マタイによる福音書27
    脚注
    Theme

    第27章

    1 けると、祭司長さいしちょうたち、たみ長老ちょうろうたち一同いちどうは、イエスをころそうとして協議きょうぎをこらしたうえ

    2 イエスをしばってし、総督そうとくピラトにわたした。

    3 そのとき、イエスを裏切うらぎったユダは、イエスがつみさだめられたのを後悔こうかいし、銀貨ぎんか三十まい祭司長さいしちょう長老ちょうろうたちにかえして

    4 った、「わたしはつみのないひとるようなことをして、つみおかしました」。しかしかれらはった、「それは、われわれのったことか。自分じぶん始末しまつするがよい」。

    5 そこで、かれ銀貨ぎんか聖所せいじょんでき、くびをつってんだ。

    6 祭司長さいしちょうたちは、その銀貨ぎんかひろいあげてった、「これは代価だいかだから、みや金庫きんこれるのはよくない」。

    7 そこでかれらは協議きょうぎうえ外国がいこくひと墓地ぼちにするために、そのかね陶器とうきはたけった。

    8 そのために、このはたけ今日きょうまではたけばれている。

    9 こうして預言者よげんしゃエレミヤによってわれた言葉ことばが、成就じょうじゅしたのである。すなわち、「かれらは、をつけられたもの、すなわち、イスラエルのらがをつけたものの代価だいか銀貨ぎんか三十をって、

    10 しゅがおめいじになったように、陶器とうきはたけ代価だいかとして、そのかねあたえた」。

    11 さて、イエスは総督そうとくまえたれた。すると総督そうとくはイエスにたずねてった、「あなたがユダヤじんおうであるか」。イエスは「そのとおりである」とわれた。

    12 しかし、祭司長さいしちょう長老ちょうろうたちがうったえているあいだ、イエスはひとこともおこたえにならなかった。

    13 するとピラトはった、「あんなにまで次々つぎつぎに、あなたに不利ふり証言しょうげんてているのが、あなたにはきこえないのか」。

    14 しかし、総督そうとく非常ひじょう不思議ふしぎおもったほどに、イエスはなにわれても、ひとこともおこたえにならなかった。

    15 さて、まつりのたびごとに、総督そうとく群衆ぐんしゅうねが囚人しゅうじんひとりを、ゆるしてやる慣例かんれいになっていた。

    16 ときに、バラバという評判ひょうばん囚人しゅうじんがいた。

    17 それで、かれらがあつまったとき、ピラトはった、「おまえたちは、だれをゆるしてほしいのか。バラバか、それとも、キリストといわれるイエスか」。

    18 かれらがイエスをきわたしたのは、ねたみのためであることが、ピラトにはよくわかっていたからである。

    19 また、ピラトが裁判さいばんせきについていたとき、そのつまひとかれのもとにつかわして、「あの義人ぎじんには関係かんけいしないでください。わたしはきょうゆめで、あのひとのためにさんざんくるしみましたから」とわせた。

    20 しかし、祭司長さいしちょう長老ちょうろうたちは、バラバをゆるして、イエスをころしてもらうようにと、群衆ぐんしゅうせた。

    21 総督そうとくかれらにむかってった、「ふたりのうち、どちらをゆるしてほしいのか」。かれらは「バラバのほうを」とった。

    22 ピラトはった、「それではキリストといわれるイエスは、どうしたらよいか」。かれらはいっせいに「十字架じゅうじかにつけよ」とった。

    23 しかし、ピラトはった、「あのひとは、いったい、どんな悪事あくじをしたのか」。するとかれらはいっそうはげしくさけんで、「十字架じゅうじかにつけよ」とった。

    24 ピラトはのつけようがなく、かえって暴動ぼうどうになりそうなのをて、みずり、群衆ぐんしゅうまえあらってった、「このひとについて、わたしには責任せきにんがない。おまえたちが自分じぶん始末しまつをするがよい」。

    25 すると、民衆みんしゅう全体ぜんたいこたえてった、「その責任せきにんは、われわれとわれわれの子孫しそんうえにかかってもよい」。

    26 そこで、ピラトはバラバをゆるしてやり、イエスをむちったのち、十字架じゅうじかにつけるためにきわたした。

    27 それから総督そうとく兵士へいしたちは、イエスを官邸かんていれてって、ぜん部隊ぶたいをイエスのまわりにあつめた。

    28 そしてその上着うわぎをぬがせて、あか外套がいとうせ、

    29 また、いばらでかんむりんでそのあたまにかぶらせ、みぎにはあしぼうたせ、それからそのまえにひざまずき、嘲弄ちょうろうして、「ユダヤじんおう、ばんざい」とった。

    30 また、イエスにつばきをかけ、あしぼうりあげてそのあたまをたたいた。

    31 こうしてイエスを嘲弄ちょうろうしたあげく、外套がいとうをはぎってもと上着うわぎせ、それから十字架じゅうじかにつけるためにした。

    32 かれらがくと、シモンというのクレネびと出会であったので、イエスの十字架じゅうじか無理むりわせた。

    33 そして、ゴルゴタ、すなわち、されこうべの、というところにきたとき、

    34 かれらはにがみをまぜたぶどうしゅませようとしたが、イエスはそれをなめただけで、もうとされなかった。

    35 かれらはイエスを十字架じゅうじかにつけてから、くじをいて、その着物きものけ、

    36 そこにすわってイエスのばんをしていた。

    37 そしてそのあたまうえほうに、「これはユダヤじんおうイエス」といた罪状ざいじょうきをかかげた。

    38 同時どうじに、ふたりの強盗ごうとうがイエスと一緒いっしょに、ひとりはみぎに、ひとりはひだりに、十字架じゅうじかにつけられた。

    39 そこをとおりかかったものたちは、あたまりながら、イエスをののしって

    40 った、「神殿しんでんちこわして三のうちにてるものよ。もしかみなら、自分じぶんすくえ。そして十字架じゅうじかからおりてこい」。

    41 祭司長さいしちょうたちもおなじように、律法りっぽう学者がくしゃ長老ちょうろうたちと一緒いっしょになって、嘲弄ちょうろうしてった、

    42 他人たにんすくったが、自分じぶん自身じしんすくうことができない。あれがイスラエルのおうなのだ。いま十字架じゅうじかからおりてみよ。そうしたらしんじよう。

    43 かれかみにたよっているが、かみのおぼしめしがあれば、いますくってもらうがよい。自分じぶんかみだとっていたのだから」。

    44 一緒いっしょ十字架じゅうじかにつけられた強盗ごうとうどもまでも、おなじようにイエスをののしった。

    45 さて、ひるの十二から地上ちじょう全面ぜんめんくらくなって、三およんだ。

    46 そして三ごろに、イエスは大声おおごえさけんで、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」とわれた。それは「わがかみ、わがかみ、どうしてわたしをお見捨みすてになったのですか」という意味いみである。

    47 すると、そこにっていたある人々ひとびとが、これをいてった、「あれはエリヤをんでいるのだ」。

    48 するとすぐ、かれらのうちのひとりがはしって、海綿かいめんり、それにいぶどうしゅふくませてあしぼうにつけ、イエスにませようとした。

    49 ほかの人々ひとびとった、「て、エリヤがかれすくいにるかどうか、ていよう」。

    50 イエスはもう一度いちど大声おおごえさけんで、ついにいきをひきとられた。

    51 するとよ、神殿しんでんまくうえからしたまで真二まっぷたつにけた。また地震じしんがあり、いわけ、

    52 またはかけ、ねむっているおおくの聖徒せいとたちの死体したいかえった。

    53 そしてイエスの復活ふっかつののち、はかからてきて、せいなるみやこにはいり、おおくのひとあらわれた。

    54 百卒長ひゃくそつちょう、およびかれ一緒いっしょにイエスのばんをしていた人々ひとびとは、地震じしんや、いろいろのできごとを非常ひじょうおそれ、「まことに、このひとかみであった」とった。

    55 また、そこにはとおくのほうからているおんなたちもおおくいた。かれらはイエスにつかえて、ガリラヤからしたがってきたひとたちであった。

    56 そのなかには、マグダラのマリヤ、ヤコブとヨセフとのははマリヤ、またゼベダイのたちのははがいた。

    57 夕方ゆうがたになってから、アリマタヤの金持かねもちで、ヨセフというひとがきた。かれもまたイエスの弟子でしであった。

    58 このひとがピラトのところって、イエスのからだの引取ひきとりかたをねがった。そこで、ピラトはそれをわたすようにめいじた。

    59 ヨセフは死体したいって、きれいな亜麻布あまぬのつつみ、

    60 いわってつくったかれあたらしいはかおさめ、そしてはか入口いりぐちおおきいいしをころがしておいて、かえった。

    61 マグダラのマリヤとほかのマリヤとが、はかにむかってそこにすわっていた。

    62 あくる準備じゅんび翌日よくじつであったが、そのに、祭司長さいしちょう、パリサイびとたちは、ピラトのもとにあつまってった、

    63 長官ちょうかん、あのいつわものがまだきていたとき、『三のち自分じぶんはよみがえる』とったのを、おもしました。

    64 ですから、三まではかばんをするように、さしずをしてください。そうしないと、弟子でしたちがきてかれぬすし、『イエスは死人しにんなかから、よみがえった』と、民衆みんしゅういふらすかもれません。そうなると、みんながまえよりも、もっとひどくだまされることになりましょう」。

    65 ピラトはかれらにった、「番人ばんにんがいるから、ってできるかぎり、ばんをさせるがよい」。

    66 そこで、かれらはっていし封印ふういんをし、番人ばんにんいてはかばんをさせた。