マタイによる福音書22
    脚注
    Theme

    第22章

    1 イエスはまた、たとえかれらにかたってわれた、

    2 天国てんごくは、ひとりのおうがその王子おうじのために、こんえんもよおすようなものである。

    3 おうはそのしもべたちをつかわして、このこんえんまねかれていたひとたちをばせたが、そのひとたちはこようとはしなかった。

    4 そこでまた、ほかのしもべたちをつかわしてった、『まねかれたひとたちにいなさい。食事しょくじ用意よういができました。うしえたけものもほふられて、すべての用意よういができました。さあ、こんえんにおいでください』。

    5 しかし、かれらはらぬかおをして、ひとりは自分じぶんはたけに、ひとりは自分じぶん商売しょうばいき、

    6 またほかの人々ひとびとは、このしもべたちをつかまえて侮辱ぶじょくくわえたうえころしてしまった。

    7 そこでおう立腹りっぷくし、軍隊ぐんたいおくってそれらの人殺ひとごろしどもをほろぼし、そのまちはらった。

    8 それからしもべたちにった、『こんえん用意よういはできているが、まねかれていたのは、ふさわしくない人々ひとびとであった。

    9 だから、まち大通おおどおりにって、出会であったひとはだれでもこんえんれてきなさい』。

    10 そこで、しもべたちはみちって、出会であひとは、悪人あくにんでも善人ぜんにんでもみなあつめてきたので、こんえんせききゃくでいっぱいになった。

    11 おうきゃくむかえようとしてはいってきたが、そこに礼服れいふくをつけていないひとりのひとて、

    12 かれった、『ともよ、どうしてあなたは礼服れいふくをつけないで、ここにはいってきたのですか』。しかし、かれだまっていた。

    13 そこで、おうはそばのものたちにった、『このもの手足てあしをしばって、そとくらやみにほうりせ。そこでさけんだり、がみをしたりするであろう』。

    14 まねかれるものおおいが、えらばれるものすくない」。

    15 そのときパリサイびとたちがきて、どうかしてイエスを言葉ことばのわなにかけようと、相談そうだんをした。

    16 そして、かれらの弟子でしを、ヘロデとうものたちとともに、イエスのもとにつかわしてわせた、「先生せんせい、わたしたちはあなたが真実しんじつなかたであって、真理しんりもとづいてかみみちおしえ、また、ひとへだてをしないで、だれをもはばかられないことをっています。

    17 それで、あなたはどうおもわれますか、こたえてください。カイザルに税金ぜいきんおさめてよいでしょうか、いけないでしょうか」。

    18 イエスはかれらの悪意あくいってわれた、「偽善者ぎぜんしゃたちよ、なぜわたしをためそうとするのか。

    19 ぜいおさめる貨幣かへいせなさい」。かれらはデナリ一つをってきた。

    20 そこでイエスはわれた、「これは、だれの肖像しょうぞう、だれの記号きごうか」。

    21 かれらは「カイザルのです」とこたえた。するとイエスはわれた、「それでは、カイザルのものはカイザルに、かみのものはかみかえしなさい」。

    22 かれらはこれをいて驚嘆きょうたんし、イエスをのこしてった。

    23 復活ふっかつということはないと主張しゅちょうしていたサドカイびとたちが、その、イエスのもとにきて質問しつもんした、

    24 先生せんせい、モーセはこうっています、『もし、あるひとがなくてんだなら、そのおとうとあにつまをめとって、あにのためにをもうけねばならない』。

    25 さて、わたしたちのところに七にん兄弟きょうだいがありました。長男ちょうなんつまをめとったがんでしまい、そしてがなかったので、そのつまおとうとのこしました。

    26 次男じなん三男さんなんも、ついに七にんともおなじことになりました。

    27 最後さいごに、そのおんなにました。

    28 すると復活ふっかつときには、このおんなは、七にんのうちだれのつまなのでしょうか。みんながこのおんなつまにしたのですが」。

    29 イエスはこたえてわれた、「あなたがたは聖書せいしょかみちかららないから、おもちがいをしている。

    30 復活ふっかつときには、かれらはめとったり、とついだりすることはない。かれらはてんにいる御使みつかいのようなものである。

    31 また、死人しにん復活ふっかつについては、かみがあなたがたにわれた言葉ことばんだことがないのか。

    32 『わたしはアブラハムのかみ、イサクのかみ、ヤコブのかみである』といてある。かみんだものかみではなく、きているものかみである」。

    33 群衆ぐんしゅうはこれをいて、イエスのおしえおどろいた。

    34 さて、パリサイびとたちは、イエスがサドカイびとたちをいこめられたといて、一緒いっしょあつまった。

    35 そしてかれらのなかのひとりの律法りっぽう学者がくしゃが、イエスをためそうとして質問しつもんした、

    36 先生せんせい律法りっぽうなかで、どのいましめがいちばん大切たいせつなのですか」。

    37 イエスはわれた、「『こころをつくし、精神せいしんをつくし、おもいをつくして、しゅなるあなたのかみあいせよ』。

    38 これがいちばん大切たいせつな、だい一のいましめである。

    39 だい二もこれと同様どうようである、『自分じぶんあいするようにあなたのとなびとあいせよ』。

    40 これらの二つのいましめに、律法りっぽう全体ぜんたい預言者よげんしゃとが、かかっている」。

    41 パリサイびとたちがあつまっていたとき、イエスはかれらにおたずねになった、

    42 「あなたがたはキリストをどうおもうか。だれのなのか」。かれらは「ダビデのです」とこたえた。

    43 イエスはわれた、「それではどうして、ダビデが御霊みたまかんじてキリストをしゅんでいるのか。

    44 すなわち『しゅはわがしゅおおせになった、あなたのてきをあなたのあしもとにくときまでは、わたしのみぎしていなさい』。

    45 このように、ダビデ自身じしんがキリストをしゅんでいるなら、キリストはどうしてダビデのであろうか」。

    46 イエスにひとことでもこたえうるものは、なかったし、そのからもはや、すすんでイエスに質問しつもんするものも、いなくなった。