聖典
マタイによる福音書14
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第14章

1 そのころ、領主りょうしゅヘロデはイエスのうわさをいて、

2 家来けらいった、「あれはバプテスマのヨハネだ。死人しにんなかからよみがえったのだ。それで、あのようなちからかれのうちにはたらいているのだ」。

3 というのは、ヘロデはさきに、自分じぶん兄弟きょうだいピリポのつまヘロデヤのことで、ヨハネをとらえてしばり、ごくれていた。

4 すなわち、ヨハネはヘロデに、「そのおんなをめとるのは、よろしくない」とったからである。

5 そこでヘロデはヨハネをころそうとおもったが、群衆ぐんしゅうおそれた。かれらがヨハネを預言者よげんしゃみとめていたからである。

6 さてヘロデの誕生たんじょういわいに、ヘロデヤのむすめがその席上せきじょうまいをまい、ヘロデをよろこばせたので、

7 彼女かのじょねがうものは、なんでもあたえようと、かれちかって約束やくそくまでした。

8 すると彼女かのじょははにそそのかされて、「バプテスマのヨハネのくびぼんせて、ここにってきていただきとうございます」とった。

9 おうこまったが、いったんちかったのと、また列座れつざひとたちの手前てまえ、それをあたえるようにめいじ、

10 ひとをつかわして、獄中ごくちゅうでヨハネのくびらせた。

11 そのくびぼんせてはこばれ、少女しょうじょにわたされ、少女しょうじょはそれをははのところにってった。

12 それから、ヨハネの弟子でしたちがきて、死体したいってほうむった。そして、イエスのところにって報告ほうこくした。

13 イエスはこのことをくと、ふねってそこをり、自分じぶんひとりでさびしいところかれた。しかし、群衆ぐんしゅうはそれといて、町々まちまちから徒歩とほであとをってきた。

14 イエスはふねからがって、おおぜいの群衆ぐんしゅうをごらんになり、かれらをふかくあわれんで、そのうちの病人びょうにんたちをおいやしになった。

15 夕方ゆうがたになったので、弟子でしたちがイエスのもとにきてった、「ここはさびしいところでもあり、もうときもおそくなりました。群衆ぐんしゅう解散かいさんさせ、めいめいで食物しょくもついに、村々むらむらかせてください」。

16 するとイエスはわれた、「かれらがかけてくにはおよばない。あなたがたの食物しょくもつをやりなさい」。

17 弟子でしたちはった、「わたしたちはここに、パン五つとうお二ひきしかっていません」。

18 イエスはわれた、「それをここにってきなさい」。

19 そして群衆ぐんしゅうめいじて、くさうえにすわらせ、五つのパンと二ひきのうおとをり、てんあおいでそれを祝福しゅくふくし、パンをさいて弟子でしたちにわたされた。弟子でしたちはそれを群衆ぐんしゅうあたえた。

20 みんなのものべて満腹まんぷくした。パンくずののこりをあつめると、十二のかごにいっぱいになった。

21 べたものは、おんな子供こどもとをのぞいて、おおよそ五千にんであった。

22 それからすぐ、イエスは群衆ぐんしゅう解散かいさんさせておられるあいだに、しいて弟子でしたちをふねませ、こうぎしさきにおやりになった。

23 そして群衆ぐんしゅう解散かいさんさせてから、いのるためひそかにやまのぼられた。夕方ゆうがたになっても、ただひとりそこにおられた。

24 ところがふねは、もうすでにりくから数丁すうちょうはなれており、逆風ぎゃくふういていたために、なみなやまされていた。

25 イエスは夜明よあけの四ごろ、うみうえあるいてかれらのほうかれた。

26 弟子でしたちは、イエスがうみうえあるいておられるのをて、幽霊ゆうれいだとっておじまどい、恐怖きょうふのあまりさけごえをあげた。

27 しかし、イエスはすぐにかれらにこえをかけて、「しっかりするのだ、わたしである。おそれることはない」とわれた。

28 するとペテロがこたえてった、「しゅよ、あなたでしたか。では、わたしにめいじて、みずうえわたってみもとにかせてください」。

29 イエスは、「おいでなさい」とわれたので、ペテロはふねからおり、みずうえあるいてイエスのところへった。

30 しかし、かぜおそろしくなり、そしておぼれかけたので、かれさけんで、「しゅよ、おたすけください」とった。

31 イエスはすぐにばし、かれをつかまえてわれた、「信仰しんこううすものよ、なぜうたがったのか」。

32 ふたりがふねむと、かぜはやんでしまった。

33 ふねなかにいたものたちはイエスをはいして、「ほんとうに、あなたはかみです」とった。

34 それから、かれらはうみわたってゲネサレのいた。

35 するとその土地とち人々ひとびとはイエスとって、その附近ふきん全体ぜんたいひとをつかわし、イエスのところに病人びょうにんをみなれてこさせた。

36 そしてかれらにイエスの上着うわぎのふさにでも、さわらせてやっていただきたいとおねがいした。そしてさわったものみないやされた。