マタイによる福音書21
    脚注
    Theme

    第21章

    1 さて、かれらがエルサレムにちかづき、オリブやま沿いのベテパゲにいたとき、イエスはふたりの弟子でしをつかわしてわれた、

    2 こうのむらきなさい。するとすぐ、ろばがつながれていて、ろばがそばにいるのをるであろう。それをいてわたしのところにいてきなさい。

    3 もしだれかが、あなたがたになにったなら、しゅがおようなのです、といなさい。そうえば、すぐわたしてくれるであろう」。

    4 こうしたのは、預言者よげんしゃによってわれたことが、成就じょうじゅするためである。

    5 すなわち、「シオンのむすめげよ、よ、あなたのおうがおいでになる、柔和にゅうわなおかたで、ろばにって、くびきをうろばのって」。

    6 弟子でしたちはって、イエスがおめいじになったとおりにし、

    7 ろばとろばとをいてきた。そしてそのうえ自分じぶんたちの上着うわぎをかけると、イエスはそれにおりになった。

    8 群衆ぐんしゅうのうちおおくのもの自分じぶんたちの上着うわぎみちき、また、ほかのものたちはえだってきてみちいた。

    9 そして群衆ぐんしゅうは、まえものも、あとにしたがものも、ともさけびつづけた、「ダビデのに、ホサナ。しゅ御名みなによってきたるものに、祝福しゅくふくあれ。いとたかところに、ホサナ」。

    10 イエスがエルサレムにはいってかれたとき、町中まちじゅうがこぞってさわち、「これは、いったい、どなただろう」とった。

    11 そこで群衆ぐんしゅうは、「このひとはガリラヤのナザレから預言者よげんしゃイエスである」とった。

    12 それから、イエスはみやにはいられた。そして、みやにわいしていた人々ひとびとをみなし、また両替人りょうがえにんだいや、はとをもの腰掛こしかけをくつがえされた。

    13 そしてかれらにわれた、「『わたしのいえは、いのりいえととなえらるべきである』といてある。それだのに、あなたがたはそれを強盗ごうとうにしている」。

    14 そのときみやにわで、盲人もうじんあしなえがみもとにきたので、かれらをおいやしになった。

    15 しかし、祭司長さいしちょう律法りっぽう学者がくしゃたちは、イエスがなされた不思議ふしぎなわざを、またみやにわで「ダビデのに、ホサナ」とさけんでいる子供こどもたちを立腹りっぷくし、

    16 イエスにった、「あのたちがなにっているのか、おきですか」。イエスはかれらにわれた、「そうだ、いている。あなたがたは『おさのみたちのくちにさんびをそなえられた』とあるのをんだことがないのか」。

    17 それから、イエスはかれらをあとにのこし、みやこてベタニヤにき、そこでごされた。

    18 あさはやくみやこかえるとき、イエスは空腹くうふくをおぼえられた。

    19 そして、みちのかたわらに一ぽんのいちじくのがあるのをて、そこにかれたが、ただのほかはなに見当みあたらなかった。そこでそのにむかって、「いまからのちいつまでも、おまえにはがならないように」とわれた。すると、いちじくのはたちまちれた。

    20 弟子でしたちはこれをて、おどろいてった、「いちじくがどうして、こうすぐにれたのでしょう」。

    21 イエスはこたえてわれた、「よくいておくがよい。もしあなたがたがしんじてうたがわないならば、このいちじくにあったようなことが、できるばかりでなく、このやまにむかって、うごしてうみなかにはいれとっても、そのとおりになるであろう。

    22 また、いのりのとき、しんじてもとめるものは、みなあたえられるであろう」。

    23 イエスがみやにはいられたとき、祭司長さいしちょうたちやたみ長老ちょうろうたちが、そのおしえておられるところにきてった、「なに権威けんいによって、これらのことをするのですか。だれが、そうする権威けんいさづけたのですか」。

    24 そこでイエスはかれらにわれた、「わたしも一つだけたずねよう。あなたがたがそれにこたえてくれたなら、わたしも、なに権威けんいによってこれらのことをするのか、あなたがたにおう。

    25 ヨハネのバプテスマはどこからきたのであったか。てんからであったか、ひとからであったか」。すると、かれらはたがいろんじてった、「もしてんからだとえば、では、なぜかれしんじなかったのか、とイエスはうだろう。

    26 しかし、もしひとからだとえば、群衆ぐんしゅうおそろしい。人々ひとびとがみなヨハネを預言者よげんしゃおもっているのだから」。

    27 そこでかれらは、「わたしたちにはわかりません」とこたえた。すると、イエスがわれた、「わたしもなに権威けんいによってこれらのことをするのか、あなたがたにうまい。

    28 あなたがたはどうおもうか。あるひとにふたりのがあったが、あにのところにってった、『よ、きょう、ぶどうえんってはたらいてくれ』。

    29 するとかれは『おとうさん、まいります』とこたえたが、かなかった。

    30 またおとうとのところにきておなじようにった。かれは『いやです』とこたえたが、あとからこころえて、かけた。

    31 このふたりのうち、どちらがちちのぞみどおりにしたのか」。かれらはった、「あとのものです」。イエスはわれた、「よくきなさい。取税人しゅぜいにん遊女ゆうじょは、あなたがたよりさきかみくににはいる。

    32 というのは、ヨハネがあなたがたのところにきて、みちいたのに、あなたがたはかれしんじなかった。ところが、取税人しゅぜいにん遊女ゆうじょかれしんじた。あなたがたはそれをたのに、あとになっても、こころをいれえてかれしんじようとしなかった。

    33 もう一つのたとえきなさい。あるところに、ひとりのいえ主人しゅじんがいたが、ぶどうえんつくり、かきをめぐらし、そのなかさかぶねのあなり、やぐらをて、それを農夫のうふたちにして、たびかけた。

    34 収穫しゅうかく季節きせつがきたので、そのまえろうとして、しもべたちを農夫のうふのところへおくった。

    35 すると、農夫のうふたちは、そのしもべたちをつかまえて、ひとりをふくろだたきにし、ひとりをころし、もうひとりをいしころした。

    36 またべつに、まえよりもおおくのしもべたちをおくったが、かれらをもおなじようにあしらった。

    37 しかし、最後さいごに、わたしのうやまってくれるだろうとおもって、主人しゅじんはそのかれらのところにつかわした。

    38 すると農夫のうふたちは、そのたがいった、『あれはあとりだ。さあ、これをころして、その財産ざいさんれよう』。

    39 そしてかれをつかまえて、ぶどうえんそとしてころした。

    40 このぶどうえん主人しゅじんかえってきたら、この農夫のうふたちをどうするだろうか」。

    41 かれらはイエスにった、「悪人あくにんどもを、皆殺みなごろしにして、季節きせつごとに収穫しゅうかくおさめるほかの農夫のうふたちに、そのぶどうえんあたえるでしょう」。

    42 イエスはかれらにわれた、「あなたがたは、聖書せいしょでまだんだことがないのか、『いえつくりらのてたいしすみのかしらいしになった。これはしゅがなされたことで、わたしたちのには不思議ふしぎえる』。

    43 それだから、あなたがたにうが、かみくにはあなたがたからげられて、御国みくににふさわしいむすぶような異邦人いほうじんあたえられるであろう。

    44 またそのいしうえちるものくだかれ、それがだれかのうえちかかるなら、そのひとはこなみじんにされるであろう」。

    45 祭司長さいしちょうたちやパリサイびとたちがこのたとえいたとき、自分じぶんたちのことをさしてっておられることをさとったので、

    46 イエスをとらえようとしたが、群衆ぐんしゅうおそれた。群衆ぐんしゅうはイエスを預言者よげんしゃだとおもっていたからである。