マタイによる福音書17
    脚注
    Theme

    第17章

    1 六日むいかののち、イエスはペテロ、ヤコブ、ヤコブの兄弟きょうだいヨハネだけをれて、たかやまのぼられた。

    2 ところが、かれらのまえでイエスの姿すがたかわり、そのかおのようにかがやき、そのころもひかりのようにしろくなった。

    3 すると、よ、モーセとエリヤがかれらにあらわれて、イエスとかたっていた。

    4 ペテロはイエスにむかってった、「しゅよ、わたしたちがここにいるのは、すばらしいことです。もし、おさしつかえなければ、わたしはここに小屋こやを三つてましょう。一つはあなたのために、一つはモーセのために、一つはエリヤのために」。

    5 かれがまだはなえないうちに、たちまち、かがやくもかれらをおおい、そしてくもなかからこえがした、「これはわたしのあいする、わたしのこころにかなうものである。これにけ」。

    6 弟子でしたちはこれをいて非常ひじょうおそれ、かおせた。

    7 イエスはちかづいてきて、かれらにおいてわれた、「きなさい、おそれることはない」。

    8 かれらがをあげると、イエスのほかには、だれもえなかった。

    9 一同いちどうやまくだってるとき、イエスは「ひと死人しにんなかからよみがえるまでは、いまたことをだれにもはなしてはならない」と、かれらにめいじられた。

    10 弟子でしたちはイエスにおたずねしてった、「いったい、律法りっぽう学者がくしゃたちは、なぜ、エリヤがさきるはずだとっているのですか」。

    11 こたえてわれた、「たしかに、エリヤがきて、万事ばんじもとどおりにあらためるであろう。

    12 しかし、あなたがたにっておく。エリヤはすでにきたのだ。しかし人々ひとびとかれみとめず、自分じぶんかってにかれをあしらった。ひともまた、そのようにかれらからくるしみをけることになろう」。

    13 そのとき、弟子でしたちは、イエスがバプテスマのヨハネのことをわれたのだとさとった。

    14 さてかれらが群衆ぐんしゅうのところにかえると、ひとりのひとがイエスに近寄ちかよってきて、ひざまずいて、った、

    15 しゅよ、わたしのをあわれんでください。てんかんでくるしんでおります。なんなんなかみずなかたおれるのです。

    16 それで、そのをお弟子でしたちのところにれてきましたが、なおしていただけませんでした」。

    17 イエスはこたえてわれた、「ああ、なんという信仰しんこうな、まがった時代じだいであろう。いつまで、わたしはあなたがたと一緒いっしょにおられようか。いつまであなたがたに我慢がまんができようか。そのをここに、わたしのところにれてきなさい」。

    18 イエスがおしかりになると、悪霊あくれいはそのからった。そしてはそのときいやされた。

    19 それから、弟子でしたちがひそかにイエスのもとにきてった、「わたしたちは、どうしてれいせなかったのですか」。

    20 するとイエスはわれた、「あなたがたの信仰しんこうりないからである。よくかせておくが、もし、からしだねつぶほどの信仰しんこうがあるなら、このやまにむかって『ここからあそこにうつれ』とえば、うつるであろう。このように、あなたがたにできないことは、なにもないであろう。

    21 しかし、このたぐいは、いのり断食だんじきとによらなければ、すことはできない〕」。

    22 かれらがガリラヤであつまっていたとき、イエスはわれた、「ひと人々ひとびとにわたされ、

    23 かれらにころされ、そして三によみがえるであろう」。弟子でしたちは非常ひじょうこころをいためた。

    24 かれらがカペナウムにきたとき、みや納入のうにゅうきんあつめるひとたちがペテロのところにきてった、「あなたがたの先生せんせいみや納入のうにゅうきんおさめないのか」。

    25 ペテロは「おさめておられます」とった。そしてかれいえにはいると、イエスからさきはなしかけてわれた、「シモン、あなたはどうおもうか。このおうたちはぜいみつぎをだれからるのか。自分じぶんからか、それとも、ほかのひとたちからか」。

    26 ペテロが「ほかのひとたちからです」とこたえると、イエスはわれた、「それでは、おさめなくてもよいわけである。

    27 しかし、かれらをつまずかせないために、うみって、つりはりをたれなさい。そして最初さいしょにつれたうおをとって、そのくちをあけると、銀貨ぎんかまいつかるであろう。それをとりして、わたしとあなたのためにおさめなさい」。