聖典
マタイによる福音書4
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第4章

1 さて、イエスは御霊みたまによって荒野あらのみちびかれた。悪魔あくまこころみられるためである。

2 そして、四十にち四十断食だんじきをし、そののち空腹くうふくになられた。

3 するとこころみるものがきてった、「もしあなたがかみであるなら、これらのいしがパンになるようにめいじてごらんなさい」。

4 イエスはこたえてわれた、「『ひとはパンだけできるものではなく、かみくちからる一つ一つのことばきるものである』といてある」。

5 それから悪魔あくまは、イエスをせいなるみやこれてき、みや頂上ちょうじょうたせて

6 った、「もしあなたがかみであるなら、したびおりてごらんなさい。『かみはあなたのために御使みつかいたちにおめいじになると、あなたのあしいしちつけられないように、かれらはあなたをでささえるであろう』といてありますから」。

7 イエスはかれわれた、「『しゅなるあなたのかみこころみてはならない』とまたいてある」。

8 つぎ悪魔あくまは、イエスを非常ひじょうたかやまれてき、こののすべての国々くにぐにとその栄華えいがとをせて

9 った、「もしあなたが、ひれしてわたしをおがむなら、これらのものをみなあなたにあげましょう」。

10 するとイエスはかれわれた、「サタンよ、退しりぞけ。『しゅなるあなたのかみはいし、ただかみにのみつかえよ』といてある」。

11 そこで、悪魔あくまはイエスをはなり、そして、御使みつかいたちがみもとにきてつかえた。

12 さて、イエスはヨハネがとらえられたといて、ガリラヤへ退しりぞかれた。

13 そしてナザレをり、ゼブルンとナフタリとの地方ちほうにあるうみべのまちカペナウムにってまわれた。

14 これは預言者よげんしゃイザヤによってわれたことばが、成就じょうじゅするためである。

15 「ゼブルンの、ナフタリのうみ沿地方ちほう、ヨルダンのこうの異邦人いほうじんのガリラヤ、

16 暗黒あんこくなかんでいるたみおおいなるひかりかげんでいる人々ひとびとに、ひかりがのぼった」。

17 このときからイエスはおしえべはじめてわれた、「あらためよ、天国てんごくちかづいた」。

18 さて、イエスがガリラヤのうみべをあるいておられると、ふたりの兄弟きょうだい、すなわち、ペテロとばれたシモンとその兄弟きょうだいアンデレとが、うみあみっているのをごらんになった。かれらは漁師りょうしであった。

19 イエスはかれらにわれた、「わたしについてきなさい。あなたがたを、人間にんげんをとる漁師りょうしにしてあげよう」。

20 すると、かれらはすぐにあみてて、イエスにしたがった。

21 そこからすすんでかれると、ほかのふたりの兄弟きょうだい、すなわち、ゼベダイのヤコブとその兄弟きょうだいヨハネとが、ちちゼベダイと一緒いっしょに、ふねなかあみつくろっているのをごらんになった。そこでかれらをおまねきになると、

22 すぐふねちちとをおいて、イエスにしたがってった。

23 イエスはガリラヤのぜんめぐあるいて、しょ会堂かいどうおしえ、御国みくに福音ふくいんつたえ、たみなかのあらゆる病気びょうき、あらゆるわずらいをおいやしになった。

24 そこで、その評判ひょうばんはシリヤぜんにひろまり、人々ひとびとがあらゆるやまいにかかっているもの、すなわち、いろいろの病気びょうきくるしみとになやんでいるもの悪霊あくれいにつかれているもの、てんかん、中風ちゅうぶものなどをイエスのところにれてきたので、これらの人々ひとびとをおいやしになった。

25 こうして、ガリラヤ、デカポリス、エルサレム、ユダヤおよびヨルダンのこうから、おびただしい群衆ぐんしゅうがきてイエスにしたがった。