マタイによる福音書8
    脚注
    Theme

    第8章

    1 イエスがやまをおりになると、おびただしい群衆ぐんしゅうがついてきた。

    2 すると、そのとき、ひとりのらい病人びょうにんがイエスのところにきて、ひれしてった、「しゅよ、みこころでしたら、きよめていただけるのですが」。

    3 イエスはばして、かれにさわり、「そうしてあげよう、きよくなれ」とわれた。すると、らいびょうただちにきよめられた。

    4 イエスはかれわれた、「だれにもはなさないように、注意ちゅういしなさい。ただって、自分じぶんのからだを祭司さいしせ、それから、モーセがめいじたそなものをささげて、人々ひとびと証明しょうめいしなさい」。

    5 さて、イエスがカペナウムにかえってこられたとき、ある百卒長ひゃくそつちょうがみもとにきてうったえてった、

    6 しゅよ、わたしのしもべ中風ちゅうぶでひどくくるしんで、いえています」。

    7 イエスはかれに、「わたしがってなおしてあげよう」とわれた。

    8 そこで百卒長ひゃくそつちょうこたえてった、「しゅよ、わたしの屋根やねしたにあなたをおれする資格しかくは、わたしにはございません。ただ、お言葉ことばください。そうすればしもべはなおります。

    9 わたしも権威けんいしたにあるものですが、わたしのしたにも兵卒へいそつがいまして、ひとりのものに『け』とえばき、ほかのものに『こい』とえばきますし、また、しもべに『これをせよ』とえば、してくれるのです」。

    10 イエスはこれをいて非常ひじょう感心かんしんされ、ついてきた人々ひとびとわれた、「よくきなさい。イスラエルひとなかにも、これほどの信仰しんこうたことがない。

    11 なお、あなたがたにうが、おおくのひとひがしから西にしからきて、天国てんごくで、アブラハム、イサク、ヤコブととも宴会えんかいせきにつくが、

    12 このくにらはそとのやみにされ、そこでさけんだり、がみをしたりするであろう」。

    13 それからイエスは百卒長ひゃくそつちょうに「け、あなたのしんじたとおりになるように」とわれた。すると、ちょうどそのときに、しもべはいやされた。

    14 それから、イエスはペテロのいえにはいってかれ、そのしゅうとめが熱病ねつびょうで、とこについているのをごらんになった。

    15 そこで、そのにさわられると、ねついた。そしておんなきあがってイエスをもてなした。

    16 夕暮ゆうぐれになると、人々ひとびと悪霊あくれいにつかれたものおおぜい、みもとにれてきたので、イエスはみ言葉ことばをもってれいどもをし、病人びょうにんをことごとくおいやしになった。

    17 これは、預言者よげんしゃイザヤによって「かれは、わたしたちのわずらいをけ、わたしたちのやまいうた」とわれた言葉ことば成就じょうじゅするためである。

    18 イエスは、群衆ぐんしゅう自分じぶんのまわりにむらがっているのをて、こうぎしくようにと弟子でしたちにおめいじになった。

    19 するとひとりの律法りっぽう学者がくしゃちかづいてきてった、「先生せんせい、あなたがおいでになるところなら、どこへでもしたがってまいります」。

    20 イエスはそのひとわれた、「きつねにはあながあり、そらとりにはがある。しかし、ひとにはまくらするところがない」。

    21 また弟子でしのひとりがった、「しゅよ、まず、ちちほうむりにかせてください」。

    22 イエスはかれわれた、「わたしにしたがってきなさい。そして、その死人しにんほうむることは、死人しにんまかせておくがよい」。

    23 それから、イエスがふねまれると、弟子でしたちもしたがった。

    24 すると突然とつぜん海上かいじょうはげしい暴風ぼうふうおこって、ふねなみにのまれそうになった。ところが、イエスはねむっておられた。

    25 そこで弟子でしたちはみそばにってきてイエスをおこし、「しゅよ、おたすけください、わたしたちはにそうです」とった。

    26 するとイエスはかれらにわれた、「なぜこわがるのか、信仰しんこううすものたちよ」。それからきあがって、かぜうみとをおしかりになると、おおなぎになった。

    27 かれらはおどろいてった、「このかたはどういうひとなのだろう。かぜうみしたがわせるとは」。

    28 それから、こうぎし、ガダラびとかれると、悪霊あくれいにつかれたふたりのものが、墓場はかばからてきてイエスに出会であった。かれらはえない乱暴らんぼうもので、だれもそのへんみちとおることができないほどであった。

    29 すると突然とつぜんかれらはさけんでった、「かみよ、あなたはわたしどもとなんのかかわりがあるのです。まだそのときではないのに、ここにきて、わたしどもをくるしめるのですか」。

    30 さて、そこからはるかはなれたところに、おびただしいぶたれがってあった。

    31 悪霊あくれいどもはイエスにねがってった、「もしわたしどもをされるのなら、あのぶたれのなかにつかわしてください」。

    32 そこで、イエスが「け」とわれると、かれらはって、ぶたなかへはいりんだ。すると、その全体ぜんたいが、がけからうみへなだれをってくだり、みずなかんでしまった。

    33 ものたちはげてまちき、悪霊あくれいにつかれたものたちのことなど、いっさいをらせた。

    34 すると、町中まちじゅうものがイエスにいにてきた。そして、イエスにうと、この地方ちほうからってくださるようにとたのんだ。