マタイによる福音書10
    脚注
    Theme

    第10章

    1 そこで、イエスは十二弟子でしせて、けがれたれいし、あらゆる病気びょうき、あらゆるわずらいをいやす権威けんいをおさづけになった。

    2 十二使徒しとは、つぎのとおりである。まずペテロとばれたシモンとその兄弟きょうだいアンデレ、それからゼベダイのヤコブとその兄弟きょうだいヨハネ、

    3 ピリポとバルトロマイ、トマスと取税人しゅぜいにんマタイ、アルパヨのヤコブとタダイ、

    4 熱心ねっしんとうのシモンとイスカリオテのユダ。このユダはイエスを裏切うらぎったものである。

    5 イエスはこの十二にんをつかわすにあたり、かれらにめいじてわれた、「異邦人いほうじんみちくな。またサマリヤびとまちにはいるな。

    6 むしろ、イスラエルのいえうしなわれたひつじのところにけ。

    7 って、『天国てんごくちかづいた』とつたえよ。

    8 病人びょうにんをいやし、死人しにんをよみがえらせ、らい病人びょうにんをきよめ、悪霊あくれいせ。ただでけたのだから、ただであたえるがよい。

    9 財布さいふなかきんぎんまたはぜにれてくな。

    10 旅行りょこうのためのふくろも、二まい下着したぎも、くつも、つえもってくな。はたらびとがその食物しょくもつるのは当然とうぜんである。

    11 どのまち、どのむらにはいっても、そのなかでだれがふさわしいひとか、たずねして、るまではそのひとのところにとどまっておれ。

    12 そのいえにはいったなら、平安へいあんいのってあげなさい。

    13 もし平安へいあんけるにふさわしいいえであれば、あなたがたのいの平安へいあんはそのいえるであろう。もしふさわしくなければ、その平安へいあんはあなたがたにかえってるであろう。

    14 もしあなたがたをむかえもせず、またあなたがたの言葉ことばきもしないひとがあれば、そのいえまちときに、あしのちりをはらおとしなさい。

    15 あなたがたによくっておく。さばきのには、ソドム、ゴモラのほうが、そのまちよりはえやすいであろう。

    16 わたしがあなたがたをつかわすのは、ひつじをおおかみのなかおくるようなものである。だから、へびのようにかしこく、はとのように素直すなおであれ。

    17 人々ひとびと注意ちゅういしなさい。かれらはあなたがたを衆議所しゅうぎしょわたし、会堂かいどうでむちつであろう。

    18 またあなたがたは、わたしのために長官ちょうかんたちやおうたちのまえされるであろう。それは、かれらと異邦人いほうじんとにたいしてあかしをするためである。

    19 かれらがあなたがたをわたしたとき、なにをどうおうかと心配しんぱいしないがよい。うべきことは、そのときさづけられるからである。

    20 かたものは、あなたがたではなく、あなたがたのなかにあってかたちちれいである。

    21 兄弟きょうだい兄弟きょうだいを、ちちころすためにわたし、またおやさからってち、かれらをころさせるであろう。

    22 またあなたがたは、わたしののゆえにすべてのひとにくまれるであろう。しかし、最後さいごまでしのものすくわれる。

    23 一つのまち迫害はくがいされたなら、まちげなさい。よくっておく。あなたがたがイスラエルの町々まちまちまわおわらないうちに、ひとるであろう。

    24 弟子でしはその以上いじょうのものではなく、しもべはその主人しゅじん以上いじょうものではない。

    25 弟子でしがそののようであり、しもべがその主人しゅじんのようであれば、それで十分じゅうぶんである。もしいえ主人しゅじんがベルゼブルとわれるならば、そのいえものどもはなおさら、どんなにかわるわれることであろう。

    26 だからかれらをおそれるな。おおわれたもので、あらわれてこないものはなく、かくれているもので、られてこないものはない。

    27 わたしがくらやみであなたがたにはなすことを、あかるみでえ。みみにささやかれたことを、屋根やねうえいひろめよ。

    28 また、からだをころしても、たましいころすことのできないものどもをおそれるな。むしろ、からだもたましい地獄じごくほろぼすちからのあるかたをおそれなさい。

    29 のすずめは一アサリオンでられているではないか。しかもあなたがたのちちゆるしがなければ、その一ちることはない。

    30 またあなたがたのあたままでも、みなかぞえられている。

    31 それだから、おそれることはない。あなたがたはおおくのすずめよりも、まさったものである。

    32 だからひとまえでわたしをけいれるものを、わたしもまた、てんにいますわたしのちちまえけいれるであろう。

    33 しかし、ひとまえでわたしをこばものを、わたしもてんにいますわたしのちちまえこばむであろう。

    34 地上ちじょう平和へいわをもたらすために、わたしがきたとおもうな。平和へいわではなく、つるぎをむためにきたのである。

    35 わたしがきたのは、ひとをそのちちと、むすめをそのははと、よめをそのしゅうとめとなかたがいさせるためである。

    36 そしていえものが、そのひとてきとなるであろう。

    37 わたしよりもちちまたはははあいするものは、わたしにふさわしくない。わたしよりもむすこやむすめあいするものは、わたしにふさわしくない。

    38 また自分じぶん十字架じゅうじかをとってわたしにしたがってこないものはわたしにふさわしくない。

    39 自分じぶんいのちているものはそれをうしない、わたしのために自分じぶんいのちうしなっているものは、それをるであろう。

    40 あなたがたをけいれるものは、わたしをけいれるのである。わたしをけいれるものは、わたしをおつかわしになったかたをけいれるのである。

    41 預言者よげんしゃのゆえに預言者よげんしゃけいれるものは、預言者よげんしゃむくいをけ、義人ぎじんのゆえに義人ぎじんけいれるものは、義人ぎじんむくいをけるであろう。

    42 わたしの弟子でしであるというのゆえに、このちいさいもののひとりにつめたいみずぱいでもませてくれるものは、よくっておくが、けっしてそのむくいからもれることはない」。