マタイによる福音書28
    脚注
    Theme

    第28章

    1 さて、安息日あんそくにちおわって、しゅうはじめのがたに、マグダラのマリヤとほかのマリヤとが、はかにきた。

    2 すると、おおきな地震じしんおこった。それはしゅ使つかいてんからくだって、そこにきていしをわきへころがし、そのうえにすわったからである。

    3 その姿すがたはいなずまのようにかがやき、そのころもゆきのように真白まっしろであった。

    4 見張みはりをしていたひとたちは、おそろしさのあまふるえあがって、死人しにんのようになった。

    5 この御使みつかいおんなたちにむかってった、「おそれることはない。あなたがたが十字架じゅうじかにおかかりになったイエスをさがしていることは、わたしにわかっているが、

    6 もうここにはおられない。かねてわれたとおりに、よみがえられたのである。さあ、イエスがおさめられていた場所ばしょをごらんなさい。

    7 そして、いそいでって、弟子でしたちにこうつたえなさい、『イエスは死人しにんなかからよみがえられた。よ、あなたがたよりさきにガリラヤへかれる。そこでおいできるであろう』。あなたがたに、これだけっておく」。

    8 そこでおんなたちはおそれながらもおおよろこびで、いそいではかり、弟子でしたちにらせるためにはしってった。

    9 すると、イエスはかれらに出会であって、「平安へいあんあれ」とわれたので、かれらは近寄ちかよりイエスのみあしをいだいてはいした。

    10 そのとき、イエスはかれらにわれた、「おそれることはない。って兄弟きょうだいたちに、ガリラヤにけ、そこでわたしにえるであろう、とげなさい」。

    11 おんなたちがおこなっているあいだに、番人ばんにんのうちのある人々ひとびとみやこかえって、いっさいの出来事できごと祭司長さいしちょうたちにはなした。

    12 祭司長さいしちょうたちは長老ちょうろうたちとあつまって協議きょうぎをこらし、兵卒へいそつたちにたくさんのかねあたえてった、

    13 「『弟子でしたちが夜中よなかにきて、われわれのているあいだかれぬすんだ』とえ。

    14 万一まんいちこのことが総督そうとくみみにはいっても、われわれが総督そうとくいて、あなたがたに迷惑めいわくからないようにしよう」。

    15 そこで、かれらはかねって、おしえられたとおりにした。そしてこのはなしは、今日きょういたるまでユダヤじんあいだにひろまっている。

    16 さて、十一にん弟子でしたちはガリラヤにって、イエスがかれらにくようにめいじられたやまのぼった。

    17 そして、イエスにってはいした。しかし、うたがものもいた。

    18 イエスはかれらにちかづいてきてわれた、「わたしは、てんにおいてもにおいても、いっさいの権威けんいさづけられた。

    19 それゆえに、あなたがたはって、すべての国民こくみん弟子でしとして、ちち聖霊せいれいとのによって、かれらにバプテスマをほどこし、

    20 あなたがたにめいじておいたいっさいのことをまもるようにおしえよ。よ、わたしはおわりまで、いつもあなたがたとともにいるのである」。