、わるいのをそとてるのである。

    49 おわりにも、そのとおりになるであろう。すなわち、御使みつかいたちがきて、義人ぎじんのうちから悪人あくにんをえりけ、

    50 そしてげこむであろう。そこではさけんだり、がみをしたりするであろう。

    51 あなたがたは、これらのことがみなわかったか」。かれらは「わかりました」とこたえた。

    52 そこで、イエスはかれらにわれた、「それだから、天国てんごくのことをまなんだ学者がくしゃは、あたらしいものとふるいものとを、そのくらから一家いっか主人しゅじんのようなものである」。

    53 イエスはこれらのたとえかたえてから、そこをられた。

    54 そして郷里きょうりき、会堂かいどう人々ひとびとおしえられたところ、かれらはおどろいてった、「このひとは、この知恵ちえとこれらのちからあるわざとを、どこでならってきたのか。

    55 このひと大工だいくではないか。はははマリヤといい、兄弟きょうだいたちは、ヤコブ、ヨセフ、シモン、ユダではないか。

    56 またその姉妹しまいたちもみな、わたしたちと一緒いっしょにいるではないか。こんな数々かずかずのことを、いったい、どこでならってきたのか」。

    57 こうして人々ひとびとはイエスにつまずいた。しかし、イエスはわれた、「預言者よげんしゃは、自分じぶん郷里きょうり自分じぶんいえ以外いがいでは、どこででもうやまわれないことはない」。

    58 そしてかれらの信仰しんこうのゆえに、そこではちからあるわざを、あまりなさらなかった。