マタイによる福音書19
    脚注
    Theme

    第19章

    1 イエスはこれらのことをかたえられてから、ガリラヤをってヨルダンのこうのユダヤの地方ちほうかれた。

    2 するとおおぜいの群衆ぐんしゅうがついてきたので、かれらをそこでおいやしになった。

    3 さてパリサイびとたちがちかづいてきて、イエスをこころみようとしてった、「なにかの理由りゆうで、おっとがそのつますのは、さしつかえないでしょうか」。

    4 イエスはこたえてわれた、「あなたがたはまだんだことがないのか。『創造者そうぞうしゃはじめからひとおとこおんなとにつくられ、

    5 そしてわれた、それゆえに、ひと父母ふぼはなれ、そのつまむすばれ、ふたりのもの一体いったいとなるべきである』。

    6 かれらはもはや、ふたりではなく一体いったいである。だから、かみわせられたものを、ひとはなしてはならない」。

    7 かれらはイエスにった、「それでは、なぜモーセは、つま場合ばあいには離縁りえんじょうわたせ、とさだめたのですか」。

    8 イエスがわれた、「モーセはあなたがたのこころが、かたくななので、つますことをゆるしたのだが、はじめからそうではなかった。

    9 そこでわたしはあなたがたにう。不品行ふひんこうのゆえでなくて、自分じぶんつましておんなをめとるものは、姦淫かんいんおこなうのである」。

    10 弟子でしたちはった、「もしつまたいするおっと立場たちばがそうだとすれば、結婚けっこんしないほうがましです」。

    11 するとイエスはかれらにわれた、「その言葉ことばけいれることができるのはすべてのひとではなく、ただそれをさづけられている人々ひとびとだけである。

    12 というのは、はは胎内たいないから独身者どくしんしゃうまれついているものがあり、またほかから独身者どくしんしゃにされたものもあり、また天国てんごくのために、みずからすすんで独身者どくしんしゃとなったものもある。この言葉ことばけられるものは、けいれるがよい」。

    13 そのとき、イエスにをおいていのっていただくために、人々ひとびとおさらをみもとにれてきた。ところが、弟子でしたちはかれらをたしなめた。

    14 するとイエスはわれた、「おさらをそのままにしておきなさい。わたしのところにるのをとめてはならない。天国てんごくはこのようなものくにである」。

    15 そしてかれらのうえにおいてから、そこをってかれた。

    16 すると、ひとりのひとがイエスに近寄ちかよってきてった、「先生せんせい永遠えいえん生命せいめいるためには、どんなよいことをしたらいいでしょうか」。

    17 イエスはわれた、「なぜよいことについてわたしにたずねるのか。よいかたはただひとりだけである。もしいのちはいりたいとおもうなら、いましめをまもりなさい」。

    18 かれった、「どのいましめですか」。イエスはわれた、「『ころすな、姦淫かんいんするな、ぬすむな、偽証ぎしょうてるな。

    19 ちちははとをうやまえ』。また『自分じぶんあいするように、あなたのとなひとあいせよ』」。

    20 この青年せいねんはイエスにった、「それはみなまもってきました。ほかになにりないのでしょう」。

    21 イエスはかれわれた、「もしあなたが完全かんぜんになりたいとおもうなら、かえってあなたのものはらい、まずしい人々ひとびとほどこしなさい。そうすれば、てんたからつようになろう。そして、わたしにしたがってきなさい」。

    22 この言葉ことばいて、青年せいねんかなしみながらった。たくさんの資産しさんっていたからである。

    23 それからイエスは弟子でしたちにわれた、「よくきなさい。んでいるもの天国てんごくにはいるのは、むずかしいものである。

    24 また、あなたがたにうが、んでいるものかみくににはいるよりは、らくだがはりあなとおほうが、もっとやさしい」。

    25 弟子でしたちはこれをいて非常ひじょうおどろいてった、「では、だれがすくわれることができるのだろう」。

    26 イエスはかれらをつめてわれた、「ひとにはそれはできないが、かみにはなんでもできないことはない」。

    27 そのとき、ペテロがイエスにこたえてった、「ごらんなさい、わたしたちはいっさいをてて、あなたにしたがいました。ついては、なにがいただけるでしょうか」。

    28 イエスはかれらにわれた、「よくいておくがよい。あらたまって、ひとがその栄光えいこうにつくときには、わたしにしたがってきたあなたがたもまた、十二のくらいしてイスラエルの十二の部族ぶぞくをさばくであろう。

    29 おおよそ、わたしののために、いえ兄弟きょうだい姉妹しまいちちはは、もしくははたけてたものは、そのいくばいもをけ、また永遠えいえん生命せいめいけつぐであろう。

    30 しかし、おおくのさきものはあとになり、あとのものさきになるであろう。