マタイによる福音書2
    脚注
    Theme

    第2章

    1 イエスがヘロデおうだいに、ユダヤのベツレヘムでおうまれになったとき、よ、ひがしからきた博士はかせたちがエルサレムにいてった、

    2 「ユダヤじんおうとしておうまれになったかたは、どこにおられますか。わたしたちはひがしほうでそのほしたので、そのかたをおがみにきました」。

    3 ヘロデおうはこのことをいて不安ふあんかんじた。エルサレムの人々ひとびともみな、同様どうようであった。

    4 そこでおう祭司長さいしちょうたちとたみ律法りっぽう学者がくしゃたちとを全部ぜんぶあつめて、キリストはどこにうまれるのかと、かれらにいただした。

    5 かれらはおうった、「それはユダヤのベツレヘムです。預言者よげんしゃがこうしるしています、

    6 『ユダの、ベツレヘムよ、おまえはユダのきみたちのなかで、けっしてもっとちいさいものではない。おまえのなかからひとりのきみて、わがたみイスラエルの牧者ぼくしゃとなるであろう』」。

    7 そこで、ヘロデはひそかに博士はかせたちをんで、ほしあらわれたときについてくわしくき、

    8 かれらをベツレヘムにつかわしてった、「って、そのおさのことをくわしく調しらべ、つかったらわたしにらせてくれ。わたしもおがみにくから」。

    9 かれらはおううことをいてかけると、よ、かれらが東方とうほうほしが、かれらよりさきすすんで、おさのいるところまでき、そのうえにとどまった。

    10 かれらはそのほして、非常ひじょうよろこびにあふれた。

    11 そして、いえにはいって、ははマリヤのそばにいるおさい、ひれしておがみ、また、たからはこをあけて、黄金おうごん乳香にゅうこう没薬もつやくなどのおくものをささげた。

    12 そして、ゆめでヘロデのところにかえるなとのみげをけたので、みちをとおって自分じぶんくにかえってった。

    13 かれらがかえってったのち、よ、しゅ使つかいゆめでヨセフにあらわれてった、「って、おさとそのははれて、エジプトにげなさい。そして、あなたにらせるまで、そこにとどまっていなさい。ヘロデがおささがして、ころそうとしている」。

    14 そこで、ヨセフはって、よるあいだおさとそのははとをれてエジプトへき、

    15 ヘロデがぬまでそこにとどまっていた。それは、しゅ預言者よげんしゃによって「エジプトからわがした」とわれたことが、成就じょうじゅするためである。

    16 さて、ヘロデは博士はかせたちにだまされたとって、非常ひじょう立腹りっぷくした。そして人々ひとびとをつかわし、博士はかせたちからたしかめたときもとづいて、ベツレヘムとその附近ふきん地方ちほうとにいる二さい以下いかおとこを、ことごとくころした。

    17 こうして、預言者よげんしゃエレミヤによってわれたことが、成就じょうじゅしたのである。

    18 さけおおいなるかなしみのこえがラマできこえた。ラケルはそのらのためになげいた。らがもはやいないので、なぐさめられることさえねがわなかった」。

    19 さて、ヘロデがんだのち、よ、しゅ使つかいがエジプトにいるヨセフにゆめあらわれてった、

    20 って、おさとそのははれて、イスラエルのけ。おさいのちをねらっていた人々ひとびとは、んでしまった」。

    21 そこでヨセフはって、おさとそのははとをれて、イスラエルのかえった。

    22 しかし、アケラオがそのちちヘロデにかわってユダヤをおさめているといたので、そこへくことをおそれた。そしてゆめでみげをけたので、ガリラヤの地方ちほう退しりぞき、

    23 ナザレというまちってんだ。これは預言者よげんしゃたちによって、「かれはナザレびとばれるであろう」とわれたことが、成就じょうじゅするためである。