マタイによる福音書二三
    脚注

    第二三章

    そのときイエスは、群衆ぐんしゅう弟子でしたちとにかたってわれた、

    律法りっぽう学者がくしゃとパリサイびととは、モーセのにすわっている。

    だから、かれらがあなたがたにうことは、みなまもって実行じっこうしなさい。しかし、かれらのすることには、ならうな。かれらはうだけで、実行じっこうしないから。

    また、おも荷物にもつをくくって人々ひとびとかたにのせるが、それをうごかすために、自分じぶんではゆびぽんそうとはしない。

    そのすることは、すべてひとせるためである。すなわち、かれらは経札きょうふだ幅広はばひろくつくり、そのころものふさをおおきくし、

    また、宴会えんかい上座じょうざ会堂かいどう上席じょうせきこのみ、

    広場ひろばであいさつされることや、人々ひとびとから先生せんせいばれることをこのんでいる。

    しかし、あなたがたは先生せんせいばれてはならない。あなたがたの先生せんせいは、ただひとりであって、あなたがたはみな兄弟きょうだいなのだから。

    また、地上ちじょうのだれをも、ちちんではならない。あなたがたのちちはただひとり、すなわち、てんにいますちちである。

    一〇 また、あなたがたは教師きょうしばれてはならない。あなたがたの教師きょうしはただひとり、すなわち、キリストである。

    一一 そこで、あなたがたのうちでいちばんえらものは、つかえるひとでなければならない。

    一二 だれでも自分じぶんたかくするものひくくされ、自分じぶんひくくするものたかくされるであろう。

    一三 偽善ぎぜん律法りっぽう学者がくしゃ、パリサイびとたちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは、天国てんごくざして人々ひとびとをはいらせない。自分じぶんもはいらないし、はいろうとするひとをはいらせもしない。

    一四 偽善ぎぜん律法りっぽう学者がくしゃ、パリサイびとたちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは、やもめたちのいえたおし、えのためにながいのりをする。だから、もっときびしいさばきをけるにちがいない。〕

    一五 偽善ぎぜん律法りっぽう学者がくしゃ、パリサイびとたちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたはひとりの改宗者かいしゅうしゃをつくるために、うみりくとをめぐあるく。そして、つくったなら、かれ自分じぶんよりばいもひどい地獄じごくにする。

    一六 盲目もうもく案内あんないしゃたちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたはう、『神殿しんでんをさしてちかうなら、そのままでよいが、神殿しんでん黄金こがねをさしてちかうなら、はた責任せきにんがある』と。

    一七 おろかな盲目もうもくひとたちよ。黄金こがねと、黄金こがね神聖しんせいにする神殿しんでんと、どちらが大事だいじなのか。

    一八 また、あなたがたはう、『祭壇さいだんをさしてちかうなら、そのままでよいが、そのうえそなものをさしてちかうなら、はた責任せきにんがある』と。

    一九 盲目もうもくひとたちよ。そなものそなもの神聖しんせいにする祭壇さいだんとどちらが大事だいじなのか。

    二〇 祭壇さいだんをさしてちかものは、祭壇さいだんと、そのうえにあるすべてのものとをさしてちかうのである。

    二一 神殿しんでんをさしてちかものは、神殿しんでんとそのなかんでおられるかたとをさしてちかうのである。

    二二 また、てんをさしてちかものは、かみ御座みざとそのうえにすわっておられるかたとをさしてちかうのである。

    二三 偽善ぎぜん律法りっぽう学者がくしゃ、パリサイびとたちよ。あなたがたは、わざわいである。はっか、いのんど、クミンなどの薬味やくみの十ぶんの一をみやおさめておりながら、律法りっぽうなかでもっと重要じゅうような、公平こうへいとあわれみと忠実ちゅうじつとをのがしている。それもしなければならないが、これものがしてはならない。

    二四 盲目もうもく案内あんないしゃたちよ。あなたがたは、ぶよはこしているが、らくだはのみこんでいる。

    二五 偽善ぎぜん律法りっぽう学者がくしゃ、パリサイびとたちよ。あなたがたは、わざわいである。さかずきさらとの外側そとがわはきよめるが、内側うちがわ貪欲どんよく放縦ほうじゅうとでちている。

    二六 盲目もうもくなパリサイびとよ。まず、さかずき内側うちがわをきよめるがよい。そうすれば、外側そとがわきよくなるであろう。

    二七 偽善ぎぜん律法りっぽう学者がくしゃ、パリサイびとたちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたはしろったはかている。外側そとがわうつくしくえるが、内側うちがわ死人しにんほねや、あらゆる不潔ふけつなものでいっぱいである。

    二八 このようにあなたがたも、外側そとがわひとただしくえるが、内側うちがわ偽善ぎぜん不法ふほうとでいっぱいである。

    二九 偽善ぎぜん律法りっぽう学者がくしゃ、パリサイびとたちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは預言者よげんしゃはかて、義人ぎじんかざてて、こうっている、

    三〇 『もしわたしたちが先祖せんぞ時代じだいきていたなら、預言者よげんしゃながすことにくわわってはいなかっただろう』と。

    三一 このようにして、あなたがたは預言者よげんしゃころしたもの子孫しそんであることを、自分じぶん証明しょうめいしている。

    三二 あなたがたもまた先祖せんぞたちがしたあく枡目ますめたすがよい。

    三三 へびよ、まむしのらよ、どうして地獄じごく刑罰けいばつをのがれることができようか。

    三四 それだから、わたしは、預言者よげんしゃ知者ちしゃ律法りっぽう学者がくしゃたちをあなたがたにつかわすが、そのうちのあるものころし、また十字架じゅうじかにつけ、そのあるもの会堂かいどうでむちち、またまちからまちへと迫害はくがいしてくであろう。

    三五 こうして義人ぎじんアベルのから、聖所せいじょ祭壇さいだんとのあいだであなたがたがころしたバラキヤのザカリヤのいたるまで、地上ちじょうながされた義人ぎじんむくいが、ことごとくあなたがたにおよぶであろう。

    三六 よくっておく。これらのことのむくいは、みないま時代じだいおよぶであろう。

    三七 ああ、エルサレム、エルサレム、預言者よげんしゃたちをころし、おまえにつかわされたひとたちをいしころものよ。ちょうど、めんどりがつばさしたにそのひなをあつめるように、わたしはおまえのらをいくたびあつめようとしたことであろう。それだのに、おまえたちはおうじようとしなかった。

    三八 よ、おまえたちのいえ見捨みすてられてしまう。

    三九 わたしはっておく、『しゅ御名みなによってきたるものに、祝福しゅくふくあれ』とおまえたちがときまでは、今後こんごふたたび、わたしにうことはないであろう」。