モルモン書 8
    脚注

    第​8​章

    レーマンじん、ニーファイじん​を​さがし​して​ころす。『モルモンしょ』​は​将来しょうらいかみ​の​ちから​に​よって​る。しゅ​の​わざ​に​たいして​いかり​と​あらそい​の​こと​を​く​もの​に​宣言せんげん​された​数々かずかず​の​わざわい。ニーファイじん​の​ろく​は、あく​と​退たいはい​と​背教はいきょう​の​だい​に​る。げんやく​四百​ねん​から​四百二十一​ねん​に​いたる。

    1 よ、わたし​​モロナイ​は​ちち​モルモン​の​ろく​を​げる。よ、わたし​が​く​ことがら​は​わずか​で​あり、それ​は​ちち​から​​された​もの​で​ある。

    2 ​さて、クモラ​で​の​だい​で​すさまじい​たたかい​の​のちよ、南方なんぽう​の​ほう​に​げて​いた​ニーファイじん​は、​レーマンじん​に​よって​され、とうとう​ぜんいんころされて​しまった。

    3 ​わたし​の​ちち​も​かれら​に​ころされた。そして、わたし​だけ​が​ひとのこり、わたし​の​たみ​の​めつぼう​の​​を​しるす​こと​に​なった。よ、わたし​の​たみ​は​もう​​を​って​しまった​ので、わたし​は​ちち​から​めいじられた​こと​を​たす。わたし​は​この​のち​レーマンじん​に​ころされる​か​どう​か​からない。

    4 ​そこで​わたし​は、ろく​を​しるして、​の​なか​に​かくそう。そう​すれ​ば、わたし​は​どこ​へ​こう​と​かまわない。

    5 よ、ちち​は​​この​ろく​を​つくり、この​ろく​の​もくてき​を​いた。そして​まことに、わたし​も​はん​に​​が​あれ​ば​それ​を​きたい​が、その​​は​ない。また、あらがね​も​ない。わたし​は​どく​で​ある。わたし​の​ちち​は​たたかい​で​ころされ、親族しんぞく​も​ぜんいんころされて​しまった。わたし​に​は​とも​も​なく、く​ところ​も​ない。また、しゅ​が​わたし​を​いつまで​かして​くださる​か、わたし​に​は​からない。

    6 よ、わたしたち​の​しゅすくぬし​の​らいりん​から​​四百​ねん​が​った。

    7 ​また​よ、レーマンじん​は、わたし​の​たみ​ニーファイじん​を​まち​から​まち​へ、ほう​から​ほう​へ​と​めて、とうとう​ニーファイじん​は​ひと​も​いなく​なった。その​めつぼう​は​ひどかった。まことに、わたし​の​たみ​ニーファイじん​の​めつぼう​は、ひどく​おどろく​べき​もの​で​ある。

    8 ​そして​よ、それ​を​おこなわれた​の​は​しゅ​の​​で​ある。また​よ、レーマンじん​も​たがいに​たたかい​って​いて、この​​の​全面ぜんめん​が​さつじん​と​りゅうけつ​の​えない​ありさま​を​せて​おり、だれ​も​せんそう​の​わる​​を​らない。

    9 ​さて​よ、わたし​は​もう​ニーファイじん​の​こと​に​ついて​べない。​の​おもて​に​いる​の​は​レーマンじん​と​ごうとう​だけ​で、ほか​に​は​だれ​も​いない​から​で​ある。

    10 ​イエス​の​​たち​の​ほか​に、まこと​の​かみ​を​って​いる​もの​は​だれ​も​いない。イエス​の​​たち​は​たみ​の​あく​が​ひどく​なる​まで​は​この​​に​んで​いた​が、あく​が​じょう​に​ひどく​なった​ので、しゅ​は​かれら​が​たみ​と​ともに​いる​こと​を​お​ゆるし​に​ならなかった。かれら​が​いま​この​​の​おもて​に​いる​か​どう​か、だれ​も​らない。

    11 ​しかし​よ、ちち​と​わたし​は​かつて​かれら​に​い、かれら​は​わたしたち​を​おしえ​みちびいて​くれた。

    12 ​この​ろく​を​れ、この​なか​に​完全かんぜん​な​ところ​が​ある​から​と​いって​なん​したり​しない​もの​は、これら​の​こと​より​も​おおいなる​こと​を​る​で​あろう。よ、わたし​は​モロナイ​で​ある。できれ​ば、わたし​は​あなたがた​に​すべて​の​ことがら​を​らせたい。

    13 よ、これ​で​この​たみ​に​ついて​べる​の​を​える。わたし​は​モルモン​の​むす​で​あり、わたし​の​ちち​は​ニーファイ​の​そん​で​あった。

    14 ​わたし​は、しゅ​に​たくして​この​ろく​を​かくす​もの​で​ある。この​ろく​の​はん​は、しゅ​の​命令めいれい​が​ある​ので、金銭きんせんじょう​の​​は​まったく​ない。えき​を​る​ため​に​この​ろく​の​はん​を​しょゆう​する​もの​は​だれ​も​いない​と、しゅ​が​じっさい​に​って​おられる​から​で​ある。しかし、この​はん​の​ろく​は​じょう​に​​が​ある。これ​を​あかるみ​に​す​もの​に、しゅ​は​しゅくふく​を​さずけられる​で​あろう。

    15 ​これ​を​あかるみ​に​す​ちから​は、かみ​から​あたえられる​の​で​なければ、だれ​も​つ​こと​が​できない。かみ​は、かみ​の​えいこう​に​​ひたすら​​を​け​ながら​これ​を​あかるみ​に​す​よう​に、あるいは​ながい​あいだらされて​いる​むかし​の​しゅ​の​せいやく​の​たみ​の​さいわい​の​ため​に​これ​を​おこなう​よう​に​のぞんで​おられる。

    16 ​この​ろく​を​あかるみ​に​す​もの​は​さいわい​で​ある。かみ​の​こと​の​とおり​に、これ​は​くらやみ​から​あかるみ​に​される。まことに、これ​は​​から​され、くらやみ​から​かがやき​て、たみ​に​られる​よう​に​なる。それ​は​かみ​の​ちから​に​よって​おこなわれる。

    17 ​もし​あやまり​が​ある​と​すれ​ば、それ​は​ひと​の​あやまり​で​ある。しかし​よ、わたしたち​は​まったく​あやまり​を​いださない。それでも、かみ​は​すべて​の​こと​を​ぞんじ​で​ある​ので、なん​する​もの​は、ごく​の​​に​まれる​おそれ​の​ない​よう​に​用心ようじん​しなければ​ならない。

    18 「わたし​に​せよ。さもなければ、おまえ​を​つ」と​う​もの​は、しゅ​から​きんじられて​いる​こと​を​めいじない​よう​に​​を​つけ​なければ​ならない。

    19 ​それ​は​よ、軽率けいそつ​に​さばく​もの​は​おなじ​よう​に​軽率けいそつ​に​さばかれ、ひと​の​むくい​は​当人とうにん​の​おこない​に​おうじる​もの​だから​で​ある。したがって、つ​もの​は​おなじ​よう​に​しゅ​から​たれる​で​あろう。

    20 よ、「『ひと​は​って​は​ならない​し、さばいて​も​ならない。さばき​は​わたし​の​する​こと​で​ある。ほうふく​も​わたし​の​する​こと​で​ある。わたし​が​かえし​を​する』​と、しゅ​が​われる」と、聖文せいぶん​は​べて​いる。

    21 しゅ​の​わざ​に​たいして、また​イスラエル​の​いえ​で​ある​しゅ​の​せいやく​の​たみ​に​たいして、いかり​と​あらそい​の​こと​を​き、「しゅ​の​わざ​を​やそう。しゅ​は​イスラエル​の​いえ​に​てた​せいやく​を​おもし​は​しない」と​う​もの​は、り​たおされて​​の​なか​に​まれる​おそれ​が​ある。

    22 しゅ​の​すべて​の​やくそく​が​たされる​まで、しゅ​の​永遠えいえん​の​もくてき​は​つづく​から​で​ある。

    23 ​イザヤ​の​げん​を​調しらべ​なさい。よ、わたし​は​それ​を​しるす​こと​は​できない​が、まことに​よ、あなたがた​に​って​おく。この​​を​しょゆう​して​いて、わたし​より​も​まえ​に​​を​った​せい​たち​は​さけぶ。まことに、かれら​は​​から​しゅ​に​さけぶ。そして、しゅ​が​きて​おられる​よう​に​たしか​に、しゅ​は​かれら​と​わした​せいやく​を​おもされる​で​あろう。

    24 しゅ​は、同胞はらから​の​ため​に​ささげられた​せい​たち​の​いのり​を​ぞんじ​で​ある。また​しゅ​は、かれら​の​しんこう​も​ぞんじ​で​ある。かれら​は、しゅ​の​​に​よって​山々やまやま​を​うつす​こと​が​できた。かれら​は、しゅ​の​​に​よって​​を​うごかす​こと​も​できた。また、しゅ​の​こと​の​ちから​に​よって​ろう​を​​に​たおした。まことに、しゅ​の​こと​の​ちから​の​ため​に、​の​える​​も​かれら​を​がいする​こと​が​できず、もうじゅう​も​どくじゃ​も​がい​を​くわえる​こと​が​できなかった。

    25 ​また​よ、かれら​の​いのり​は、将来しょうらい​これら​の​もの​を​​に​す​こと​を​しゅ​から​ゆるされる​もの​の​ため​に​も​ささげられた。

    26 ​だれ​も、これら​の​もの​は​て​る​こと​は​ない​と​って​は​ならない。しゅ​が​われた​ので、これら​の​もの​は​かならず​て​る​から​で​ある。これら​の​もの​は​しゅ​の​​に​よって​​から​て​る。だれ​も​それ​を​さまたげる​こと​は​できない。それ​は、せき​が​やんで​しまった​と​われる​だい​に​て​る。あたかも​ひと​が​しゃ​の​なか​から​かたる​か​の​よう​に​それ​は​て​る。

    27 せい​たち​の​​が​みつけっしゃ​と​やみ​の​わざ​の​こと​で​しゅ​に​さけんで​うったえる​だい​に、それ​は​て​る。

    28 ​まことに、かみ​の​ちから​が​てい​され、もろもろ​の​きょうかい​が​けがれた​もの​と​なり、きょうかい​の​もの​たち​が​こうまん​な​こころ​で​たかぶる​だい​に、それ​は​て​る。まことに、きょうかい​の​どうしゃ​たち​と​きょう​たち​が​こころ​を​こうまん​に​して、かれら​の​きょうかい​に​ぞくする​もの​たち​さえ​ねたみ​の​​で​る​よう​に​なる​だい​に、それ​は​て​る。

    29 ​まことに、ほか​の​くにぐに​の​​と​ぼうふう​と​める​けむり​の​こと​を​つたえ​く​だい​に、それ​は​あらわれ​る。

    30 ​また​その​とき、様々さまざま​な​​に​おける​せんそう​と​せんそう​の​うわさ​と​しん​の​こと​も​つたえ​く​で​あろう。

    31 ​まことに、​の​おもて​に​ひどい​けがれ​が​あり、さつじん​と​ごうとう​と​いつわり​と​あざむき​と​みだら​な​おこない​と​あらゆる​まわしい​おこない​が​ある​だい​に、また、「これ​を​おこなえ。あれ​を​おこなえ。それ​を​して​も​​かまわない。しゅ​は​わり​の​​に​べん​して​くださる」と​う​もの​が​おおく​いる​だい​に、それ​は​て​る。しかし、この​よう​に​う​もの​は​わざわい​で​ある。かれら​は​じゅう​の​なか​に​おり、ざいあく​の​なわ​を​けて​いる​から​で​ある。

    32 ​まことに、「わたし​の​ところ​に​なさい。金銭きんせん​と​き​え​に​あなたがた​の​つみ​は​ゆるされる」と​う​きょうかい​が​もうけられて​いる​だい​に、それ​は​て​る。

    33 ​おお、じゃあく​で​よこしま​で​ごうじょう​な​たみ​よ、なぜ​あなたがた​は​えき​を​よう​と​して​ぶんしん​の​ため​に​きょうかい​を​もうけた​の​か。なぜ​あなたがた​は​かみ​の​せい​なる​こと​を​えて、ぶん​に​ばつ​の​さだめ​を​まねく​よう​に​した​の​か。よ、かみ​の​けい​に​たより​なさい。よ、これら​の​こと​が​すべて​かならず​じょうじゅ​する​とき​が、その​だい​に​る​から​で​ある。

    34 よ、これら​の​こと​が​あなたがた​の​なか​に​こる​その​だい​に、もなく​かならず​て​る​もの​に​ついて、しゅ​は​おおいなる​おどろく​べき​こと​を​わたし​に​しめして​くださった。

    35 よ、わたし​は​あなたがた​が​ここ​に​いる​か​の​よう​に​かたって​いる​が、あなたがた​は​まだ​この​に​いない。しかし​よ、イエス・​キリスト​が​わたし​に​あなたがた​を​せて​くださった​ので、わたし​は​あなたがた​が​おこなう​こと​を​って​いる。

    36 ​わたし​は、あなたがた​が​こころ​を​こうまん​に​して​あるく​こと​を​って​いる。こころ​を​こうまん​に​して​たかぶる​こと​を​しない​もの​は​わずか​しか​いない。こうまん​な​もの​は、じょう​に​はなやか​な​ふく​を​て、ねたみ​や​あらそい、あくはくがい、また​あらゆる​ざいあく​に​まる。また、あなたがた​の​きょうかい、まことに​すべて​の​きょうかい​は、あなたがた​の​こころ​が​こうまん​な​ため​に​けがれた​もの​に​なって​しまった。

    37 よ、あなたがた​は、まずしい​ひと​と​とぼしい​ひとびょうにん​と​くるしんで​いる​ひと​を​あいする​じょう​に、金銭きんせん​や​ざいさんはなやか​な​ふく​を​あいし、あなたがた​の​きょうかい​を​かざる​こと​を​大切たいせつ​に​する。

    38 ​おお、しょく​する​もの​の​ため​に​ぶんしん​を​る​けがれた​もの​たち​よ、ぜんしゃ​たち​よ、きょう​たち​よ、なぜ​あなたがた​は​かみ​の​せい​なる​きょうかい​を​けがした​の​か。なぜ​あなたがた​は、キリスト​の​​を​ける​の​を​じる​の​か。なぜ​あなたがた​は、きゅう​の​こうふく​が、けっして​きない​あの​こう​な​じょうたい​より​も​おおきな​​が​ある​こと​を​かんがえない​の​か。それ​は​​の​ほまれ​の​ため​で​ある。

    39 ​なぜ​あなたがた​は、いのち​の​ない​もの​で​ぶんしん​を​かざり​ながら、えて​いる​ひと​や​とぼしい​ひとる​もの​の​ない​ひとびょうにんくるしんで​いる​ひと​を​ごし​に​し、かれら​に​ちゅう​を​はらわない​の​か。

    40 ​まことに、なぜ​あなたがた​は、えき​を​る​ため​に​みつ​の​まわしい​おこない​を​くわだて、やもめ​を​しゅ​の​まえ​で​なげき​かなしませ、みなしご​も​しゅ​の​まえ​で​なげき​かなしませ、かれら​の​ちち​と​おっと​の​​が​あなたがた​の​こうべ​に​ほうふく​が​およぶ​よう​うったえて、​の​なか​から​しゅ​に​さけぶ​よう​に​させる​の​か。

    41 よ、ほうふく​の​つるぎ​が​あなたがた​に​せまって​いる。しゅ​は​もはや​せい​たち​の​嘆願たんがん​を​その​まま​に​して​おかれない​ので、しゅ​が​あなたがた​に​かれら​の​​の​ため​に​ほうふく​される​とき​が​すぐに​る​で​あろう。

    True