マタイによる福音書25
    脚注

    第25章

    1 そこで天国てんごくは、十にんのおとめがそれぞれあかりをにして、花婿はなむこむかえにくのにている。

    2 そのなかの五にん思慮しりょあさく、五にん思慮しりょぶかものであった。

    3 思慮しりょあさものたちは、あかりはっていたが、あぶら用意よういしていなかった。

    4 しかし、思慮しりょぶかものたちは、自分じぶんたちのあかりと一緒いっしょに、れもののなかあぶら用意よういしていた。

    5 花婿はなむこるのがおくれたので、かれらはみな居眠いねむりをして、てしまった。

    6 夜中よなかに、『さあ、花婿はなむこだ、むかえになさい』とこえがした。

    7 そのとき、おとめたちはみなきて、それぞれあかりをととのえた。

    8 ところが、思慮しりょあさおんなたちが、思慮しりょぶかおんなたちにった、『あなたがたのあぶらをわたしたちにわけてください。わたしたちのあかりがえかかっていますから』。

    9 すると、思慮しりょぶかおんなたちはこたえてった、『わたしたちとあなたがたとにりるだけは、多分たぶんないでしょう。みせって、あなたがたのふんをおいになるほうがよいでしょう』。

    10 かれらがいにているうちに、花婿はなむこいた。そこで、用意よういのできていたおんなたちは、花婿はなむこ一緒いっしょこんえんのへやにはいり、そしてがしめられた。

    11 そのあとで、ほかのおとめたちもきて、『ご主人様しゅじんさま、ご主人様しゅじんさま、どうぞ、あけてください』とった。

    12 しかしかれこたえて、『はっきりうが、わたしはあなたがたをらない』とった。

    13 だから、をさましていなさい。そのそのときが、あなたがたにはわからないからである。

    14 また天国てんごくは、あるひとたびるとき、そのしもべどもをんで、自分じぶん財産ざいさんあづけるようなものである。

    15 すなわち、それぞれの能力のうりょくおうじて、あるものには五タラント、あるものには二タラント、あるものには一タラントをあたえて、たびた。

    16 五タラントをわたされたものは、すぐにって、それで商売しょうばいをして、ほかに五タラントをもうけた。

    17 二タラントのもの同様どうようにして、ほかに二タラントをもうけた。

    18 しかし、一タラントをわたされたものは、ってり、主人しゅじんかねかくしておいた。

    19 だいぶときがたってから、これらのしもべ主人しゅじんかえってきて、かれらと計算けいさんをしはじめた。

    20 すると五タラントをわたされたものすすて、ほかの五タラントをさししてった、『ご主人様しゅじんさま、あなたはわたしに五タラントをおあづけになりましたが、ごらんのとおり、ほかに五タラントをもうけました』。

    21 主人しゅじんかれった、『忠実ちゅうじつしもべよ、よくやった。あなたはわずかなものに忠実ちゅうじつであったから、おおくのものを管理かんりさせよう。主人しゅじん一緒いっしょよろこんでくれ』。

    22 二タラントのものすすった、『ご主人様しゅじんさま、あなたはわたしに二タラントをおあづけになりましたが、ごらんのとおり、ほかに二タラントをもうけました』。

    23 主人しゅじんかれった、『忠実ちゅうじつしもべよ、よくやった。あなたはわずかなものに忠実ちゅうじつであったから、おおくのものを管理かんりさせよう。主人しゅじん一緒いっしょよろこんでくれ』。

    24 一タラントをわたされたものすすった、『ご主人様しゅじんさま、わたしはあなたが、まかないところからり、らさないところからあつめるこくひとであることを承知しょうちしていました。

    25 そこでおそろしさのあまり、って、あなたのタラントをなかかくしておきました。ごらんください。ここにあなたのおかねがございます』。

    26 すると、主人しゅじんかれこたえてった、『わる怠惰たいだしもべよ、あなたはわたしが、まかないところからり、らさないところからあつめることをっているのか。

    27 それなら、わたしのかね銀行ぎんこうあづけておくべきであった。そうしたら、わたしはかえってきて、利子りし一緒いっしょにわたしのかねかえしてもらえたであろうに。

    28 さあ、そのタラントをこのものからりあげて、十タラントをっているものにやりなさい。

    29 おおよそ、っているひとあたえられて、いよいよゆたかになるが、っていないひとは、っているものまでもげられるであろう。

    30 このやくたないしもべそとくらところすがよい。かれは、そこでさけんだり、がみをしたりするであろう』。

    31 ひと栄光えいこうなかにすべての御使みつかいたちをしたがえてるとき、かれはその栄光えいこうにつくであろう。

    32 そして、すべての国民こくみんをそのまえあつめて、羊飼ひつじかいひつじとやぎとをけるように、かれらをよりけ、

    33 ひつじみぎに、やぎをひだりにおくであろう。

    34 そのとき、おうみぎにいる人々ひとびとうであろう、『わたしのちち祝福しゅくふくされたひとたちよ、さあ、はじめからあなたがたのために用意よういされている御国みくにけつぎなさい。

    35 あなたがたは、わたしが空腹くうふくのときにべさせ、かわいていたときにませ、旅人たびびとであったときに宿やどし、

    36 はだかであったときにせ、病気びょうきのときに見舞みまい、ごくにいたときにたずねてくれたからである』。

    37 そのとき、ただしいものたちはこたえてうであろう、『しゅよ、いつ、わたしたちは、あなたが空腹くうふくであるのを食物しょくもつをめぐみ、かわいているのをませましたか。

    38 いつあなたが旅人たびびとであるのを宿やどし、はだかなのをせましたか。

    39 また、いつあなたが病気びょうきをし、ごくにいるのをて、あなたのところまいりましたか』。

    40 すると、おうこたえてうであろう、『あなたがたによくっておく。わたしの兄弟きょうだいであるこれらのもっとちいさいもののひとりにしたのは、すなわち、わたしにしたのである』。

    41 それから、ひだりにいる人々ひとびとにもうであろう、『のろわれたものどもよ、わたしをはなれて、悪魔あくまとその使つかいたちとのために用意よういされている永遠えいえんにはいってしまえ。

    42 あなたがたは、わたしが空腹くうふくのときにべさせず、かわいていたときにませず、

    43 旅人たびびとであったときに宿やどさず、はだかであったときにせず、また病気びょうきのときや、ごくにいたときに、わたしをたずねてくれなかったからである』。

    44 そのとき、かれらもまたこたえてうであろう、『しゅよ、いつ、あなたが空腹くうふくであり、かわいておられ、旅人たびびとであり、はだかであり、病気びょうきであり、ごくにおられたのをて、わたしたちはお世話せわをしませんでしたか』。

    45 そのとき、かれこたえてうであろう、『あなたがたによくっておく。これらのもっとちいさいもののひとりにしなかったのは、すなわち、わたしにしなかったのである』。

    46 そしてかれらは永遠えいえん刑罰けいばつけ、ただしいもの永遠えいえん生命せいめいるであろう」。