聖典
マタイによる福音書26
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第26章

1 イエスはこれらの言葉ことばをすべてかたえてから、弟子でしたちにわれた。

2 「あなたがたがっているとおり、ふつかののちには過越すぎこしまつりになるが、ひと十字架じゅうじかにつけられるためにわたされる」。

3 そのとき、祭司長さいしちょうたちやたみ長老ちょうろうたちが、カヤパという大祭司だいさいし中庭なかにわあつまり、

4 策略さくりゃくをもってイエスをとらえてころそうと相談そうだんした。

5 しかしかれらはった、「まつりあいだはいけない。民衆みんしゅうなかさわぎがおこるかもれない」。

6 さて、イエスがベタニヤで、らい病人びょうにんシモンのいえにおられたとき、

7 ひとりのおんなが、高価こうか香油こうゆれてある石膏せっこうのつぼをってきて、イエスに近寄ちかより、食事しょくじせきについておられたイエスのあたま香油こうゆそそぎかけた。

8 すると、弟子でしたちはこれをいきどおってった、「なんのためにこんなむだ使づかいをするのか。

9 それをたかって、まずしいひとたちにほどこすことができたのに」。

10 イエスはそれをいてかれらにわれた、「なぜ、おんなこまらせるのか。わたしによいことをしてくれたのだ。

11 まずしいひとたちはいつもあなたがたと一緒いっしょにいるが、わたしはいつも一緒いっしょにいるわけではない。

12 このおんながわたしのからだにこの香油こうゆそそいだのは、わたしのほうむりの用意よういをするためである。

13 よくきなさい。ぜん世界せかいのどこででも、この福音ふくいんつたえられるところでは、このおんなのしたこと記念きねんとしてかたられるであろう」。

14 ときに、十二弟子でしのひとりイスカリオテのユダというものが、祭司長さいしちょうたちのところにって

15 った、「かれをあなたがたにわたせば、いくらくださいますか」。すると、かれらは銀貨ぎんか三十まいかれ支払しはらった。

16 そのときから、ユダはイエスをきわたそうと、機会きかいをねらっていた。

17 さて、除酵祭じょこうさいだいにちに、弟子でしたちはイエスのもとにきてった、「過越すぎこし食事しょくじをなさるために、わたしたちはどこに用意よういをしたらよいでしょうか」。

18 イエスはわれた、「市内しないにはいり、かねてはなしてあるひとところっていなさい、『先生せんせいが、わたしのときちかづいた、あなたのいえ弟子でしたちと一緒いっしょ過越すぎこしまもろうと、っておられます』」。

19 弟子でしたちはイエスがめいじられたとおりにして、過越すぎこし用意よういをした。

20 夕方ゆうがたになって、イエスは十二弟子でし一緒いっしょ食事しょくじせきにつかれた。

21 そして、一同いちどう食事しょくじをしているときわれた、「とくにあなたがたにっておくが、あなたがたのうちのひとりが、わたしを裏切うらぎろうとしている」。

22 弟子でしたちは非常ひじょう心配しんぱいして、つぎつぎに「しゅよ、まさか、わたしではないでしょう」とした。

23 イエスはこたえてわれた、「わたしと一緒いっしょおなはちれているものが、わたしを裏切うらぎろうとしている。

24 たしかにひとは、自分じぶんについていてあるとおりにってく。しかし、ひと裏切うらぎるそのひとは、わざわいである。そのひとうまれなかったほうが、かれのためによかったであろう」。

25 イエスを裏切うらぎったユダがこたえてった、「先生せんせい、まさか、わたしではないでしょう」。イエスはわれた、「いや、あなただ」。

26 一同いちどう食事しょくじをしているとき、イエスはパンをり、祝福しゅくふくしてこれをさき、弟子でしたちにあたえてわれた、「ってべよ、これはわたしのからだである」。

27 またさかずきり、感謝かんしゃしてかれらにあたえてわれた、「みな、このさかずきからめ。

28 これは、つみのゆるしをさせるようにと、おおくのひとのためにながすわたしの契約けいやくである。

29 あなたがたにっておく。わたしのちちくにであなたがたとともに、あたらしくむそのまでは、わたしは今後こんごけっして、ぶどうのからつくったものをむことをしない」。

30 かれらは、さんびをうたったのち、オリブやまかけてった。

31 そのとき、イエスは弟子でしたちにわれた、「今夜こんや、あなたがたはみなわたしにつまずくであろう。『わたしは羊飼ひつじかいつ。そして、ひつじれはらされるであろう』と、いてあるからである。

32 しかしわたしは、よみがえってから、あなたがたよりさきにガリラヤへくであろう」。

33 するとペテロはイエスにこたえてった、「たとい、みんなのものがあなたにつまずいても、わたしはけっしてつまずきません」。

34 イエスはわれた、「よくあなたにっておく。今夜こんやにわとりまえに、あなたは三わたしをらないとうだろう」。

35 ペテロはった、「たといあなたと一緒いっしょなねばならなくなっても、あなたをらないなどとは、けっしてもうしません」。弟子でしたちもみなおなじようにった。

36 それから、イエスはかれらと一緒いっしょに、ゲツセマネというところかれた。そして弟子でしたちにわれた、「わたしがこうへっていのっているあいだ、ここにすわっていなさい」。

37 そしてペテロとゼベダイのふたりとをれてかれたが、かなしみをもよおしまたなやみはじめられた。

38 そのとき、かれらにわれた、「わたしはかなしみのあまりぬほどである。ここにっていて、わたしと一緒いっしょをさましていなさい」。

39 そしてすこすすんでき、うつぶしになり、いのってわれた、「わがちちよ、もしできることでしたらどうか、このさかずきをわたしかららせてください。しかし、わたしのおもいのままにではなく、みこころのままになさってください」。

40 それから、弟子でしたちのところにきてごらんになると、かれらがねむっていたので、ペテロにわれた、「あなたがたはそんなに、ひとときもわたしと一緒いっしょをさましていることが、できなかったのか。

41 誘惑ゆうわくおちいらないように、をさましていのっていなさい。こころねっしているが、肉体にくたいよわいのである」。

42 また二度目どめって、いのってわれた、「わがちちよ、このさかずきむほかにみちがないのでしたら、どうか、みこころがおこなわれますように」。

43 またきてごらんになると、かれらはまたねむっていた。そのおもくなっていたのである。

44 それでかれらをそのままにして、またって、三度目どめおな言葉ことばいのられた。

45 それから弟子でしたちのところかえってきて、われた、「まだねむっているのか、やすんでいるのか。よ、ときせまった。ひと罪人つみびとらのわたされるのだ。

46 て、さあこう。よ、わたしを裏切うらぎものちかづいてきた」。

47 そして、イエスがまだはなしておられるうちに、そこに、十二弟子でしのひとりのユダがきた。また祭司長さいしちょうたみ長老ちょうろうたちからおくられたおおぜいの群衆ぐんしゅうも、けんぼうとをってかれについてきた。

48 イエスを裏切うらぎったものが、あらかじめかれらに、「わたしの接吻せっぷんするものが、そのひとだ。そのひとをつかまえろ」と合図あいずをしておいた。

49 かれはすぐイエスに近寄ちかより、「先生せんせい、いかがですか」とって、イエスに接吻せっぷんした。

50 しかし、イエスはかれわれた、「ともよ、なんのためにきたのか」。このとき、人々ひとびとすすって、イエスにをかけてつかまえた。

51 すると、イエスと一緒いっしょにいたもののひとりが、ばしてけんき、そして大祭司だいさいししもべりかかって、その片耳かたみみおとした。

52 そこで、イエスはかれわれた、「あなたのけんをもとのところにおさめなさい。けんをとるものはみな、けんほろびる。

53 それとも、わたしがちちねがって、てん使つかいたちを十二軍団ぐんだん以上いじょうも、いまつかわしていただくことができないと、あなたはおもうのか。

54 しかし、それでは、こうならねばならないといてある聖書せいしょ言葉ことばは、どうして成就じょうじゅされようか」。

55 そのとき、イエスは群衆ぐんしゅうわれた、「あなたがたは強盗ごうとうにむかうように、けんぼうってわたしをとらえにきたのか。わたしは毎日まいにちみやですわっておしえていたのに、わたしをつかまえはしなかった。

56 しかし、すべてこうなったのは、預言者よげんしゃたちのいたことが、成就じょうじゅするためである」。そのとき、弟子でしたちはみなイエスを見捨みすててった。

57 さて、イエスをつかまえたひとたちは、大祭司だいさいしカヤパのところにイエスをれてった。そこには律法りっぽう学者がくしゃ長老ちょうろうたちがあつまっていた。

58 ペテロはとおくからイエスについて、大祭司だいさいし中庭なかにわまでき、そのなりゆきをとどけるために、なかにはいって下役したやくどもと一緒いっしょにすわっていた。

59 さて、祭司長さいしちょうたちとぜん議会ぎかいとは、イエスを死刑しけいにするため、イエスに不利ふり偽証ぎしょうもとめようとしていた。

60 そこでおおくの偽証者ぎしょうしゃてきたが、証拠しょうこがあがらなかった。しかし、最後さいごにふたりのものてきて

61 った、「このひとは、わたしはかみみやちこわし、三のちてることができる、といました」。

62 すると、大祭司だいさいしがってイエスにった、「なにこたえないのか。これらの人々ひとびとがあなたにたいして不利ふり証言しょうげんもうてているが、どうなのか」。

63 しかし、イエスはだまっておられた。そこで大祭司だいさいしった、「あなたはかみキリストなのかどうか、けるかみちかってわれわれにこたえよ」。

64 イエスはかれわれた、「あなたのうとおりである。しかし、わたしはっておく。あなたがたは、もなく、ひとちからあるものみぎし、てんくもってるのをるであろう」。

65 すると、大祭司だいさいしはそのころもいてった、「かれかみけがした。どうしてこれ以上いじょう証人しょうにん必要ひつようがあろう。あなたがたはいまこのけがしごといた。

66 あなたがたの意見いけんはどうか」。すると、かれらはこたえてった、「かれあたるものだ」。

67 それから、かれらはイエスのかおにつばきをかけて、こぶしでち、またあるひとのひらでたたいてった、

68 「キリストよ、いあててみよ、ったのはだれか」。

69 ペテロはそと中庭なかにわにすわっていた。するとひとりの女中じょちゅうかれのところにきて、「あなたもあのガリラヤびとイエスと一緒いっしょだった」とった。

70 するとペテロは、みんなのまえでそれをしてった、「あなたがなにっているのか、わからない」。

71 そうって入口いりぐちほうくと、ほかの女中じょちゅうかれて、そこにいる人々ひとびとにむかって、「このひとはナザレびとイエスと一緒いっしょだった」とった。

72 そこでかれふたたびそれをして、「そんなひとらない」とちかってった。

73 しばらくして、そこにっていた人々ひとびと近寄ちかよってきて、ペテロにった、「たしかにあなたもかれらの仲間なかまだ。言葉ことばづかいであなたのことがわかる」。

74 かれは「そのひとのことはなにらない」とって、はげしくちかいはじめた。するとすぐにわとりいた。

75 ペテロは「にわとりまえに、三わたしをらないとうであろう」とわれたイエスの言葉ことばおもし、そとはげしくいた。